Home > 2009年04月

2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

カラスミパスタ

パスタ第二弾

以前書いたかもしれないけれど、あんまり美味しくないカラスミのパウダーがある。これを使って、そしてタケノコも使ってパスタを作ってみた。

見た目はイマイチだが、味は材料がいいだけあっていい味に仕上がっている。料理はやはり食材がポイントなんだな・・・
IMG_8939_convert_20090501003739.jpg

材料も簡単に手に入らないだろうから作り方は無し・・・自分で考えてチョ

蟹のパスタ

久々にパスタ話題。

突然のリクエストがあった場合、持っている材料で対応しなければならない。冷蔵庫を開けたり、食品庫を開けたりしながら数分考える。安易な、トマト+ツナのパスタならすぐ作れるが、今日は少し違う雰囲気。

ベニズアイガニのカンズメを発見したのでそれを使うことにする。ちなみにズアイガニは高いけど、ベニズアイガニは安いのだ。さらに身が綺麗なのよりフレーク状になっている方が安い。我が家ではアボガドのサラダなどに使うので買いだめがある。更にフレーク状の方が味があるような気がする。



作り方;(今日は丁寧に書いてみよう)
色目と食感の為に緑を入れることにする。火を入れて小さくなった事を考えてざくっと切る。

いわきの友達の父親からもらったソフトな唐辛子を2本、種をとってみじん切り。ニンニク1.5かけの芯をとって粗くみじん切り。この2種をオリーブオイルで泳がせながら徐々に加熱。ガスコンロの最低の火力にて10分位、フライパンを立ててプールにする。焦げない程度、狐色まで。

パスタは細めのフェデリーニ。最後の吸収はソースにするのでその分の塩の量と、時間も考えて茹でる。

ニンニクオイルが出来たら、カンズメのズアイガニを汁ごと全部入れる。それに、ペースト状のアンチョビーを塩辛さを考えながら4cm程入れる。旨みを出す為に、野菜畑のブイヨン(コンソメみたいの)を少々。味はこれだけだ。

パスタを合える前に、青菜をソース入れてしんなりさせる。ここがポイントだが、最後のパスタの吸収をソースでできるように、ソースにお湯を入れて量を増やす。

あとは、パスタを混ぜながら水分が適量になったら完成。
IMG_8985_convert_20090428063643.jpg


これは美味い◎ 今年1番の出来具合。定番にしようかな・・・ズアイガニがあればいつでも作れるぞ。名古屋と大阪の偉い人が来ていたが、次の日食べたレストランのより美味しいとのコメントをいただいたが、本気でそう思う。


お口直しのイチゴ
冷凍してあったイチゴにキルッシュを少しかけて、砂糖をすこしまぶしてフードプロセッサーへ。冷凍でも美味しく作れるのを発見。
IMG_8987_convert_20090428063724.jpg


山田さんの本に書いてある本当の作り方は、生のイチゴに砂糖をまぶして数時間。そのあと、裏ごししてからキルッシュを混ぜるだと。家庭ではイチゴのツブツブもOKにしてしまえば、瞬間でできあがる。

海外(携帯)電話3 SKYPE

海外から(日本へ)かける電話には色々な方法がある。一番高いのがコレクトコール。自分は払わなくても良いが、受ける方は相当な額を支払う羽目になる。その次がホテルからの外線電話。その次が多分携帯からの電話。公衆電話からはかなりリーズナブル。


そして、携帯ではないけど今回1番安いぞと思ったのがSKYPE電話。これはコンピュータ+ヘッドフォンマイクが無いとダメなのと、ネット環境にないとダメであるが、その両方の環境が揃っていればかなり安い。もちろん、日本国内から外国へかける場合にも当てはまる。クレジットカードで1500円分のクレジットを買っておけば少しずつ減ってゆく。

ちなみに、日本国内からフランスのレストランへ予約電話を2回入れた時、合計5分22秒かけて、実験で自分の日本の携帯に15秒程かけて全部で39円! フランスから日本へ電話したら数分話して30円位だった・・・安い!!
計算してみないと分からないけど、日本でネット環境の時は携帯よりこっちの方が安いかもね。

あえて言えば、時々電波の都合で会話が途切れる時もあるが、まあ満足。最近のホテルはネットに繋がる所が多いので、安易に使える。日本へ、滞在国へかなり話したけどまだ1344円残っている。これは超お勧め◎

海外携帯電話2 Mobell

フランスのプリペイドSIMカードは前回も書いたように、期限が決まっているので数日の滞在でチャージするのはかなりもったいない。イタリアのようにチャージしてあれば1年持つのならやりがいもあるが、使うかどうか分からないのにチャージはしたくない。

そんな中、素晴らしいSIMカードを発見した。ここはクレジットカードの番号を登録しておくと、使った分だけカードから引き落とされるというシステム。そして、期限も無いのでフランスで使う時にはとても都合が良い。

更に良いのは、世界中どこでも(ほとんどの国を)網羅しているので、このSIMカードを入れておけばどの国へ行っても使えるという訳だ。でも、日本で試してみたが使えなかった・・・日本は独特のシステムだからね・・・

しかし、電話会社の本社はイギリスにあるので毎回イギリスに電話をしなければならないし、着信もイギリスからの国際電話になるのでイギリスに居る以外は毎回の電話料金が高くなる。それも半端ではない金額となるが、1分400円とか・・・緊急用ならば仕方が無い。でも、前回1回だけフランスで1分話したら160円だけ請求された。

そうそう、請求額も毎回日本の自宅に明細書が送られてくるので一応信用できる。

このカードはモベルと言うのだが、普段は5000円くらいするみたいだけど、サービスの期間だと無料でもらえる場合がある。前回ギリギリに申し込んだので、成田空港での受け取りで無料であった◎
http://www.mobell.co.jp/simcard/

長電話したり、頻繁に使う人には生産的ではないかもしれない。一応、私はフランスにいるときはこのモベルカード、イタリアではTIMカード、インドネシアでは毎回新しくするという方法を取っている。

                 情報は知らないより知っている方が絶対得をする   Kaossu

海外携帯電話1 SIMカード

機種によっては、日本の携帯を持っていってそのまま海外でも3G経由で繋がる物もあるが、ほとんどは簡単には繋がらないだろう。また、海外から海外へ電話するにも、一度日本へ国際電話をかけて、そこから国際電話で海外に転送する方式を取っているので相当な金額となる。

現地の人に電話番号を教えてあげても、その人は同じ市内にいる相手にも日本まで国際電話をかけなければならない。そして、着信にも費用がかかる場合が多い。緊急用ならばそれもいいけど、あんまり嬉しくない。


電話機にはSIMカードと言って電話固有の情報が書かれているICカードが入っている。ドコモならFOMAカードというやつだ。普通はその固有の電話機と固有のSIMカードが同じでないと使えないことになっている。これをSIMロックという。だから、人のSIMカードを自分のカードと交換して使うということは出来ない。

それに対して、SIM(ロック)フリーと言う電話機もある。これだと中のSIMカードを交換して使うことが出来る。国によっては、独占禁止法みたいのがあってSIMフリーの国もある(何処だか忘れた)。iPhoneもその国だけはロックがかかっていないはず。一概にSIMフリーの電話機は高くなる傾向がある。何故なら電話料金で電話機代を回収することが出来ないからだ。

とにかく、私はSIMフリーの電話機をNETで買ってその国のプリペイドSIMカードを使って携帯電話を使っている。フランスとイタリアとインドネシアは別々に持っている。バリ島のは250円位で買えるので毎回使い捨てにしているので毎回電話番号が変ってしまうがそれでも別に良い。

イタリアのTIMは1年間に20ユーロのチャージをすれば更新されるので、電話番号も変らずに済む。フランスは、最低の5ユーロのカードは15日しか持たないので使うときだけチャージをしていたらいつの間にか番号が消去されて使えなくなっていた。   ===続く===

タケノコご飯

私が作ったわけではないが、タケノコご飯。鶏肉と油揚げが入ってるのがポイント。
次回から薄口醤油を用意しておこう、少し茶色すぎたかな。春の味が◎
IMG_8873_convert_20090419014725.jpg

筍を茹でる

光ファイバーの先には膨大な情報のポテンシャルがある。調べ物をしたい場合はGOOGLEに単語を入れれば色々と知りたいことが手に入る。かつては電話線の先にはという表現をしていたな・・・


田舎からタケノコの生をいただいた、それも大量に。今年の値段は高いそうだ。
IMG_8865_convert_20090417142220.jpg


これを茹でるのは一苦労なので、嬉しくない時期もあるが食べる時になると嬉しくなる。環境によって感情は左右される。

色々な人の茹で方をNETで勉強してみる。何故、鷹の爪を入れるのか? 何故、常温になるまで自然に冷ますのか? 皮をつけたまま茹でた方がいいのか? 何処まで切ればいいのか? 米糠はどれだけ入れればいいのか? パラメーターは多大にあるので自分に相応しい情報を選択する能力も必要となる。

皮を剥くのが大変な作業として記憶していたが、元寿司屋の親戚から聞いたタケノコの茹で方ならかなり簡単。

まず半分にカットしてから皮を剥くとかなり安易に目的が達成される。これはやっていて気が付いた事だが、根っこの方が柔らかいのでそちらから包丁を入れて、その後に芽の方をきる方がやりやすい。
IMG_8866_convert_20090417142259.jpg

米糠と鷹の爪をいれて40~60分煮るのだが、大きい鍋というのはなかなかないので、パスタ用のとか色々とかき集める。ダンボール一箱はなんとかこの3個で茹でることができた。
IMG_8867_convert_20090417142331.jpg

茹で上がったら常温になるまでそのまま漬けておく。鷹の爪といい漬けておく事といい、あのえぐみを取るためだと・・・

今回は注意していたのでぜんぜんえぐみもなく、美味しいのが完成。さて、どういう料理になるかしら。試食は醤油とワサビにていただいた。

ALFAROMEO MiTo

イタリアパンク後新しくもらった車は アルファロメオのMiTo、ミートと読むらしい。これは、昨年デビューの新しい車で、Milano(ミラノ)でデザインされてTorino(トリノ)で生産しているからお互いの頭文字からとったそうだ。
Mito.jpg


URLはアルファロメオ社の動画 借りたのは映像のGTAではありません。
http://www.alfaromeo.com/cgi-bin/pbrand.dll/NEWALFA_COM/controller/home.aspx?language=1


メン玉が可愛い。これはイタリア国内でもあまりお目にかかれない新しいタイプ。そういえば、Europcarで借りた時の走行距離は23キロだった・・・ということは慣らし運転も出来ていない新車というわけ。
IMG_8679_convert_20090415220444.jpg



まあ、小排気量のディーゼルなので超キビキビした走りではないが、アルファお得意のスポーティーなセッティングとイタリア人らしきお遊び感覚には満足。
IMG_8610_convert_20090415220650.jpg



キーを回すとスピードメーターが一度最高まで行ってから戻ってくる。他の車でもやってるのかもしれないが、これはメーターのリセットの意味もあって心地よい。レスポンスもよろしい。



鍵を開けるスイッチを押すと、かわいく光る。ウェルカムライトをONにするかOFFにするかの設定も付いている。


鍵も赤でかっこいい。
IMG_8629_convert_20090415220606.jpg



今回、GOLFで115キロ、ALFA Mitoで1553.5キロの 合計1668.5キロを8日間で運転した事になる。
足で稼いで努力しています。

Ferrari

イタリアにほフェラーリがうようよしていると思いがちだが、ほとんど街中で見かけることはない。東京の青山にいたら一日一回見ることが出来るかもしれないほど、東京の方がたくさん走っている。年間5000キロイタリアを走っているが、フェラーリを見たのは3回位しかない。今回珍しく高速に入ってきたので写真などを撮ってしまった。もちろん、このときは運転してない時ですからね。
しかし、この音は他にはない音なんだな。混雑してたので爆走する映像は見られなかったのがちょっと残念。
IMG_8669_convert_20090414213630.jpg

IMG_8673_convert_20090414213759.jpg

また パンク

ミラノ市内をレンタカーで走っていると、前に走っていたバイクの青年が上を指差してこっちに何か言っている。空を見てもUFOが飛んでいるわけでもなく、飛行機が落ちてくるわけでもない。こういう時は車に何か異変が起きているということだ。

車を停めて後ろに回ってみるとタイヤがパンクしている・・・運転していても全然気が付かないものだ。予約しているレストランに15分程遅れてしまっているが、ここでタイヤを交換しているともっと間に合わない。レストランへ30分遅れると電話してスペースセーバータイヤと交換する。ここまでくると自慢だが、イタリアのパンクは4回目だ。今回は交換に10分を切った。慣れてくると何でも効果的に行動が出来る。

何事も無かったように、レストランでシーフードイタリアンを食べて次の日に対応することにする。

最近はタイヤの保険に入っていないので(3回保険に入るだけで新しいタイヤが買えちゃうからね)タイヤ代は払う事になる。リナーテ空港まで行って車を交換してもらうことになった。今回はゴルフのPLUSというちょっと大きい車だったので嬉しかったが、電話をしたら小さいのしかないぞとのこと。行ってみたらアルファロメオの小さい2ドアになっていた。こっちの方が嬉しい位だ。

ゴルフのディスプレーは青い文字でかっこいい。1日で115キロ走った・・・が今日でお別れ。
IMG_8524_convert_20090410062401.jpg

スペースセーバータイヤを履いている所
IMG_8520_convert_20090410062210.jpg

交換したタイヤ
IMG_8521_convert_20090410062247.jpg

ゴルフプラス
IMG_8522_convert_20090410062327.jpg



新しいアルファロメオでトスカーナまで行ってミラノへ帰ってきた。もう950キロ走った。

トスカーナの朝

ここはトスカーナにある田舎のホテル。朝は霧につつまれる。
IMG_8530_convert_20090409163457.jpg

IMG_8549_convert_20090410052940.jpg

IMG_8542_convert_20090410053116.jpg

高速の入り口からほんの10分入った所なのにこんなのどかな雰囲気となる。

パリの朝

数日前まで冬だったそうだが、昨日から暖かくなり14度~16度の春の気配。緑の息吹が感じられる中、朝日が昇る。

IMG_8179_convert_20090405120129.jpg

IMG_8182_convert_20090405120217.jpg



ラッキーアップグレード と 映画

プレミアムエコノミーにアップグレード。そんなに高くもないけど、飛行機代は2倍くらいする。エコノミー席が満席になるといいお客様 (いや回数が多いだけです) は、上の席にする場合がある。ちなみに、いいお客でなくてもラッキーを得るということもある。

過去にANAで(そんな時代もあったのね)成田→パリでもなったことがあるが、別に当時は普通のお客様でした。初めての経験でチェックインカウンターで万歳を我慢した思い出がある。

そんな訳でのプレミアム。料理はエコノミーと同じだがエコノミーでは出てこないシャンパンも飲めるし、途中インスタントラーメンも食べられる(パンにしたけど)、そして嬉しかったのは、ディーン アンド デルーカのバニラアイスも出てくるのだ。これは初めて食べたけどかなり美味しいな。ハーゲンダッツの荒らさよりも更にクリーミーに出来上がってる。

席は1番前の広い席◎ モニターを肘掛から出さなければならないが、それより足元が広いほうが嬉しい。

IMG_8173_convert_20090405114105.jpg

PCの電源もしっかりついている。
IMG_8172_convert_20090405113816.jpg


映画は豊富にあるのでJALは好き。

●スラムドック&ミリオネアー
 作品賞・監督賞を含むアカデミー賞8部門を受賞。インド ムンバイの貧困街の雰囲気の中力強く生き残る世界も見られるし・・・う~ん良い雰囲気◎ 良く出来ている。ファイナルアンサー と言う みのもんた のあの番組は日本も何処からか買ってるんだなと納得。

●地球が静止する日
 キアヌーリーブス主演の古典SFのリメイク。宇宙人が出てきたり確かに古いアイディアだが、だが、だが、それなりの娯楽映画、悪くはないし見る価値もある。

●ベンジャミン・バトン 数奇な人生
 これもアカデミー賞を3個獲得の大作 (作品賞を含む13部門にノミネート)。セブンのデビットフィンチャー監督。ブラッドピットも出演。無理な設定は映画としてかなりの名作に見えることでしょう。良く出来てる◎

●イエスマン
 飛行機の中で笑いをこらえるのがかなり辛い映画。時々身体がヒクヒクしてしまう。ジムキャリー主演。NOばかり言っている根暗な人間がなんでもYESというセミナーに参加してから人生が輝きだす。いや、これ本当だと思うな。ここまでやらなくてもいいけど、人生に参加をするというのは人生を活性化させる。

ミストラル

2月の話題。フランスには季節風というか冬に台風のような大風が吹くときがある。プロバンスの(他の地域もそうかも?)ホテルの人が、この風をミストラルと呼ぶんだと英語で教えてくれた。今は知らないけど、かつてそんな名前の特急がヨーロッパに走っていたと思う。



計画通りフランスには数日前に入ってプロバンスに数日滞在して、10日にパリに移動した。本来パリには10日に入る予定だったので、日本から直接だったら10日着の飛行機で来た事だろう。


【フランス】パリの2空港、強風で10日午前まで閉鎖に
2月10日7時55分配信 NNA
フランス・パリにある2つの空港、シャルルドゴールとオルリーが強風のため、9日午後8時(現地時間)以降閉鎖となっている。空港当局は10日朝10時に再開予定と発表している。低気圧の到来により最高で毎秒30メートルの風が吹くとの予報が出ている。空港では、具体的な発着スケジュールについて、当該航空会社に確認するよう呼びかけている。



12時間後の現地の天気は予想は出来ても見切り発車しなければならない。パリへ入る国際線はロンドンへ行ったり、地方へ行ったりで大変だったことでしょう・・・ 空港が閉鎖されるのは34年ぶりとか、空港始まって以来とか・・・

出した

また出た。 ・・・というより出したのは消費税の確定申告。3月15日(今年は16日)は所得税の確定申告。売上高1000万円以上の人は3月31日までに消費税の確定申告をしなければならない。ちょっと面倒だが、すでに計算は出来ているので、ちょいちょいと書けば申請書は出来てしまう。しかし、連日の忙しさでまだ荷物のPACKが出来ていない中、やっと最終日に出す事ができた。

所得税の最終日は同じ税務署かと言うほど大混雑であったのに、今日はいつものようにひっそりとしている。受付の女性はパラパラと書類の確認をしただけでスタンプをおして受理してくれた。勿論他にはだれもいなくて、30秒の出来事・・・・ある意味安易でよろしい。


また出た。先ほど、荷物を引き取りに来た。JALがやっているABCでは荷物の宅配便をやっている。別にヤマト運輸でも佐川急便でも日通でもやっているのだが、我が家としてはABCが一番良い。西濃運輸が実際宅配業を代行しているが、ABCだと何故良いのかというと、手ぶらサービスと言うのがあるからなのだ。普通の空港宅配便だと、成田空港で荷物をピックアップしてからチェックインカウンターで荷物を運んでから預けることになるが、ABCを使うと我が家で荷物を預けたらそのまま現地の空港のターンテーブルまで運んでくれるのだ。今回なら、我が家で本日の夕方預けた荷物は、明日の夕方 パリ シャルルドゴール空港ターミナル2Fのターンテーブルで引き取る事になる。3月中旬までは手ぶらサービス代は無料であったが、今は普通の荷物の郵送代1650円+500円を加算する事になる・・・がこの便利さは500円では安いと思う。他の航空会社はどうだか知らないのと、JALでも他社便(コードシェアー便)では使えない。


まだ出ない。明日も成田空港までは自家用車で行く事にする。14日間駐車して6820円の安さ。行きは駐車場まで車で行き、そこから専用バスにて空港へ、帰りは電話すると車を空港まで持ってきてくれる。おまけで洗車もしてくれている。多分1時間位の運転なので、運転も辛くない。現地では一日300キロ運転する日もあるのでこれ位12時間の飛行機のあとでも大丈夫。

Home > 2009年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。