Home > その他話題

その他話題 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

FACEBOOKの写真を載せます

こっちのUPは面倒なので、FACEBOOKの写真をコッチに転送します。ワンクリック増えるけれども、こっちを楽しんで下さい。

皆既月食2015

本日 4月4日 2015年 21:00頃 日本では12分間だけ月が地球の陰にかくれて真っ暗になる皆既月食が見られる。太陽と地球と月がこの順番で一直線になったその軸にいる人が見ることができる稀な現象。仮に太陽、月、地球となるともっと条件が厳しくなり、皆既日食となる。日食よりも、月食の方が特別さは少ないがそれでもいつもの月とは違う光景が見られるのは嬉しい事。21:00には外に出て空を眺めましょ。正式には20:54分から21:06 迄。

軸からずれると全部隠れなくて、部分月食となるのだけどそれはあまり稀ではなくてあまり綺麗でもない・・・
月食・日食の中で一番きれいなのは皆既日食の3rdコンタクト (太陽が出てくる時)、私の人生で一番美しい光景なのだ。小笠原沖北緯25度、メキシコ・カボ・サン・ルーカス、フランス・ランス まで見に行った経験あり。

年賀状 2015

大昔から正月は "おめでたい" とは思わない。新年の挨拶で仕方がない場合には言うけど基本的に言わない。言うのは、今年も宜しくお願いします・・と濁す。年賀状にも 謹賀新年 や 明けましておめでとうございます や HAPPY NEW YEAR も書かない。別に宗教でも信念でも喪中でもないけど、おめでたくないからあえて言わないだけ。(仕事関係のお客様にはソフト系の無難VER年賀状を書いたのでそれには謹賀新年を書いたけど・・・)

外国では復活祭 (英語でイースター、イタリアではパスクワ、フランスではパック という) があって、みんなお祝い気分であるが、日本人にとって (特に私は) 何も感じない。お店が閉まってしまって不便なだけだ。外国では正月休みというのは無くて、1月1日だけお休みが多いとの事。その代わりクリスマス休暇があるのだそうだ。結局、正月もクリスマスも地球と太陽の動きから特別な日を人間が勝手に意味を決めた日なので太陽や地球の方には意味はない。

ついでに書けば誕生日もおめでたいとは思わない。1年の区切りではあるし、1年生きて来たお礼の意味もあるけど、自分にとってはおめでたくないので、2014年からFACRBOOKで誕生日を知っていても書かないことにしたし、言われないように誕生日は非公開にした。直接会った場合には挨拶で言うけどね。

それではおめでたいのはどういう時か考えてみた。試験に受かった とか 子供が出来た とか 結婚した とか 就職した とかだな。卒業したとか退職したとか成人したとかも、正月や誕生日のようにあまりおめでたくない、なぜならあまり努力もしないで自然とその環境になれると思うから。もちろん、卒業ギリギリの人やらすげぇいい仕事をした人が辞めるとか20歳まで生きるのが大変だった人にはおめでたいだろうけど、普通は時期が来れば自然に手に入る。なーるほど、努力したり環境を変化させたり能動的な事をした人が私にはおめでたいと起きるんだ。反論もあるだろうけど、私はそう思う。

・・・というわけで、年賀状の原稿が12月31日に完成した。今年はなかなかハードな内容で地球の事を書いてある。うーん、よくできたぞ◎

年賀状の文化は悪習だからやめよう・・・という意見もあるのは分かる。お歳暮や旅行のお土産や義理のプレゼント等、是非やめてほしい無駄で意味のない文化もある中、年賀状は1年の自己表現として生きている証拠として私は毎年工夫して出すことにしている。出さない主義の人は出さなくていいけど、私は出したいから書く事にしてるのだが、多くの人は読むのが嫌になるような回りくどい表現が多くて、真意を把握してくれている人は少ないだろうと予測する(高雄節という)。

それではどんな内容で書くんだと聞かれてしまいそうだから今年はブログにてお見せしましょ。紙のハガキが届いた人もいるだろうけど、FBの友達にはこれを公開して、ブログ用に年末用とマージして投稿。

何かメッセージを伝えたい、読んだ人が新しい行動をとるきっかけになるとか、Beingに違いを作るとか・・をTEXTにて表現したいと常に思っている。ところがそれは小難しい表現となってしまう。これが高雄節、一部のファンには絶大な人気であるのだが、ほとんどの人にはスルーされてしまう。10%程シンクロしていただければ良い成績と思ってる。
フォントは手書き風の みかちゃん。読みにくいのでTEXTだけ下に書きましょう。ご自分の解釈でどうぞ。

 ***

考2015

望む方向とは異なる角度に加速して
しまっている地球上の出来事
絶対的規模のエネルギーを(地震・火山・台風・・等)
人間は制御出来ずに待つだけ

同様、人間である欲やら本能も人間には制御できない
本来制御できるはずであったこれらも制御不能になりつつある
(温暖化、政治、経済、原子力、事故、事件、資源、汚染・・等)

自分の信念やら欲望を満たすために争いをしている人がいる
個人レベルでも国レベルでも、それを正しいと自分が信じていたとしてもだ

考えろ2015年、不可能を可能にする可能性を発明するんだ

 ***

写真は、ベルギー GENT の Gent city museum STAM にいる羊


羊

あきらめちゃダメだ

あきらめちゃダメだ

野球は見ないと言ったけど、TVがついていれば普通に見てしまう。勿来インター出口近くの鮎専門店? には冷房もなくそよそよと風が吹いていていい感じ。鮎釜飯を食べている間に、福島県・高校野球の決勝戦を右角にあるTVでやっていた。ちょうど9回裏 6:2 で負けている方の攻撃・・ 4点差ではまぁ最高に頑張っても2点ほど挽回して負けるのだろうな・・と思っているとヒットが出て塁に出る。次の人も塁に出る・・少し面白くなってくる。次の人がホームラン打てば一気に3点入って射程圏内にはいるじゃん・・と見てみると、あっという間に何点も入って 6:6 の同点となり延長線へ・・・ (自分でTVはつけないけど、ついてるとそれなりに面白いのヨ)

基本的に野球は (スポーツ観戦には) 興味ないので、お店のおばちゃんと感想を述べて結果は知らずに店を出る。あとからネットで調べたら11回まで延長して逆転勝ちしただと・・・すげぇな。


すげぇと思っていたら、先ほどのYAHOOニュースで 石川県大会で 0:8 だったのが9回で9点入れて逆転だと。更にスゲェ試合もあったものだ・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000013-ykf-spo

ニュースから:
ミラクル星稜、米紙も報道 0-8逆転「最もワイルドな9回」
夕刊フジ 7月28日(月)16時56分配信

27日の全国高校野球選手権大会石川大会決勝(石川県立野球場)で、0-8の9回に一挙9点を奪い、9-8で小松大谷を下して2年連続17度目の甲子園出場を決めた星稜。ミラクルな大逆転劇は、米全国紙「USA TODAY」(電子版)のブログでも報じられた。


ポイントは、あきらめちゃダメだ。

今は26歳になっている姪が小学生低学年の頃、隣に乗せて駐車場に停めようとしたけど狭かったので思わず 「ここは諦めよう」と言ったら、姪は 「あきらめちゃダメだよ」と返された・・・それから諦めない人生を送っている。

信じちゃダメだ!!!

信じちゃダメだ!! 

ニュースやマスコミが書いていることは真実のようで、そうでないかもしれない (間違えているとは言ってない) というナナメから見る脳力を付けて欲しい。頭が悪い人はすぐ信じちゃう。もしかしたら本当にこう言ったのかもしれないけど、本当なのかな? と疑問をもつ力が今の情報量の中から真実に近いDATAを吸いだす力になる。

坂本龍一のニュースからの抜粋
咽頭がんに効果があるとされる放射線治療については、反原発運動の先頭にたってきた立場から拒否する考えを主治医に伝えている。自らの命にかえても「反原発」だけは譲れないという不屈の精神で、世界の“教授”が闘病生活に入る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00000077-spnannex-ent





私の意見:原子力発電の反対は分かるけど、医療の放射線とはちと違うでしょ・・と思うのだが、本当に教授がそういう意図でそう言ったのならそうなのでしょうけど、そうは思わないんだなぁ。

オフィシャルページより抜粋:
必ずきちんと治して戻ってまいります。
http://www.commmons.com/whatsnew/artists/sakamotoryuichi/201407101307.html


・・・と下書きしている間に、ここを見つけた。やはり言ってないらしい。
http://www.oricon.co.jp/news/2039644/full/

この報道に対し坂本のマネージャーはツイッターで「なんて適当な記事…」と投稿。坂本自身もこれを引用して「読んでないけど。ああいう芸能記事を真に受ける人いるの?」と疑問符を投げかけた。




そして、↑ここも信じてはいけないし、私の文章も信じてはいけない。


同じ内容でFACEBOOKにも書いています。いいね! の人とコメントが見られます。



ソチオリンピック  浅田真央 情報色々

ソチ五輪 フギュアスケートの 浅田真央 が話題になっている。私はやるのはそうでもないけど、見るスポーツは好きでないという特異な性格。オリンピックもワールドカップも野球も全然見ない。TVがONになっていれば見るけど自主的にはONにはしない。野球12球団全部言えない・・・

FBを読んでいると色々な人が 素晴らしい・感動した と書いているので、少し興味も出てきた。外国に今いるのですぐ見れないのもあるけどYoutubeにUPされたら見るつもり。でも自分では意識的には検索しないと思う・・・それに関連する記事2個。


本題1
結論を先に書くと、(この私の文章も含めて) 与えられた情報は加工されてる場合もあるし、環境・状況 (この場合は測定方法のルール) によって絶対評価も変わってくるということ。

そうか、フィギュアスケートというのは細かいテクニックの点数の合計点なのね。ルールのないゲームは面白くないし勝負がつかない。ここを読んでみると、とても不利なルールの中で彼女は戦ってきたようだ。状況によってルールも変化するのは異議ないのだが、何故か不利な方へ移行しているように見える。

これは、今回の前に書いてるようだけどそれまでの韓国に有利なルール変更と戦ってきた話。シェアーされてるので読んだ人もいるでしょう。本当かどうかは調べてないけど、参考になります。"浅田真央が戦ってきたもの"
http://www31.atwiki.jp/injustice/m/pages/14.html?guid=on

同じような内容だと思うのだが、漫画と写真で分かりやすく解説の所。"ハッピーエブリデイ! "
http://happyeveryday.biz/post-2364

真実ではありません・私の憶測だけど、テクニックに不利な国が自分の国を有利にするために微妙にルールを変更させたような気がする。政治力の差 (日本は弱い) によって本来の評価が変わってしまうのは考えさせられる。悪法は法にあらず。


本題2:
東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長 森喜朗元首相 の福岡でのお話。

この記事の抜粋です。
More Access! More Fun!永江一石のITマーケティング日記
森元総理の発言報道に激怒して発言全文を読むと、ありゃりゃ???
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=11065


「見事にひっくり返ってしまった。あの子、大事なときは必ず転ぶ」と述べた。配慮を欠く発言として批判も出そうだ。森氏は、浅田選手が団体戦に出場したことに関しても「負けると分かっている団体戦に出して恥をかかせることはなかった」と語った。

高雄記:
これだけ読むと、ひどい事言うやつだと聞こえるし、こんな人に任せたくないと思う。多くの人から顰蹙を買っているし、批判も大きい。しかし、彼の言ってること全文を読むとここまでひどくないのが分かる。先に言い訳しておきますが、この前に話してるのはヒドイ話だし、内容も褒められたものではありません。しかし、↑の意図で言っていないのではないかとも読み取れます。

森氏 書き起こし:
それ全部やって一番最後に真央ちゃん。なんとか頑張ってくれと思って皆見ておられたんだろうと思いますが、見事にひっくり返っちゃいましたね。あの子、大事なときには必ず転ぶんですよね。なんでなんだろうなと。
僕もソチ行って、開会式の翌日に団体戦がありましてね、あれはね、出なきゃよかったんですよ日本は。あれは色んな種目があって、それを団体戦で。特にペアでやるアイスダンスっていうんですかね。あれ日本にできる人はいないんですね。あのご兄弟は、アメリカに住んでおられるんだと思います確か。ハーフ。お母さんが日本人で、お父さんがアメリカ人なのかな。そのご兄弟がやっておられるから、まだオリンピックに出るだけの力量ではなかったんだということですが、日本にはいないもんですから、あの方を日本に帰化させて日本の選手団で出して、点数が全然とれなかった。あともう皆ダメで、せめて浅田さんが出れば3回転半をすると、3回転半をする女性がいないというので、彼女が出て3回転半をすると、ひょっとすると3位になれるかもしれないという淡い気持ちでね。浅田さんを出したんですが。また見事にひっくり返っちゃいまして、結局、団体戦も惨敗を喫したという。その傷が浅田さんに残ってたとしたら、ものすごくかわいそうな話なんですね。団体戦負けるとわかってる、団体戦に何も浅田さんを出して、恥かかせることなかったと思うんですよね。その、転んだということが心にやっぱ残ってますから、今度自分の本番のきのうの夜はですね、昨日というか今朝の明け方は、なんとしても転んじゃいかんという気持ちが強く出てたんだと思いますね。いい回転をされてましたけど、ちょっと勢いが強すぎたでしょうかね。ちょっと転んで手をついてしました。だからそういうふうにちょっと運が悪かったなと思って見ております。

高雄記:
ちょっと森氏への印象変わるでしょ・・・
この前にも良く無いこと言っているし、内容もどうかとは思うけど、新聞の記事になってるほどひどい事言ってないと私は思うのです。この手の情報操作どうにならんかな・・・・

我々は、新聞やネットの情報を鵜呑みにして信用してしまう傾向がある事に責任を取って、騙されているかもしれない、真実は何だろう、相手の意図を考える、何を伝えたいのだろう・・・と与えられた情報にフィルターかけて自分の情報に変換する必要があることを知っておくべき。今後ずっと。


期日前投票

東京都知事選挙がある日曜日は東京にいるのだけど、投票所が開いてる時間には行けないので初めて期日前選挙に行ってきた。忘れてしまったり、海外にいて今日だったと気がついたりと、かなり不真面目な有権者だったが、日曜のイベントの為には誠実さも必要と考える。これで引っかかる所無し。この感覚を味わいたい人は、自分の不誠実をリストアップしていつまでに完了するか、そのままにするかを決めてしまえばいい。

いつもと違う投票所にはなんと・・6人も係員がいるではないか。給料をもらわないボランティアなのかもしれないけど、いいのかな区役所・・・と思ってしまう。*****と鉛筆で書いて半分に折って投票箱に入れる (俺の字読めるかな?)。送ってきた紙に名前と住所などを入れれば、誰でも (代理でも) 行けちゃう。・・ということは本人よりも紙を重視ということだ。まぁいいや。

いつかネットや郵送での投票が出来るようになったら投票率も上がることでしょう。それよりも、魅力的なリーダーが立候補してくれたら良い政治になることでしょう。

ルンバの効用

大掃除も最後の方になると、普段は見えない汚れが浮上してくる。玄関の靴箱の上のほこりが見えてきてしまった。ここは過去にも掃除したことあるのだが、掃除機を最高に伸ばしても奥まで届かない。我が家には大型の脚立は無いのでこの上を拭くというのは不可能近い。ホコリは上からみるとかなり積もっている様子。

本来こんな使い方はしてはいけないと注意書きに書いてあるのだが、ルンバの赤外線センサーは優秀なので崖から落ちないようになっている。これは玄関の段差でも実験済みなので、安心はしているがここに使うには落ちたときのリスクが大きいので、万が一の為にダンボールでキャッチの準備をする。
S-IMG_4618.jpg

そう、この上をルンバで吸い取ったら奥まで綺麗になりそう。こういうのを考えついて実行に移してしまうのは高雄家の伝統。成功する自信はある。えええぃやっちゃえぃ〜

ご存知ルンバは丸いけど、角の部分はブラシでかき出す方式なので角の部分も綺麗に取れる。雑巾での拭き掃除と比べたら不十分かもしれないけど、積もっているより何倍もいいし、多分来年末まで目をつむるハメになる。動かし始めて何往復かやっているうちに相当きれいになった。吐き出したホコリが靴箱の上から多少降って来るのは仕方がないが、ダンボールを持って万が一の落下対策の努力は無駄になったという嬉しい出来事。

[広告] VPS

クレジットカード詐欺

カード会社から突然の電話。「最近ヤマダ電機で買い物をしようとしましたか? お客様のカード番号で登録要求がありまして・・」そんな内容の電話でした。対応はしっかりしてるし、信ぴょう性もある。いいえの回答をすると、早急にカードを止める必要があるとのこと・・やばいぞこれ、私のカードが使われちゃう。つきましてはお客様本人確認のため生年月日を教えてください・・・

・・・

・・・

私:「あなたをどうやって信用したらいいですか?」


ほとんどの人は、ここで生年月日やら住所やらを答えてしまうだろう。常に騙されているかもしれない、相手はこっちからお金を巻き上げる意図があるかもしれない・・・と考えておく事が自分を守ることになる。

そうですねぇ、それでは☓☓カードセキュリティーセンターの**からこのような電話があったと電話して下さい。電話番号はカードの裏に書いてあります。
それはかなり信用が出来る、それではこの電話番号にかけてください だと、その電話が信用出来る所に繋がるかどうか分からないからね。

電話をすると、ヤマダデンキのネット販売の登録に使おうとしたみたい。その他アメリカの旅行会社とルイビトンだって・・・これは完全に番号がリークされてる。その場でカードをストップしたので被害は無いし、もし何か買われても保険で降りるから個人的には出費はないのだが、新しいカードが来るまで使えないのと、自動引き落とし等の変更もしなければならない。ちと面倒なのだ。

ネットでは安易にカード番号を記入しなければならないし、海外で目の前で精算してくれない所もある。いつ何処でバレたか分からないが、少なくとも明細が来たらしっかりチェックすることだね。ネット犯罪はすぐそこに来ている、のほほんとしている君たち・・もっとしっかりしないと騙されちゃうよ。

CARD.jpg
私の誇りは、JALグローバルカード・・これは年間5万フライトマイル乗らないともらえない修行の賜物。やめないかぎり一生権利は続くので一年の修業だけでイイ。このために、年に4回にプラスして用もないのにもう一度イタリアへ行って、更にNYに行ってそれでも足りないから札幌に寿司食べに行った・・・又は、国内で50回以上飛行機に乗ることでも手に入る。海外に頻繁に行く人には嬉しいに限るのだ◎◎◎


逃走・・・

こっちは数人で立てこもっていて、外は完全に包囲されている。窓の隙間から覗くと黒い防弾チョッキを着たSWATみたいのが向こうのビルから何十人照準をこっちに向けている・・・絶体絶命のピンチの状態。落下傘部隊が数人ビルの屋上に降りてくる・・・「おい、落下傘が来るぞ」と相棒に声をかけるが近くにいるのに返事はない・・・そうか、拉致されたのか。こっちは武器を持っているが、殺す気はない。でも必要なら覚悟は出来てる。しかし・・廊下の先に複数の足音が聞こえてくると、戦っても勝ち目は無いのが分かる。もうダメだ、観念して両手を出して、降参のアクションをして捕まることにする。

・・・ここで目が覚めた。かなりリアルな夢だ。

夢というのは何でも出来る可能性はあるのだが、環境や雰囲気がイレギュラーな場合でも、その状況にいることになったなら同じように行動をしているはず。普段の"私"がその環境下にて私がやりそうな行動を起こしている。何かから逃げていて立てこもる状況で武器を持っていて必要に迫られたらリアルでも私は戦うのだろう・・・人によっては降参するように夢を見る人がいるだろうし、無計画に攻撃してやられてしまう人もいることだろう。私は冷静に勝ち目が無ければ降参という行動に出た。

フロイトやユングによれば、抑制された感情がどうのこうのとか言われそうだし、そのような研究もなされているだろうが、私に分かるのは夢でも現実と同様に同じ行動を取るだろうということだ。どちらかと言えば非日常の環境を提供されるのは夢のほう。現実でそうならないことを願うが・・・

ATTINA アティーナ

友人夫婦がヘアとネイルのサロンを恵比寿に開いた。この時代にお店が出せるというのはたいした物。こんな事を言っては申し訳ないが・・普通の人達なのに、あれだけいい場所に、あれだけ広いスペース、そしてあれだけ凝っているお店というのはやはりたいしたもの。(資金回収大変だと思う・・・)

髪の毛のデザインは好みというのがあるので、多くの人は試行錯誤の末に気に入った人を見つけて安定する。そして、気に入らない 又は 常に変化を求める人は転々と歩き続ける。男性に多いけどファッションや人に見られる事に興味がない又は注意がない人がいる。それでも生活も仕事も出来るけど、この言葉を男性もそして女性も理解して欲しい。

 ★オシャレは自分の為ではなく人のためにやる。

これは私が発明した言葉ではないが、これはかなりのレベルで正しいと思う。無人島ではオシャレしないでしょ。誰かに見られるからするでしょ。


男性編:
美容院というと女性が行く所、男性は床屋でOK・・・確かにその考えも正しい・・・が、もしかしたら今よりもっとかっこいいヘアスタイルや色やデザインまでもっとよくなるかもしれない。人によっては仕事柄カッコ良すぎるヘアスタイルは出来ないかもしれないけど、もしかしたらTVや映画に出てる人のような髪の毛を手に入れられるかも知れない。外見は内面さえ磨く事がある。良い服来てるだけで背筋が伸びる人もいるでしょ。そんな貴方の為に少し冒険して恵比寿まで足を伸ばしてみよう。オシャレはしたいけどチャンスが目の前に無い人は私が押してあげよう、特に床屋通いの君。お金は自分の為に使うのだ。


女性編:
合うか合わないかはやってみなければ分からない、挑戦が苦手な貴女は冒険をするチャンス。明確なリクエストさえ出来ればそれに対応するテクニックは持ってる  ・・・はず。どうしても決まってる所があって変更するつもりがない人以外は、とにかく一度は経験してみましょ。

ネイルや着付けもしてくれます。嫌がられなかったらコーヒー飲みに行ってもいいかも・・・?

これは、オープニングのレセプション
S-IMG_9555.jpg

ATTINA (アティーナ)
予約電話:03−6277−4199
渋谷区恵比寿1−14−8 ベルツリー恵比寿2階

地図:http://goo.gl/maps/qqsZi


大きな地図で見る

BOSS:大久保さん

金環日食 2012

ご存知2012年 5月21日は、東京をはじめ日本国内かなりのエリアで金環日食を見ることが出来る。私の新しい友だちは知らない人が多いが、実は私は日食に関してかなり詳しいのだ。前に書いたのと重複するが新しく書いてみよう。

難しいことを書いているので、興味がない人はスルーして。

***

太陽と月と地球がこの順番で一直線になった時、地球上でその軸の上にいる人だけが皆既日食 又は 金環日食を見ることが出来る。だいたい一直線になるということがかなり稀なのに、その中心軸にいるというのは本当に本当に限らられた条件となる。月と地球との距離は楕円軌道なので距離は一定ではない。そのため月の位置は地球に近い時もあれば遠い時もある。月が地球に近いと太陽はすべて隠れる皆既日食となり、月が地球から遠いときは太陽はすべて隠れずに金環日食となる。今回は月の位置が地球から遠いということだ。

ちなみに、太陽、地球、月の順番だと月に太陽の光があたらずに月食となる。地球の方が月より直径は4倍大きいので月食の時間は長いことになるが、日食の時間は短くなる。

見た目の太陽の大きさと月の大きさがほぼ同じというのは、この広い天体で奇跡に近いレベルで偶然の産物。もっと月が大きかったり小さかったりしたら、地球上にいる我々は皆既日食と金環日食両方を見ることが出来ない、どちらかだけとなってしまう。

太陽の直径は140万Km (地球の109倍・・・あれ、意外と小さいな)、月の直径は3500Km 地球の直径は13800Km
太陽と地球の距離は1億5000万Km、地球と月との距離は38万Km・・・

数字を見てもピンと来ないが、月を直径3.5cmのピンポン玉とすると、地球は直径14cm、太陽は14mの球となる。
この比率だと、地球と月の距離は38cm、地球と太陽の距離は15m。
想像してほしい、風船が目の前にあって、40cm先にピンポン玉があって、15m先に14mの球がある。
これらが一直線になっていて、14cmの地球の軸にいる時だけの現象なのだ。今回の日本の日食帯は ≒235Km という広い範囲だけれども地球の広さから比べればほんの線レベル。

昨日、6:50に太陽を見てみたが意外と高い位置にあり、ビルの先から見えたので本番でも晴れていれば見られそうだ。逆に薄い曇りの方が輪っかが見えていいかも知れないが・・ もしかしたら分からないかも知れないけど、もし曇や雨でも普段より暗くなると思う。但し、真っ暗にはならない。フランスのランスで見た皆既日食では昼間なのに真っ暗になってバスはライトを付けて運転していた。

もし晴れていたら、影にも注意。部分日食になると影も面白い形になり、金環日食時には、影が丸くなる (う~ん、この映像をテキストで表現するのは難しい)。


ここはかなり科学的に書いるのでいい。
http://eclipse.star.gs/ni120521/japan.htm

この記事の中で発見したGoogole MAP上に日食帯が入ってる地図
http://xjubier.free.fr/en/site_pages/solar_eclipses/ASE_2012_GoogleMapFull.html
赤い線の間が日食帯、青い線が中心。我が家は中心から300mほどしか離れていなかった・・・◎



*ここから先は私の日食歴史*

●1987年には、会社に3日間だけお休みもらって沖縄まで金環日食を見に行った。これが私の人生の中で初めての部分日食でない本格的な日食デビュー。私が生まれてから日本の土地で初めて見れる日食がこの時。丁度、沖縄本島の真ん中をぶった切るように日食帯が通った・・・

太陽サンサンの昼間、徐々にあたりはひっそりとしてくる。部分日食であっても光はほとんど変わらないが95%以上隠れると、少し異様な雰囲気となり、初めて見る三日月のような太陽はかなりなもの。麦わら帽子からこぼれる影も三日月になり、金環時間は影が丸くなるのが異様。沖縄へ行ったのはその時の2泊3日だけだ・・・


●2年後、1989年には日本の土地の上ではなく小笠原の更に南の海上で皆既日食が見られるのが分かった。天体雑誌を見ると、なんと1万トン級の船が4隻 (せき) も出るとのこと。私が選んだのは神戸港から出航して5日間船に乗り続けるユートピア号。途中、小笠原父島に3時間程上陸が出来る観光が付いている。大きな船は港に着岸できないので小さな船に乗り換えての上陸。小笠原も行ったことがあるのはこの時の3時間だけだ・・・この時の皆既時間は4分位、たったそれだけのために5日間船に乗りっぱなしでも来てしまう魅力がある。

2等船室は、6人部屋。こんなツァーに付き合ってくれる友達はいないから一人で行ったので他の5人は他人だが、みな目的は同じ皆既日食なので方向は合っている。友達になって名前を覚えるまでは、BEDの位置でお互いを呼んでいた。右下手前さん、左上奥の人・・私は、左手前下だった。あれから20年以上たっているが、今でも年賀状のやりとりをしている人もいる。一緒にJAZZのコンサートに行った人もいる。

北緯25度界隈まで南下するので、南半球でしか見られない南十字星も夜になると見られる赤道に近いレベルの所。水平線から昇るサザンクロスは船のうねりとシンクロしてかなり美しい光景。天体ファンが多いので色々と星座も教えてもらった。

当日は晴れ◎ 月が太陽を隠しだすと部分日食が始まる。欠け始めのタイミングをファーストコンタクト=第一接触と呼ぶ。これはこれで少しは珍しい現象なので一生懸命撮影したりビデオに撮ったり歓声も上がる。船はほぼ目的地に到着しているのでうねりの影響のないレベルで旋回している。太陽も90%近く隠れるとすこし海風も涼しくなってくる。

セカンドコンタクト=第二接触 は感動の一瞬! 太陽がすべて隠れるタイミングなのだ。これは人生で3rd contactと共に感動的な場面。この時には、あたりは遅い夕方位まで暗くなる。そして、水平線界隈は 360度 夕焼け。普段見る西の夕焼け、あれが一周全部夕焼けなんだ。途中雲が出てきて一瞬太陽が隠れてしまったが、船長はエンジン全開にして追いかけて再び太陽を確保・・・

皆既になると、強大な太陽の光が消えるので普段は見られないコロナを見ることが出来る。この時になると、光の情報量を上げるために双眼鏡にて見るのがお勧め (金環日食ではダメ)。肉眼では見られない真珠色の柔らかい光は柔らかく輝く ・・・と同時に、プロミネンスもタイミングによっては見ることが出来る。地球何個分もある大きい炎。あの綺麗な真紅は前にも後にも見たことない。人生で最高に美しいもは何かと聞かれたら、皆既日食中のプロミネンスと答えるだろう。残念ながら金環日食では見ることは出来ない。
サードコンタクト=第三接触は皆既日食終わりのタイミング。太陽の膨大な光が月のでこぼこを通して見える瞬間に、ダイヤモンドリング という光の玉をみられる。こっちの方が美しいという人もいる・・が私は2位。

このあと第四接触まで部分日食が続くのだが、メインイベントが終わった後は白けてしまいアイドリング状態となる。他の仲間も”一応写真とるか・・”と言ったり、機材を片付けてしまう人もいる。

この日の夜は盛り上がりの宴会となり、知らない人どうしでも同じ体験をした特別な関係者となる。神戸港に近づき、お別れを言うときは、2年後にある ”メキシコの皆既日食で会いましょう” とか ”じゃ、メキシコで” と言って別れるのだった。


●1991年の皆既日食は月の位置が地球に一番近く、私が生きている期間では最大の皆既日食 6分53秒 という大イベント。この時は丁度、ハワイのオアフ島の上を通り、メキシコのカリフォルニア半島の先端も皆既帯が通る。ハワイは近いし日食がダメでも観光で行けるので人気は高かったが、曇やら雨の可能性は高い。メキシコは砂漠にあるので雨の可能性はかなり低く太陽もほぼ真上に来るタイミング。日食ツアーは色々とあったけれども、調査の結果メキシコに行くことにした。ほんの6分53秒の為に1週間会社を休んで、45万円位かかるのだった。もし、雨だったり曇だったらただ昼間にあたりが暗くなるだけの体験となってしまうが、一度見たころあるので賭ける価値はある。

ロサンゼルスで乗り換えて、チャーター便でカボサンルーカスというカリフォルニア半島の先端の町へ行く。このツァーも100人以上の人が来ていた。LAの空港で待ってると ”タカオちゃーん、じゃなぁい” という黄色い声・・・ お、知ってる人だ。前回の小笠原の時に一緒に船に乗っていた姉妹。向こうで友だちになって一緒に神戸の街を歩いたりもした・・・ ”じゃ、次はメキシコで” と言った人が他にもいてこの引き寄せ力の凄さを思い知った。

ホテルに夜遅く着くと、超豪華ではないけどいままで行ったことないレベルのリゾート。フロントデスクが屋外にあるのがまず驚き。こちらも一人で行ったので相部屋の彼は少し変わっていたけど一緒に行動する。いつの間にか下の階の人達とも友達となって、彼とは今でも年賀状のやりとりをしてる。あ、さっきの(美人?)姉妹も。

外国には行ったことあるけど、メキシコというレベルの所はないので物価が安いのと、英語があまり通じない所もいい感じ。一生懸命使いそうなスペイン語をメモして、これいくら? とか 安くしてよ とか現地の言葉を使う。今でも覚えてる一番初めに話したスペイン語は ウノ テカテ(ビールの名前) ペルファーボール。現地の売店で買ったビールでした。コロナ (ビール) は日本では高いけど、向こうでは当時100円くらいだった。沢山飲みました。

前日には撮影地への下見に連れて行ってくれるのだが、私はパスして休憩してのんびりした。プールサイドに寝てると、給仕が飲み物や食べ物はいかがですかと英語で聞いてくる。チーズバーガーとマルガリータを頼むと少しして持ってきてくれる。今なら普通の出来事なのだけど、当時はこんな贅沢をしていいのか? と自分で質問したくなるようなリゾートであった。カクテルは普通小さいグラスで出てくるものだが、ここのはデカイ。マクドナルドでコーラを頼んだような大きな入れ物にナミナミと入ってる。全部飲んだらいつの間にか寝てしまい、太陽が30~45度位移動していた・・・よく焼けました。

皆既日食当日 (7月11日) は朝暗いうちから出発して、観測場所へ。今回は船でないので自分の陣地を作り、太陽対策と砂対策をしてスタンバイ。メキシコの強い太陽を見てると目の虹彩は最小に絞られて網膜を守る。明るさの変化後数分で適切な値になる機能を虹彩は持っている。皆既日食中はかなり暗くなるので (遅い夕方のよう)、虹彩は最大限に開いていてほしい。つまり、日中はサングラスをしてなるべく太陽を見ないで目を守り、皆既になったらサングラスを外して最大限の光を吸収したい。コロナは双眼鏡で拡大しないと見られないほど弱い光なのでこの作戦が必要なのだ。当時はパリダカ用 (砂漠のラリー)のサングラスで横からの光さえ遮断していた。

人生2度目の皆既日食、やはり美しい。人生で一番美しいものは何と聞かれたら皆既日食と答えるだろう。正式に言えば皆既中のプロミネンスだったけど・・・ 今回は長い時間本当に楽しめた。もう満足。


●仕事をやめて自由を謳歌していた1999年、フランス パリ郊外で皆既日食が見られるのを発見してしまった。お金もかかるが、何か突破口もあるかも知れないと思い出発。調べるとパリの上空では皆既にならず、かなりの部分が隠れる部分日食となる。LAONという所とREIMS という所で皆既になる。今ならランスと言えば有名な場所であるが、当時は知らない所だった。どちらへ行くか決めかねてる時、地下鉄の中で若者が ”日食か? お前はドコへ見に行くんだ? 俺はランスだ” なーるほど、じゃランスにしようと列車に乗ることにする。東駅の電光掲示板は ECLIPS SPECIAL みたいなフランス語の臨時列車が沢山出ていた。この街中にいればどこでも見られるので、ぶらぶらとしていると大きい教会がある。今なら世界遺産でジャンヌ・ダルクが駆け込んだフランスを代表する大聖堂であるのは知っているが当時は知らなった。更に、ここはシャンパーニュの産地だそうじゃないか・・・知らないというのは勿体無い。

普段は静かな街なのだが、この日だけは相当な人数。帰りの列車は混雑するだろうから駅に近い所で観察をすることにしたが・・・空は曇り。時々太陽も見られるが、時々厚い雲に完全に隠れてしまう時もある。部分日食がかなり進んでくると、肉眼でも相当欠けているのが分かる。90%以上欠けるとあたりは夜のように暗くなり、自動車はライトを付けている。ほぼ全部隠れたタイミングでは・・・・なんと曇が厚くなり残念ながら黒い太陽は見られず・・・ ただ、8月の夏なのにあたりはヒンヤリとして昼間なのに真っ暗を体験できた・・・うん少し不完了。

この年はパリ1週間、親と一緒にイタリア1週間、プロバンス1週間、またパリ1週間・・・という仕事をしていない権利を使い時間を贅沢に利用。この時、パリの問屋にて仕入れを覚えて現在の仕事となる、日食は見れなかったけど人生に大きな違いを作った旅となった◎

***

次回日本で見られる皆既日食は2035年、新潟と水戸を結ぶ線上で見ることが出来る。私がその時まだ生きていたら最後に見ることになるだろう・・・・

情報操作

真実は世の中に一つしかないし、実は一つも無いかも知れない。ところが、ちまたには色々な情報が満ち溢れている。インターネットを探せば色々な人が言いたい事を言っているし、自分で書くことも出来る。新聞やテレビでも片側通行の情報が山のように流れ出てくる。新聞やテレビのニュースは比較的信頼性が高いと思うように我々は慣れてしまっている。しかし・・だ、本当に信用していいのだろうか? ウソを言っていないか、情報操作されていないか、向こうは間違えていないか・・・ 特に自分が見たり聞いたり信頼しているカテゴリーに関しては、自動的に信用しがち。でも、そうでもないかも知れないという心構えが今の時代必要なのだ。もちろん、この文章でさえ。

極端に言えば、”放射能” って本当にあるの? 誰か偉い人がそう言ってるし、ニュースでも教科書もそう書いてあるし、科学者は測定器で実際に数値を見てるし、原爆の事実もあるし・・・真実の証拠は山のようにある。でも、それら全てが本当かどうかは私は知らない。便宜上それらを信用するという立場をとって真実と仮定することは出来る。真実を把握するというのは我々人間には不可能だということだ。だから英語にもあるでしょ God only knows……(神だけが知っている) って。

そえでもかつ、色々なニュースを我々は信用しがち。特に、自分が信じたい内容ならばなおさら。
この映像を見たことがある人もいるでしょう。福島から太平洋に温度の高い水が流れている絵。
これって、初めヤバい事起きてると思ったが、数秒後信頼できるのか? と疑念を持った。
14.jpg


http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=2494
長いので読むには面倒だが、この手のニュースを信じるかどうかに興味がある人は読むといいこの記事。この記事にようると、この写真はデマであると判断している。お土産屋さんが本社登録している所がシュミレーションとして発表している。そして、この記事も信頼できるかというとそうでもない。

真実は無いものと思っていたほうがいい。

スマホと携帯

2005年12月 (6年前!) に買った携帯電話を開いたまま床に落としてしまい、ヒンジの部分が機械的に割れてしまった。電源とDATA供給側が無事だったので片持ちでも一応使えるが、首の皮一枚残してガタガタなので輪ゴムで固定しながらだましだまし使っていた。
IMG_9933t.jpg


FOMAコネクターも破損していたり、液晶も1色抜けてるので ”画期的な色になり” (この表現は 氷の世界 のパクリ) ほんとにボロボロだった。新しい携帯なら修理という手もあるが、これは部品も残っていないし、世の中の動向はスマホなのでスマホを検討してみる。
IMG_9922t.jpg


iPhoneも検討してみたけど、ドコモを10年以上使ってるので特典もありsoftbankに変えるメリットがあまりない。iTunesやMacbook Airとの連携も良さそうだが、やはり携帯はドコモで行くことにする。私は通勤も無いしネットに繋がる所への移動が多いので、PCの方がネットを使うには便利なのは明確。スマホを使うのは普段行かない所へ行く時やネットの繋がらない所や外国で使うのだろな・・・だから、私は持ち歩くならなるべくコンパクトにしたい。本当は携帯だけでもいいのだが、値段もさほど変わらず、大きさも小さいのがあるので一応機能が多いほうが自由度も高い。大きい画面のやつはポケット内では体裁が悪いのでかなり好きでない。あ、中途半端なカメラも本来不要だけど。

富士通のF-12Cはなかなかいい感じなので候補。パナソニックのP-01D もいい感じ。しかしもっと小さいソニー・エリクソンの XPERIA RAY (SO-03C) が一番気に入ってしまった。これは、今の携帯と大きさもさほど変わらず、重さも100gなので私の需要にぴったり。
IMG_9962t.jpg


価格.com のレビューやらコメントでは高評価なのと、電池の持ちがいいらしい。ワンセグはもとより地上デジタルは見ないのでTVは不要でいい。赤外線が無いのがちと不便だが年に一度使うかどうかだから無くてもいいことにする。Bluetoothは是非欲しい機能。これでいちいち電話を出さないでよくなりそうだ。
IMG_9961t.jpg

IMG_9959t.jpg
黒が無いのでしかたなく白にしたが、これは自分で選択したわけではなく条件やら環境が決めてくれた決断というやつだ。でも、こいつは気に入りそう◎



高雄さんの年賀状 と 個人的意見

あまりに遅いと白けるからやっぱり今日公開。これが私の年賀状。本物は住所とかメインアドレスが書いてある。WORDをPDFにしてJPEGにすれば、ブログでも公開出来るのね。さすがに、リンクはリンクしないけど、見たい人は手打ちして下さい。便利な時代になったものだ。

基本的に、明けましておめでとう とか Happy new year とかは書かない主義なのと、少しだけメッセージも含まれている。紙の年賀状では、一年で一度も会わない人なのに「今年も宜しくお願いします」とか「昨年はお世話になりました」などと白々しいことは書かない。

どうしても頑張って欲しい人には、「突っ走れ」とか「その勢いで行け」とかの一言書く時もあるが、私のように文章やら写真の内容が豊富の場合には基本的に手書きを添えないでいいと思っている主義。謹賀新年 だけや 明けまして・・ のみの人は何か書いてくれないと、”一応送りました” とか ”生きていますよ” という最低のコミュニケーションとして受け取ることにする。私のは、文章の内容が分かりにくい場合も多いので、最後まで読むのを断念する人がいるのを聞いているが、それでもいいと思っている。

あと・・くれた人には申し訳ないが、子供の写真や家族の集合写真のみだと、1年間の成長日記を見せられている気分であんまり嬉しくない。初めて子供が生まれたとか、結婚したとかなら初回だけはお披露目の意味でいいかもしれない。奥さんはどんな人だろうとか、男の子か女の子かとか・・・

とはいえ、年賀状の季節になってから過去一年の写真を引っ張り出してきて、”これでいいや” とやってる人もいるだろう。私は、常にこれ年賀状で使えるかな? と考えながら日頃の写真を撮影している。

そうだ、(自分のことは置いといて)、自分の見せたいものを見せるのではなく、もらった人がどう感じるか、どう受け取れるかを考えたコミュニケーションは配慮があって好きだなぁ・・・と思う。

何枚か集まる年賀状。つまらないのからスゲェ凝っていて考えてあるのもある。私は、もらった人の中でトップレベルを目指ししているのである。


2112年賀状WebPJ t


振り返ってみると

 深夜に目が覚めると脳はα波を奏で創作の場となる。私にとってはTEXTを打ち込むのはかなりクリエーティブな分野。何時からかキーボードを打つ指は思考とリンクして、自動的に動くようになった。

 さて、2011年も最終日となりタイトルのように振り返ってみると、何をしていたんだ? 何かをやり遂げたというのは無いが、あえて言えばNETの世界での自分からの表現と、人からの何かをもらった年であると言える。

 MIXIやブログでは前から色々と表現はしていたけど、今年からTwitter と Facebook を真剣にやり出した。初めはつまらない・つまらない & つまらないとつぶやいていたが、ある程度の観客が付くと (フォローや友達) 自分の発言にレスポンスが付くので面白くなってくる。人のを読むだけの人もいるだろうけどそれだと楽しさも半減だ。まぁ、人それぞれの楽しむ道具があるだろう。電話が楽しみの人もいるだろうし、実際に会ったり、お酒を飲んで話すのが好きな人もいるだろう。

 人のブログや何かの文章をネット上で読んでいると、殆どの場合はただの情報だけれども、時々超共感してしまうものが現れてくる。そんな場合は、少し勇気をもってコメント書いたりして何かのレスポンスをすることになる。私のブログはマニアックな内容であるので、共感してくれる人は比率から言えば少ないのだが、時々いるので、そんな場合はレスしなおす時もある。こういう場合、私は同じベクトルと呼んでいるが、興味やら生き方の方向が近いという人が多い。どちらかと言えば方向が近い人の方がしっくりくるし、話していても楽しいものだ。

 Parisに住んでるM氏、イタリアのレストラン話題で意気投合し一緒にイタリアで食事する仲になって、その後パリへ行くたびに会う人となっていた。車で10分の所に住んでる高校の仲いい友だちもいるのに、その人とは今年は一度しか会ってないかも。パリの友達はのべ10日位会ってる感じ。彼は勇気をもって私のブログにコメントしてくれた所から始まった。

 Facebookに転送された私のブログで、あまり有名でないレストランを知っていたということから始まったイタリアで働いているシェフ。友達に ”あの人は何者ですか?” と聞かれた所から始まり、別の友だちの友だちがイタリアでシェフやっていて、イタリアのシェフ同士が元々友達だったという、説明しにくいクローズドループになっていた場面もあり。 (自己満足ですから理解しなくていいです)

 お勧めレストランに行ってとても良かったのでFacebook上での付き合いの人もいるし、MIXIで友達になった人と一緒にパリでお食事した時もあるし、我が家に来た人もいる。

 生で会ったことはあるけど、Facebookのプロフィールやらコメントのやりとりでその人となりを見る事ができて、こいついい奴じゃん とか へ~こんな考えなんだ、というような新しい発見があったりもする。


 振り返ってみると、今年 (2011年) は、ネットという新しい媒体を通して、多くの新しい人と出会えた年だったかなということだ。それも、この人達のベクトルは同じ方向を向いていて、生で会ったとしても話が合うのが分かるし、その手の知り合い効果的に表れる場でもあるのを発見した年だ。この勢いで行こう。

Bluetooth ブルートゥース のヘッドフォン

今更の話題だが、やっぱり便利なので書いてみる。この言葉を初めて聞いたのはかなり前。外国に住んでる偉い人が、今度日本へ来る時に電話を無線でかけたいからこれを用意しておくように・・とBluetoothという言葉を置いていった。何だコリャ 青い歯か? と思いながら調べていたけど、それから数年は技術は発展せずうやむやになってしまった。いつからか、耳に機械を挿し込んで話す電話が映画や海外ドラマで出てくるようになり、これが昔聞いたBluetoothなのねと理解できるようになった。そのうち、携帯電話にもセールスポイン卜として、ブルートゥース搭載と書かれるようになったので、興味は出てきた。

ネットを検索していたら、Audio Technica からノイズキャンセルが付いてBluetoothのイアフォンがあるのを発見した。飛行機に年間 12時間x2x4 は最低乗るのでノイズキャンセルヘッドフォンは必需品なのだが、機内で電波は飛ばせないし向こうも対応していない。普段用にコードレスでノイズキャンセルが付いてるのは興味がある・・・

大井町のLABIでヘッドフォン売り場を眺めていたら、ATH-BT03 は、あまりにも本体がデカイので安易に持ち運びという雰囲気ではないので、興味は一気に冷めてしまった。まぁそれでも小さいけど・・・

他のを見てたら、2000円で旧型のちっこいのが売っていたので試しに買ってみることにした。これはオーディオ屋ではなくてPCパーツ屋なので、技術的には悪くないのだろうが音に関してはオーディオ屋に叶わないのは予想がつくのは承知の上。今のPCのMacbook Air はブルートゥース対応でiTunesの音楽も電波で飛ばせる仕様なのでどんな感じなのかを調査できる。ペアリングはたいして苦労しないで出来る。機械:ヘッドフォン=1:1 の対応しておかないと、町へ出たら混線してしまい、他人の電話やら音楽と聞かされるはめになってしまうので (実際はペアリングしておかないと電波は飛ばないけどね) 放送曲とラジオの関係よりかは複雑。

私の携帯はガラケー (ガラパゴス 携帯 ≒ 時代に取り残されている携帯 ≒ 日本独自の進化をした携帯 = 今までの携帯) なのでBluetoothは付いていないのでPCとつなげてみた。音が悪いのは別にして (かなり悪い) コードが無いのは自由度は高くとても縛られない感覚がいい。上司がいない時の会社や、奥さんやご主人が外出中の独身貴族のイメージだ・・・電話には使っていないけど、スマホと繋げておけば音楽をワイヤレスで聞きながら、電話がかかってきたら耳のスイッチを押せばそのまま会話が出来る。なかなかやりだせば便利な機能なのでしょう。iPod touchも対応なので電話は別でも使える。

この文章を書くために軽さを測定。お、15g とは軽い。左右を連結するためにコードは必要。片耳のやつは、電話通話用なので、少し趣旨が異なる。

IMG_9188t.jpg



話題シフト:Parisには色々なお店があるのだが、お気に入りの一つは St.Honore にある Colette というセレクトショップ。ここは時代の先端を行くような、いいデザインが置いてある。ここでのCDのセレクトはみんな欲しくなるようないい感じのが置いていあるし、カメラや時計のような機械もかっこいいのばかり。洋服も置いてあるがかっこいいのは認めるし素敵なのもあるけど、値段が高くて誰が着るの? といいたくなるようなのが多い。

そこで、一目惚れしたのが、Bluetoothのヘッドフォン JABRA HALO というやつ。普通のヘッドフォンの形状でブルートゥースが付いてる。デザインもここに展示されるレベルでかっこ良い ・・・でも120ユーロ (≒12500円) では衝動買いにはちと高い。価格.comで安く買えるかもしれない・・・ので、帰国後探してみた。結局、AMAZONが一番安くて 7134円 だった。評価は賛否両論。まぁ、便利な分だけいいことにしよう。ずっと忘れていたが、昨日注文。まもなく到着・・・


1day sweets チーズのケーキ

お友達がチーズケーキの本を出すことになりました。10月31日発売です。まだ中身は見ていませんが多分簡単に予想以上のが作れるようになることでしょう。

ちなみに、ロールケーキの本は素晴らしい内容でした◎ (まだ作ってないけど)

http://ameblo.jp/e-macaron/

1day sweets チーズのケーキ(朝日オリジナル)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4021904972/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=studiogemmaco-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4021904972

ノイズ

レイモンド・カーヴァー ”僕が電話をかけている場所” の中で、目が見えない人がいかに自由かを書いてあった場面を思い出す。今日は付属の白いヘッドフォンを使わずに、機内用にしているノイズキャンセルヘッドフォンを取り出して電車に乗る。スイッチをONにすれば、外界からの音はシャットアウトされ他人の話し声や車掌のアナウンスは聞こえないレベルまで下がる。ダウンロードしたご機嫌な音を聞きながら電車に乗り、街を歩く。

いつもは車が来てもバイクが来ても音で分かったが、今は外部からの音が無い世界。そのかわりに横断の時や、ターンの時は首を振って視覚から外の情報を取り入れる。普段は意識しないレベルの視界からの情報。意識的に人の表情を読み取る、人の動きを予想する、看板のTEXTを理解レベルで視神経へ送るのを楽しむ。脳内のCPUは、普段とは違う方式と情報量を的確に判断し理解出来るレベルまでダウンサイズして再び脳へ戻す。

本の中では、視界を持たない人がいかにその他の感覚を楽しんでいる世界を書いていたが、今日の私は音の情報を取り入れないでその他の感覚の中で楽しんでいる。


夜に炭水化物を食べないダイエット

自動車やバイクの重さの基準に、乾燥重量というのがある。これは、ブレーキオイルとかガソリンとかウォッシャー液のような液体を含まない重さということ。車は例外を除いて重いより軽い方が人気がある。だからなるべく軽く見えるように少なく言いたい。大型ならガソリンタンクも多いだろうし、エンジンオイルも多いので、消費者には重く感じられる。よって、液体を除いた重さを乾燥重量というわけ。

人間の体重も多くの人が多いより少ない風に見られたい。こんなに痩せてるのに 「太ってるでしょ・・・」 なんて言われると ”場を読め” と言いたくなる。本当に太ってる人が言うならまだいいが、相手は自分より重いと予想される人には言うべき言葉ではない・・と私は考える。

よって、体重計に乗るときはなるべく軽くしておきたい。朝起きたときは夜に汗を1リットルかくとも言われいるし、その他出せるものは全部出して最軽量にしてから測定。これ以上軽く出来ないDATAなら言い訳をしなくてもいい。

さて、本日の測定値は近代見たことない数字を目に入ってきた。 65.0Kg これが多いか少ないかは相対的なもので個人差もあるだろうが、私にとってはここ数年、68~69キロ代を維持していたので、これは画期的◎

行動しない所には成果はない。成果があったときにはその前に行動があったということ。じゃ、何をやったというとタイトルのように、=夜には炭水化物を食べないということ= ご飯を食べるのが日本人の習慣であるので、これはなかなか難しい。日によってはパスタを食べる時もあるし、うどんを食べる時もある。しかし、少しの努力でここの部分は突破できるものなのだ。またあんまり厳しくしてもなんなので、トンカツのパン粉やら餃子の皮などはOKとしたし、時々ならパスタも食べた。それでも気おつけているだけで相当量を減らすことが出来る。そう、別に油や肉も食べていいのでおかずだけ食べればそんなにきつくない。野菜炒めなんかはそれだけで夕食になる。お腹が空いたという体験はほどんどしないで、楽に出来る◎


同時に2つの事をやってしまうと、どちらが原因になっているか分からなくなる。実はもう一つやっているのは、=健康お茶を飲むこと= これはひょんなことからサンプルでもらったのが美味しかったのと、それが美味しくてサクサク飲めて、健康にいいとのことなので飲むようにした。後で知ったら、ダイエットにも効果的なので一石二鳥。一袋で1リットル作れて、100円弱と安くはないが、価値はありそう。
IMG_3178S_20110810172514.jpg

http://www.binchoutan.com/sarari/index.html

・・・・ということで、炭水化物とお茶で痩せてきました。一応ご報告。

Home > その他話題

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。