Home > 2009年06月

2009年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

かい

櫂(かい)はお店の名前

いわきへ出張すると終わった後のお魚が楽しみ。今回はいつものお店が予約取れなかったので、別のお店へ行く事に。比較すると割安感は少ないけど、美味しくて値段の割りに満足であるのは変わらない。

これは刺身盛り合わせ3人前
IMG_2229.jpg


あなごの天ぷら、このプクプク感は特筆物
IMG_2233.jpg


かき揚げ・・・なるほど春菊を使うのね
IMG_2232.jpg


もつ煮込み
IMG_2231.jpg


煮魚(赤なんとかという・詳細忘れた)
IMG_2237.jpg


なんだかんだで美味しい所◎
あえていえば、この後200キロ運転なのでお酒が飲めない事だ・・・・


櫂(かい)
いわき市植田町南町1-2-10  TEL:0246-63-0888

カユマニスジンバラン -2

前回は朝食を紹介したが、今回の-2では建物や環境、次回-3では昨年やった素晴らしいイベントを紹介しよう。

ここは自然の中に建物を上手く溶け込ませた構造で木が多い。どこを切ってもこんな風景。
IMG_1904.jpg

IMG_2089.jpg


微妙なジグザグになった道を見て欲しい。ちなみに、従業員はお客様とすれ違う時にはさっと道をゆずって立って待ってくれつつ、挨拶をしてくれる。お客様とは直接関わらない庭師のような人までも良く教育されている。
IMG_1566t.jpg

IMG_1878.jpg


この手の高級Villaやホテルはユーティリティー(設備)よりも、人間にサービスはかかっていると思う。お金を出せば、良いデザイナーを入れて建物だけは高級な物を作る事はできる。しかし、人材は資源なので良い人材は発掘するなり、スカウトするなり、育てるなりしなければならない。このエネルギーは大変なものとなるのが予想される。

特にマネージャーの言動が従業員に影響されるし、オーナーの意見も重要である。エンドユーザー(お客様)がどんなサービスを受けられるかどうかはTOPのありかたに比例すると言ってもいい。つまり、今までの評判がマネージャーが変わってしまって色々と良くなったり、サービスの質が下がったり上がったりする。オーナーがしっかりチェックしていないと、質の低下は免れない。物事は拡散する方向に収束する→ほおっておくと、どんどん乱れる。エントロピーの法則だ。

最近バリ島も高級志向になりつつあり、リゾートとしての地位を確立してきた。高いお金を出すからにはお客様は高いサービスを期待する。今後も頑張ってもらいたい。


Villaというのは、ホテルでありながら庭付きのイメージ。勿論プライベートプールもある。この敷地内が客室というわけだ。
IMG_1541.jpg


室内は、こんな感じで広くてクール◎
IMG_1545.jpg


夕日も綺麗だ。
IMG_1991t.jpg

IMG_1988.jpg


ルームサービスで自分の部屋で食事も出来る。これもまた嬉しい。ウェルカムサービスで、スパークリングワインも1本付いてくる。(シャンパーニュではないけどね)
IMG_1880.jpg

IMG_1887.jpg

IMG_1886.jpg


手配は、超丁寧、超かゆい所に手が届く、大人対応の ”バリチリ”からどうぞ。
http://www.bali-chili.com/

カユマニス ジンバラン
http://www.bali-chili.com/hotelvilla/jimbaran/kmj/index.html




ケッチャックダンス

ウルワツ寺院 (Pura Luhur Ulu Watu) はバリ島の南西に位置し、夕日が綺麗な所として有名。かつ、ここでは毎日夕方日没前にケッチャダンス (kecak・ケッチャックとも言う) をやっているという。このダンスは男数十人で演じるエネルギッシュでエキサイティングなもの。偶然見たことはあるが意識的に見に行った事は無いのでみんなで行く事にする。

このエリアは少し遠いので、ホテルの無料トランスポートでは対応外となるのでタクシーをチャーター(とは言ってもハイエースだけど・・・)して、送り迎えをしてもらう。

ちなみにウルワツ寺院のすぐ近くには、あのブルガリのホテル(VILLA)もある。昨年行った(ディナーだけ・泊まっていない)があそこは別世界を創り出している。高級リゾートというのはこんなのを言うのだなぁとも思う。

お寺を見ても正直良く分からないが、海岸線の景色は素晴らしい。ちなみにスミニャックの少し北にあるタナロット寺院もまた美しい。
IMG_1737.jpg


その一部にある円形屋外ホール? では、数百人は入るだろう安易な階段状観客席がある。座る場所によっては夕日を見ながら、ケチャックダンスを見ることも出来るが、夕日になるまでは、太陽の直撃を体験しなければならないというディメッリットもある。道の先端にある木組みの所が会場。
IMG_1734.jpg


チケットの代金は青いお札の50000ルピーだ・・・五万と聞くと一瞬高そうに映るが日本円に変換すると500円なので実は安く感じるべきのはずだが、ここの貨幣価値に慣れてしまうと500円でもバカに高く感じてしまうのは不思議なもの。

徐々に地球が回転し太陽が沈んでいくように見える。
IMG_1756.jpg

IMG_1780.jpg

IMG_1738.jpg

IMG_1802.jpg


スタート前には手配士のような彼が席を詰めさせて少しずつ緊張感が生まれてくる。
IMG_1772.jpg

裸の男達が”ジャジャジャジャ”と合唱するエキサイティングなヴァイブレーションが空気を通して伝わってくる。
IMG_1792.jpg

IMG_1801.jpg


1分間だけの映像
http://www.youtube.com/watch?v=wfjwwYGXSz8&feature=channel_page&fmt=18


結局満員となる。この日は土曜だからかもしれないけど。
IMG_1822.jpg


夕方から夜まで丁度いいタイミングでやってくれる。
IMG_1739.jpg

IMG_1770.jpg



IMG_1861.jpg

IMG_1872.jpg


手配は、超丁寧、超親切、 ”バリチリ”がKaossu お気に入り◎
http://www.bali-chili.com/about_bali/temple-remain/uluwatu.html




カユマニスジンバラン -1

-1と付けたのは、今後2-やら-3の可能性があるということ。ここには一回では書き表せないほどのヴォリュームがある。ここは昨年に続いて2度目・・・バリ島には数多くの魅力的なホテルがある中でリピートをしようというのはそれだけの価値があるということ。

”カユマニス”は現地の言葉でシナモンのこと。バリ島には同系列にカユマニスウブド、カユマニスヌサドゥアがあるが、各々独特の特徴がある。(ヌサドゥアには行ったことない)ウブドは今回はじめて行ったが森の中で自然と調和している、溶け込んでいるといっても良い。

そして、ここジンバランは空港から車で15分程の近い距離にあるという地域的メリットは帰国の日にここから出発だと空港で無駄な時間を費やさないで良いというおまけのメリットもある。・・・がスタイリッシュなこの雰囲気は Villa タイプの中ではトップレベルのことでしょう。ちなみに、建築時ヤシの木は1本しか切らなかったという、ヤシの木を縫って建物の設計をしたというほど、自然を大切にしている。

http://www.kayumanis.com/japan/home.htm

あとは、朝食が美味しい◎

カユマニストースト カリッと焼いたパンにシナモンシュガーがほんのり
IMG_1925.jpg


トリュフエッグ スモークサーモンで包んだ中にはトリュフの香りとフカフカ卵
IMG_1929.jpg


エッグベネディクト 
IMG_1928.jpg


半分に切ると黄身がとろりんこ
IMG_1932.jpg


ブブルアヤム ブブル(お粥)は色々と食べたけどここのが1番美味しいと思う
シェフに聞いたら、カキソース、ごま油、醤油、鳥の出汁がポイントとのこと
IMG_1922.jpg


ミックスジュース
IMG_1921.jpg


バナナパンケーキ
IMG_1926.jpg


カプチーノには、カユマニスの K が・・・
IMG_1934.jpg


とにかくここの朝食は美味しい◎



Kayumanis Jimbaran
Address: Jl, Yoga Perkanti, Jimbaran
TEL NO: 0361-705777  FAX: 0361-705101


ご予約は、お勧めツアー会社 バリチリへ・・・・
http://www.bali-chili.com/

カユマニス ジンバラン
http://www.bali-chili.com/hotelvilla/jimbaran/kmj/index.html






南十字星

南十字星、英語ではサザンクロスという。南半球にいると見ることが出来る。たかが赤道より南にいるだけで、ちょっとしたことで世界が違うんだな。太陽は東から出るのか? 家の縁側は北を向いているのか、それとも南か? 本当に洗面器のうずまきは左回りになるのか?
この写真は シャッター速度5秒、壁を使っての手持ち撮影。
IMG_0913.jpg


色々な事が不明確になってくる。ちゃんと調べるか考えれば正解も出るものだが、直感ではピンとこない。ちなみに、渦の回転方向は 地球の自転に影響される"コリオリの力"によって右周りか左回りが決まるそうだ。そう、フーコーの振り子の角度が変わっていく原理と同じ。

しかし、それは台風の方向のように膨大な質量がある時には影響するが、洗面器の渦のように小さい所では関係ないそうでもある。


夏の低い空に見える、さそり座もこの辺では真上に見える。アンタレスの赤い星があの辺で光っているとちと似合わないものだ。写真では下の方にぼやっと長細いのがさそり座。15秒 ASA3200の 長シャッター、高感度にて撮影。三脚が無いので、床置きです。
IMG_2064.jpg


初めてバリ島に行く友人に、赤道を越えると飛行機の中では放送があり、赤道通過記念品がもらえると言ってあげたら信用されてしまった。たかが赤道、しかし色々な反応が呼び起こされる。

昨年の日記:サザンクロス




ラ・ルッチオーラ

何度もココへ来た事あるが、夕方来たのは初めて。海岸沿いにあるので夕日が綺麗なので有名な所であるが、夜は忙しいのでチャンスが無かった。
IMG_0145.jpg


ホテルの車でに送ってもらう。ちなみに我が Villa Air Bali では、近くなら無料で送迎してくれるありがたいサービスがある。調査した所18:00前後に日の入りとのことなので、17:30の予約で出かける。まあ、ほんの5分くらいなんだけど・・・
IMG_0163.jpg

この日はお祭りのようで人が多く出ている。シルエットが綺麗に写る。海岸に沿って色々な人が通る。凧売りの商人、学生達、観光客・・・
IMG_0164.jpg


ここのジュースはとても美味しい。ただ100%の絞っただけの所は他にもあるが、ここのはいかに美味しく提供できるかを考えてあるような気がする.シェフもクールでかっこよい。
これは、ミント・パイナップル と ストロベリー・ウォーターメロン のジュース。普通は食べないパイナップルの芯をひし形にカットしてあるのが特徴だ。
IMG_0464.jpg

キノコのリゾット
IMG_0209.jpg

シーフードニョッキ
IMG_0210.jpg

毎度ココには行きたくなる、雰囲気と値段と味と全てが満足できる場所◎◎
IMG_0211.jpg

IMG_0230.jpg

前回の日記
http://takaossu.blog96.fc2.com/blog-entry-38.html



La Lucciola Jl.Kayu Aya,Petitenget Temple,Kerobokan BALI
TEL:0361-730838



機内の映画

ほとんどネタバレしていないけど、厳密に言えば宣伝レベルの内容は分かってしまうかも。

JALの飛行機ではほとんどの機種で多くの映画から選択が出来る。毎回何か新しいのが見られると言うわけ。今回デンパサールまでの7時間で2つだけ。。。


グラントリノ
タイトルはアメリカが作ったイタリア舞台の映画みたいだし、車のレースの話みたいだ。しかし、あのクリントイーストウッドが主演のようだし、良い評判も聞く。なんだかアメリカの田舎のつまらなそうなスタートだなぁ・・・がんこじじいのお話だ。しかしつまらなくない。皆にみてもらいたい映画だな。かなり好きだ◎

ザ・バンク 堕ちた巨像
クライブオーエン、ナオミワッツ。銀行が舞台のサスペンスのようだ。ボーンアイデンティティーシリーズのような組織と権力に立ち向かう話だが、多少の無理もあるがグイグイ引きつけるストーリーと迫力は一見の価値有り。面白かったと残ることでしょう◎
大体CIAとかFBIが出てくるのは好きなのだ。
余計なことだが、いつも見ているミラノ中央駅やら泊まった事もあるエクシオールガリアホテルが出てくるのも嬉しい。ピレリービルの屋上の絵も初めて見た。

IMG_0039_convert_20090609194327.jpg

機内ではエビスビールも飲める。我が自前のノイズキャンセルヘッドフォンは右のフックにかけるとコードが引っかからなくてよろしい。

あらじぃ

Around じじぃ にはまだ程遠いが (もしかしたら訪れないかもしれない)、世間で言う所の年齢だけはあなたや赤ん坊さえも含めて1年1年着実に近づいている。私の誕生日から数日過ぎたあたりでサプライズ。わがチームメンバーから祝福を受ける。
200906032148000-1.jpg

細長いケーキが登場。確かにこれなら薄く切って皆で食べることが出来る。味もまた美味しい。
さすがに "ん本" のロウソクを立てて火をつけるわけにもいかないのでロウソクは無し。
「誰か写真とって・・・」とケーキの写真を撮ってもらうとしたら、”私を撮って”という風に伝わってしまったようで、周りにいた10人位チームメンバーが携帯を取り出す。一瞬スターになった気分である。

その他、美味しい日本酒もいただいて、ダブルで嬉しい。皆さんどうもありがと。
IMG_0022_convert_20090604223355.jpg
上喜元 これで ”じょうきげん” と読む (≒上機嫌)というわけだ 。

Google Chrome

PC話題なので、興味がない人はスルーしてくれたまえ。

以前はインタネットエクスプローラー(IE7)を使っていたが、Firefoxというのが出てきたので比較してみたら、こっちの方が速いのでこちらを使っていた。しかし、突然もっと速いのがあるのではないかと思い立ち(突然の閃きは成果をもたらす場合が多い)、GOOGLEにて、 ブラウザー 速い と入れてみたら色々と出てくる。OPERA も使ったことあるが、言うほどのこともないのでいつの間にかアンインストールされていた。

色々な人の評価を見てみると、どうも GOOGLE CHROME(グーグル クロム)が速いようだ。こんなブラウザあったか? と思うが、機能を簡略化して軽くしてあるとのこと。私はあまりこてこてといじくりまわさないので、簡単な機能で充分だ。

ちなみに、クロムは金属のクロム(原子番号24番 Cr )と同じスペリング。意味があるのかしら? クロムメッキのクロム・・・


ダウンロードも速い、あっという間にやってくれる。再起動も必要としない。
http://www.google.com/chrome/intl/ja/landing.html?hl=ja
→ダウンロード

おおお、立ち上がりも速いぞ。1秒かからないで立ち上がる。瞬間とも言える位だ。
ここから、何処かへ飛んでもあっという間に画面が変わる。電話線でインターネットをやっていた時代から、一気に100Mの光ファイバーに変わったようだ。又は、ノーマルの軽自動車が、1000ccのバイクになったようだ。両方ともちと大げさだな。


PCに興味がある場合は、ここを読むと面白い。タイトルは Chromeは何故速いのか。
http://www.atmarkit.co.jp/news/analysis/200812/22/chrome.html
→ Chromeは何故速いのか

いいコピー : グーグルはスピードに取りつかれている

ここまでやってくれると顧客は満足するということだ。皆さんは満足を提供しているかい?



東や

福島県 いわき市 植田にあるお勧め飲み屋。名前は 東や と書いて あずまや と読む。以前、アナゴの稚魚 "のれそれ" を食べた所だ。今回の特筆物は うみぶどう が出てきた。

過去の日記↓
のれそれ
いわきのお魚

お刺身、これで2人前! 鯛1匹、しま海老2匹、あんきも、かつお、ツブガイ、かわはぎの和え物、うみぶどう、そしてウニ一皿・・・もっとあったかな? もしかしたら知人だというサービスもあるかもしれないが、多いことには変わりがない。
IMG_9491.jpg


煮魚、金目鯛 と どんこ
IMG_9494.jpg

IMG_9495.jpg


手前にあるのが、うみぶどう 塩味が効いていて、ツブツブ感(いやプチプチ感)もいい
IMG_9489.jpg


焼き魚 名前忘れた
IMG_9493.jpg


値段を調べずに頼んでしまって、美味しくて驚いた 河豚のから揚げ。ちみみにこれはメニューの中でも高い方で、一皿1500円ほど、この皿は2人前。
IMG_9492.jpg


ホタテのサラダ
IMG_9486.jpg
他にも少し食べた・・・

私ともう一人は車の運転なので飲まなかったのと、中学生も含めてではあるが、6人で2万2千円台・・・・この辺に住んでいる人が安くて美味いというのだから、東京から来た人はこの量、このクオリティーを目の前にしたらぶっ飛んでもしかたがない・・・・


http://www.abc-iwaki.com/co/azumaya/
http://www8.ocn.ne.jp/~azumaya/index.html

東や
住所:いわき市植田町本町三丁目2の9  電話・FAX:0246-63-2961




Home > 2009年06月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。