Home > 2011年08月

2011年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ある日のディナー

毎日ではないが、時々このような豪華な食事を作る時もある。自慢だがある程度の実力があると初めてでも作り方を読むだけでほぼ味の予想がついて完成品を作ることが出来る。作者と同じ味なのかどうかは食べたこと無いので分からないが、普通にハイレベルの味になることは確か。さらに、行けば作り方を見なくても材料から料理の完成品を創作することもできる。有名なシェフはこんな風に料理を創りだすのだと思う。やはり、料理人はデザイナーであるのだとも思う。

これだけではないが、アントレEntrée・フランス語 = アンティパスト antipasto・イタリア語 = 前菜 は、マグロと帆立貝とアボガドにディルを混ぜて、軽くわさび醤油で味付け。セルクルで型を整える。これだけで、味は素晴らしく見た目もかなり綺麗。常温よりやや低めの温度設定は、口の中でとろける食感◎
IMG_3220S.jpg


大きめの蛤 (はまぐり) があったので、擬似的にエスカルゴ風にしてみる。ニンニク炒め+バター+バジルペース卜。蛤は口が開いたらすぐ火からおろして、レア加減を残しつつ殻を開いて片側だけにする。それにソースをかけるだけだ。エスカルゴ風にしたかったら、パン粉をまぶしてオーブンで焼けば出来るだろうが、レアさ加減が失われると思い極力火を入れないようにする。ちなみに、かたつむりは泥臭くてソースで味付けしないと美味しくない場合アリ。(だからニンニクで味つけるんだ) 今回は自分で作ったのはこれだけ・・・
IMG_3243S.jpg


これは、料理とは言えない。フォアグラの缶詰を切っただけ。でもぉ~かなりいい味に仕上がってる。フランスだと、フォアグラは前菜にこの手のパテ状態で出てくる場合もあるし、ポワレ(焼く)して出てくる場合もある。どちらも同じ材料であるのだが、味は全く異なる世界となる。年代物のバルサミコとと、シャンパーニュとの相性もばっちり◎
IMG_3235S.jpg


豚肉のローストとマッシュポテト。フィレ肉はなるべく火を通さない方向で焼いてから、マッシュルームのソースを作り、別に用意したマッシュポテトを添える・・・だけだが、かなり面倒だ。ポテトの裏ごしはかなりの労力を要する。友人にコツを教えてもらったので次回からはもう少し効果的に作ることが出来るだろう。これに関しては裏ごししかやってない。
IMG_3257S.jpg


パリのワイン屋の友人 (日本人) が推薦してくれたワイン。シャンパーニュ と 赤。ここはビオ (自然派) しか扱っていないので、ワイン屋多しとも隠れた名店 ・・・だと思う。自然派のワインって、スッキリという形容詞がぴったり来るような気がする。喉にひっかからないで、するりと飲めてしまう感じ。それでもって、引っ込んでいず主張があって存在感がある。簡単にいえば美味しいということだ。ところが、日本で何も知らないで買う自然派ワインはイマイチな場合が多い。何故だかわからんが、美味しくない。ところがここの推薦は全部美味しい、それでもって高くない◎
IMG_3260S.jpg


Crus et Decouvertes 
7, rue Paul Bert 75011 Paris 
TEL: 01 43 71 56 79 

夜に炭水化物を食べないダイエット

自動車やバイクの重さの基準に、乾燥重量というのがある。これは、ブレーキオイルとかガソリンとかウォッシャー液のような液体を含まない重さということ。車は例外を除いて重いより軽い方が人気がある。だからなるべく軽く見えるように少なく言いたい。大型ならガソリンタンクも多いだろうし、エンジンオイルも多いので、消費者には重く感じられる。よって、液体を除いた重さを乾燥重量というわけ。

人間の体重も多くの人が多いより少ない風に見られたい。こんなに痩せてるのに 「太ってるでしょ・・・」 なんて言われると ”場を読め” と言いたくなる。本当に太ってる人が言うならまだいいが、相手は自分より重いと予想される人には言うべき言葉ではない・・と私は考える。

よって、体重計に乗るときはなるべく軽くしておきたい。朝起きたときは夜に汗を1リットルかくとも言われいるし、その他出せるものは全部出して最軽量にしてから測定。これ以上軽く出来ないDATAなら言い訳をしなくてもいい。

さて、本日の測定値は近代見たことない数字を目に入ってきた。 65.0Kg これが多いか少ないかは相対的なもので個人差もあるだろうが、私にとってはここ数年、68~69キロ代を維持していたので、これは画期的◎

行動しない所には成果はない。成果があったときにはその前に行動があったということ。じゃ、何をやったというとタイトルのように、=夜には炭水化物を食べないということ= ご飯を食べるのが日本人の習慣であるので、これはなかなか難しい。日によってはパスタを食べる時もあるし、うどんを食べる時もある。しかし、少しの努力でここの部分は突破できるものなのだ。またあんまり厳しくしてもなんなので、トンカツのパン粉やら餃子の皮などはOKとしたし、時々ならパスタも食べた。それでも気おつけているだけで相当量を減らすことが出来る。そう、別に油や肉も食べていいのでおかずだけ食べればそんなにきつくない。野菜炒めなんかはそれだけで夕食になる。お腹が空いたという体験はほどんどしないで、楽に出来る◎


同時に2つの事をやってしまうと、どちらが原因になっているか分からなくなる。実はもう一つやっているのは、=健康お茶を飲むこと= これはひょんなことからサンプルでもらったのが美味しかったのと、それが美味しくてサクサク飲めて、健康にいいとのことなので飲むようにした。後で知ったら、ダイエットにも効果的なので一石二鳥。一袋で1リットル作れて、100円弱と安くはないが、価値はありそう。
IMG_3178S_20110810172514.jpg

http://www.binchoutan.com/sarari/index.html

・・・・ということで、炭水化物とお茶で痩せてきました。一応ご報告。

Home > 2011年08月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。