Home > 音楽話題

音楽話題 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Grammy 2014  グラミー賞

先週の日曜(日本では月曜) グラミー賞の授賞式を放送した。もっと沢山登場したのだけど、最高に印象に残ってるのはこの4曲。Youtubeではどんどん消されてゆくので早めに見るべし。消えてたら検索するべし。


ロード Lorde は、17歳でグラミー賞の 最優秀楽曲賞、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞 を受賞・・・
パフォーマンスも抜群

Lorde  Royals




今回の秀逸は、Duft Punk
ロボットになってしまったフランス人2人のバンド、授賞式ではスティービーワンダーも演奏してる。
ご機嫌のパフォーマンス。一部の人から見たらとてつもないレベルのメンバー。

Wikiより
第56回グラミー賞でノミネートされた5部門すべてで受賞を果たした。
・最優秀レコード(Record Of The Year) 『ゲット・ラッキー (Get Lucky)』
・最優秀アルバム(Album Of The Year) 『ランダム・アクセス・メモリーズ』
・最優秀ポップ デュオ/グループ(Best Pop Duo/Group Performance)『ゲット・ラッキー (Get Lucky)』
・最優秀ダンス/エレクトロニカ(Best Dance/Electronica Album)『ランダム・アクセス・メモリーズ』
・最優秀エンジニア・アルバム(Best Engineered Album, Non-Classical)『ランダム・アクセス・メモリーズ』

Daft Punk, Pharrell Williams & Stevie Wonder  Get Lucky


ダフト・パンクのグラミー賞パフォーマンスは、なぜ“歴史的事件”だったのか
http://realsound.jp/2014/01/post-278_2.html
興味がある人は読んだらおもしろい話題




中国人クラシックピアニスト ランラン がヘビメタロックの メタリカ と共演

Metallica & Lang Lang  One

すげぇにつきる


映像無し
ポール・マッカートニーとリンゴ・スターの共演は解散後5回目だって・・・
これは歴史に残る。


その他、ビヨンセ+JayZ、ケイティ・ペリー、シカゴ、キャロル・キング+サラ・バレリス、テーラー・スウィフト、マドンナ、ピンクの空中ブランコ+ファンのネイト・ルイス、キース・アーバン (ニコール・キッドマンの夫)・・・等


これだけを見るだけのためにWOWOWに加入する価値がある。ま、Youtubeでも見られるけどね。



グラミー賞 Grammy Awards

グラミー賞 Grammy Awards 、アメリカのレコード大賞・・?? みたいなものかな、規模が違うけど。現地時間では日曜の夜、日本時間では月曜の朝9:00からWOWOWにて放送。グラミー賞とアカデミー賞の為にこの時だけWOWOWに加入する。例えば他の番組を見なくても 2415円 の価値が充分ある内容だと思うのだ。例年はふたつとも2月にあるので2月のみでよかったけれども、今年はグラミー賞が1月末、アカデミー賞が3月初めと3ヶ月分加入しなければならない・・・・
実際に払うのは1月中に加入すると2月末まで見られるので2ヶ月分だけでいいのだが・・・ま、それでもいい。

今年の傾向はこの日経の記事に書いてある。ノミネートされてるのを見ても知らない人も多いが、知ってる人もそれなりにいる。受賞する場面だけ見るのはさほど面白くないかもしれないが、途中に出てくる歌手が大物でこっちはとても見る価値がある。まだ、レディー・ガガを知らない時にエルトン・ジョンと一緒にピアノを弾いていてスゲェ人だと思ったのを思い出す。



http://www.nikkei.com/article/DGXNZO65793230U4A120C1000000/


日経記事より:
栄冠の行方だけでなく、授賞式に登場する数々のスターのパフォーマンスも見どころだ。

ポール・マッカートニーとリンゴ・スターという元ビートルズの共演を筆頭に、ダフト・パンクとスティービー・ワンダー、人気歌手ロビン・シックと老舗バンドのシカゴ、ケイティ・ペリーとロード、ロックバンドのメタリカと中国のピアニストのラン・ランなど、豪華な共演が予定されている。

授賞式は日本時間1月27日午前9時からWOWOWで生中継される。

Gravity-2

Gravity-2
先日書いた映画の ゼロ・グラビティー に続いて、重力話題 2/3。地上波のテレビはほとんど見ないが、ケーブルテレビはよく見る。特にお気に入りは FOXチャンネルで、USAの良い番組が沢山放送されている。脚本も構想も規模も出演者のレベルも日本のとは格段に違うと私には思われるのだが、今日の話題はその中で歌の勝ち抜き戦 (安い言葉だな・・) の X Factor という番組。何万人もの一般人が1位になることをかけて挑戦する。日本では丁度4人から3人に絞られる所が今日放送だった。(アメリカの人・勝敗を教えないでね・・)

番組の中では歌の上手い人達が沢山登場してどんどん落ちてゆく。その中で健闘してるのが アレックス&シエラ という二人組。今日の放送では、素晴らしい曲を提供してくれた。サラ・バレリスの名曲 グラビティー ( Sara Bareilles - Gravity ) この美しさとアレンジと完成度は特筆もの。歌を聞いていて涙が出てくるのはなかなか無い体験。



歌に限らず、テクニックで上手いだけだと人の心は奪えない。歌ってる人が自分(私)の中に存在するレベルまでプレゼンスすると、心触れられ感動する。アーティストは人の心を揺さぶる作品をプロデュースしてもらいたいものだ。


Ann CDさんのブログより歌詞と訳を転記させていただきました。
http://d.hatena.ne.jp/Ann_CD/20120527/1338133905I

I live here on my knees as I try to make you see that
You're everything I think I need here on the ground.
But you're neither friend nor foe though I can't seem to let you go.
The one thing that I still know is that you're keeping me down

 私はここで生きる 自分の足で あなたにわかってもらうために
 あなたは私が考えること この地で必要とすることの全てだと
 だけどあなたは友達でもなく敵でもない あなたを去らせることはできない
 私が尚知っているただ1つのことは あなたが私を抑制しているということ


数年前のアメリカン・ダンスアイドルで、この曲を使ってのダンスもまた素晴らしかった。この話題は以前書いたけどもう一度後日新しく書いてみる。

Set me free

youtube の良い所は、昔の曲でも誰かがUPしてくれてるので題名やらアーティストが分かれば聞くことが出来る可能性が高い事。かなりマイナーなのでも根気よく探し続けるといつか登場してくる。この曲もかつて探したけど当時は見つけられなかったもの。ParisのアパートホテルにCDがあったので当時のPCに入れておいたのにいつの間にか無くなってしまった。

音楽の表現に "かっこいい" というのがある。美しいとか、楽しいとか、ファンキーなのとか、・・と同様、かっこいいという区別がある。NYの新しいジャズや、プログレや、Acid JAZZとか、ある種のラップのとか、ヒップホップとかハウスなどにかっこいい曲が含まれてる場合が多いと思う。

Set me free…. うーんかっこいい◎
http://www.youtube.com/watch?v=qjgIxdn66-k


American idol season11 Queen 特集

日本のFOXチャンネルでは、Best6 になった所。アメリカでは数週間先を行ってるので、優勝者も決まりつつあるのかもしれない。 (知ってる人は教えないでね・・・) 地上波でもやってるのかな? 少なくてもBS238では放送している。

そう、アメリカン・アイドルは素人の歌手が勝ち抜きで10万人以上の応募者から優勝者が決定するまでを少しずつ放送してくれるなかなか真剣な番組。昨年の優勝者のスコッティーはアルバムを出して100万枚売ってプラチナディスクを獲得した。

今日の特集はQUEEN。番組に ブライアンメイ と ロジャーテイラー を呼んでの共演。うん、いま見てもかっこいいぞこのおじさんたち。
http://www.youtube.com/watch?v=oVVApCojAD0

土曜の21:00から2時間かけて歌の挑戦して、日曜の21:00から落ちる人の発表。毎週一人づつ落ちてゆくのだが、みんな上手くて落とすのがもったいない・・・
歌は自己表現。テクニックだけでは観客の心に届かない。こんなのが分かるのも面白いところ。

American Idol season11

ケーブルテレビではFOXチャンネルが入るので色々なアメリカのドラマやドキュメンタリーを見ることが出来る。少し遅れて地上波かBSで放送するだろうから勝敗についてはあまり書かないつもりだけど・・
ちなみにアメリカでは数週間先を行ってるのでアメリカの人は勝敗を教えないでね。

今放送している番組でのお気に入りは ”アメリカン・アイドル” 。これは勝ち抜き戦の歌のオーディションで、10万人の中から200人位に絞って、更に絞って昨日の放送で12人にまでになった。最終的に一人が優勝する。

昨年末の紅白歌合戦でレディー・ガガを見た人は (日本の歌手たちと比べて) 抜群の歌唱力とアレンジとプレゼンス (存在感) を感じた人もいるだろう。そう、アメリカには歌が上手い人が沢山いる。しかし機会が無いので陽の目を見つ人は少ない。America is the Land of Opportunity. そう、チャンスの国なので夢を見て多くの人が挑戦して、投票にて毎週一人づつ脱退してゆく・・・

下の彼らは優勝候補の人たち。上手いだけではなくて自分をいかに表現できるかが、投票されるポイントであるのに気がついて実行できた人が残るのだろう。13人いた中で先週の上手かった3人をYoutubeでご紹介。


Jessica Sanchez
I Will Always Love You
ホイットニー・ヒューストンは難しいので実力がないと下手が目立つのだが今回は大成功
http://www.youtube.com/watch?v=kPX-H3KGjJI


Phillip Phillips
Superstition (迷信)
女性はホイットニー、男性はスティービー・ワンダーを歌う。彼の切れ具合がいい。
http://www.youtube.com/watch?v=iU08Qtxu_c0

Hollie Cavanagh
All The Man That I Need
ちっちゃいけど予想外の実力アリ。うちのAちゃんにちょっと似てる。
http://www.youtube.com/watch?v=Ynz5fliw3wg&feature=relmfu


FOXチャンネル 土曜21:00-23:00 日曜21:00-22:00 (週によって多少変わる)


Benny and the Jets

エルトン・ジョンの昔の曲 (1974)。元はライブ (風なの? 擬似ライブらしい ) でやってるようだけど、かなり好きな曲のうちのひとつでもある。日本語タイトルは ベニーとジェッツ。

FOXでやっているアメリカン・アイドルという番組は、10万人の中から勝ち抜き戦で最後の一人までを競う番組。歌の上手い人や、人気の高い人が優勝する。アメリカでは人気が落ちてきたという噂も聞くがそれでも視聴率はそれなりに高いのだろう。どんどん絞られてBEST20になるような人の歌は大変上手い。日本の**な自称歌手の人に聞かせてあげたいほどだ。それでも、10人位迄はこの人は人気がなかそうとか、歌に偏りがある、テクニックがないとかで落ちそうな人も分かる。ここから先は予想は付くけど分からないものだ。視聴者の投票で決まるので上手いかどうかだけではなく、人気も投票の条件に入ってしまうので、予想は難しい。

残念ながら、日本ではスカパーやらCATVとかでFOX JAPANが見られない人にはAMERICAN IDOLの番組は見られないが、YOUTUBEなら探せる。この真剣勝負さが好きだなぁ、その他 ダンスのアメリカンダンスアイドル ( So you think you can dance) もね。

今FOX JAPANで現在進行中 (まもなく終わる) のアメリカンアイドルは、アメリカより2週間位遅れでほぼ平行に展開中。その何十曲出てきた中で一番私がお気に入り。このタイトルの曲を ヘイリー が歌ってくれた。このエネルギーを感じて欲しい昨日 21:00から best3 の勝負を放送して、本日(日曜)の21:00に発表でベスト2が決まる。

2分1秒 http://www.youtube.com/watch?v=fBbSvcJdGO4





Sara's touch

音楽話題は続く。

学生の時代、ROCKからようやくJAZZを聞き始めた頃、よくFMでかかっていた STEPS というNYのJAZZのグループがあった。マイク・マイニエリ のビブラフォーン(木琴?)が素晴らしい。こおいうのを緊張する音楽と私は呼んでいる。もし、JAZZが好きな人がいたらYOUTUBEを聞いてほしい。CDを探していたら数十年ぶりにこの音に再会したので最近のお気に入りになった。古い曲だが新しく聞くことができると思う。ちなみに途中から、Steps a head という名前に変更した。 (演奏はSTEPSではなく、マイク・マイニエリとなっている)

http://www.youtube.com/watch?v=FwlSPs0HyC8&NR=1&fmt=18

ちなみに、このYoutubeの演奏は、巨匠? ビリーコブハムのドラム。

すこし話はそれるが、かつてよみうりランドや田園コロシアムで行われていた、夏のJAZZフェスティバル。ライブアンダーザスカイという名前だったが、だれだかのドラムが来れなくなって、”都合によりドラムスはビリーコブハムになりました”と放送された瞬間、歓声が上がったのを思い出す。少し得した気分。バスドラの固い音がとてもパワーがあって、リーダーシップもあってなるほどドラムが中心になってリードしてゆくのだなと思った時代。

よみうりランドEASTは、S席のイス席よりも、A席の芝生席の方が心地よい。ビニールシートを持っていって、ビールを飲みながら寝っころがって聞くJAZZは最高の幸せ。生きていた頃の、マイルスデイビスやらギルエバンスを生で見たのは我が人生での勲章だ。


New York の JAZZ

”緊張感のある音楽”という範疇が私にはある。どこがどうと言われても困るのだが、あえて言えばリラックスする音や安心な音ではないということか。でも、うるさいだけや、若いだけではダメなのだ。どちらかというとこの緊張感は心地よい。例をあげるとNEW YORKの新しいJAZZの音がしっくりくる。ニューオリンズでかかるような古いJAZZだとこの快感は無いんだな。
IMG_5425.jpg

彼は、New York City のマンハッタン島の隣 ブルックリンに昔から住んでいるギタリスト。夏になると日本に帰って来てセッションをやってくれる。数年ぶりだったが、以前と比べて更に前衛的になってきているような気がする(私にとっては)。スタンダード的なのもいいのだが、私にはなんだか緊張しなくて心地よくない。

映像を勝手に載せてしまうが、新宿 SOMEDAYでライブ。一番右に座っているのが彼。彼の名前は Yoshiki Miura (三浦良樹)という。やっぱり生はいいな。

(私にとって)こんなのが緊張感ある音。
[広告] VPS




彼のホームーページ
http://web.mac.com/yoshikimiura/iWeb/Site%202/Welcome%20.html
ちなみに、TVドラマの方の Sex and the city にも曲を提供している。


今年の予定
6月25日(金) 大分ーネイマ
6月26日(土) 熊本ースイング 
6月27日(日) 大分県緒方町
7月 8日(木) 門前仲町ーBIGHORN
http://bighorn-web.hp.infoseek.co.jp/ 03-3630-0623
7月 9日(金) 新宿―サムデイ
http://someday.net/index2.html 03-3359-6777
7月10日(土) 関内ーGiG
http://www.asahijazz.net/liveinfo/GIG.html 045-261-9219
7月12日(月) 赤坂ーBフラット
http://bflat.biz/ 03-5563-2563
7月15日(木) 村門ーロフト 富山市上本町
7月16日(金) 村門ーロフト 富山市上本町
7月17日(土) 富山市ーラッシュライフ  
7月18日(日) 新潟県糸魚川市ーひすいの海

東京は終わっちゃった・・・

Home > 音楽話題

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。