Home > 2012年01月

2012年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ホテル日航東京の天麩羅屋 吉野

ホテル日航東京 (お台場) にある ”吉野” という天麩羅屋。味が良い所は他にも沢山あるだろうけど、この景色を見ながら食べられるというのはなかなか無いはず。ここは数回リピートしてる・・・ということはとても気に入ってるということですな。
IMG_0246t.jpg


夜景も魅力的だけど、値段が魅力的なランチは超コストパフォーマンスがよいです。カウンターのみ10席という密室感もアリ。全席パノラマ視界付き。

初めに海老の足・・・カリカリの食感と微妙な味で顔が綻んでしまいます。
IMG_0175t.jpg

この中から7種類選択して、目の前で揚げてくれる。この後の写真は5人の中から撮ったので、種類はランダム。天麩羅以外に小鉢が2つ (これも美味)が出てきました。まぁ、この日のメニューなので毎日同じかどうか分かりませんけど。
IMG_0171t.jpg

椎茸
IMG_0179t.jpg

タマネギ
IMG_0183t.jpg

舞茸
IMG_0206t.jpg

穴子
IMG_0213t.jpg

モンゴイカ
IMG_0189t.jpg

鱈の白子
IMG_0188t.jpg

鱚(キス)かな?
IMG_0190t.jpg

茄子
IMG_0182t.jpg

7種類とは別に海老が2本付いてきます。
特製の焼き塩、天つゆ、レモンの好きなモノから選べますが、塩が一番美味しいな。
IMG_0177t.jpg

この景色とビールも似合います
IMG_0202t.jpg

これは飾りだけど綺麗
IMG_0216t.jpg


最後にかき揚げ+ご飯
IMG_0226t.jpg

又は、かき揚げ丼
IMG_0231t.jpg

又は、かき揚げお茶漬け
IMG_0228t.jpg

デザートにゼンザイ 又は フルーツ?
IMG_0234t.jpg

これだけ食べて、平日のランチ価格は5250円+サービス料
かなりお買い得だと思います。夜はもっと**だと思います。
JALカードの CLUB-Aカード か グローバルカード を持ってる人は更にお得があるかも・・◎

ちなみに、このホテルにある 中華料理 唐宮 もまた美味しいのでお勧めです。昔のTV番組 料理の鉄人で 鉄人に勝った料理長でした。他の料理は食べたことないので分かりません・・・

それにしても、ここは ダサい男 と一緒に来たいものだ・・・・(真逆)

野菜のポタージュ

作る予定もないのに、食材を一応買っておくのは好きでない。腐らない物ならまだいいが、時間と共に劣化してゆく物は許容範囲内に処理をしなければならない。
母親が後で何か作るつもりで買ってきた、ニンジン、カボチャ、ゴボウ。もう作る気は無いみたいだ。にんじんは昨日のチャーハンに少し使ったが、これらを使い切る算段がない・・・しばし考える。
DSC_0027.jpg


そうだ ”あれ”をつくろう。以前単体では作ったことあるが ”あれ”ならこれら全部を使えるだろう。まずは熱が通りやすくするためにスライサーで薄く切る。カボチャはさすがに包丁で切る。どうせ後で全部ゴチャゴチャになるのだから、大きさも厚さもバラバラで結構。量も適当でいい。初めて作るならカボチャ単体がいいと思うけど。
DSC_0028.jpg


これらをフライパンにいれてバターで炒める。量も適当でいいのだが、これを書くために今回の適当な量の重さを測定しておいた。この量の野菜でバターは 80g でした。今回は無塩バターを使ったけど、有塩でもいいはず。あと、理論では何処で入れても同じような気がするが先に入れたほうがいいと思うので塩は適量を先にふりかけておく。はじめは強火でもいいけど熱が通ってきたら焦がさないように弱火にて20~30分炒めてドロドロにする。このあとフードプロセッサーにかけるので適当でもいいのだが、充分火を通しておきたい。
DSC_0029.jpg


粗熱取れたらフードプロセッサーで粉々にする。この後裏漉しするので、なるべく小さくしておきたい。あまり連続でONしっぱなしにするとモーターが焼けてしまいそうなので、途中休憩しながら10分位やった。
DSC_0031.jpg


この次が重労働。バラバラとはいえ繊維だらけなので食感を滑らかにするため、裏漉しする。昔はチマチマやっていたが、友達でお菓子の先生に教えてもらったら網 (フルイ)は斜めにして、木のヘラを左手で一気に押す感じで圧力にてやるとのこと。なるほどこれなら運動量が少なくて済むな。何事も基礎とこつは知らないと損する。これでマヨネーズより少し固い位のソフトな感覚。
DSC_0032.jpg


この先はセンス、600ccのスープを作るのに↑これをレードル軽く1杯。あとはお湯と牛乳と生クリームを足すだけ。もし、塩が足りなかった一番最後に入れて調整。このバランスは何回かやって自分の好みを探すしか無いね。間違えてもコンソメとかなんとか出汁とかは入れちゃダメ。野菜から独特の旨みが出ているのでそれを堪能する。沸騰する直前まで温めて完成。


おっと、”あれ”の名前はポタージュ。昔はポテトのスープことをポタージュと呼ぶのだと間違えて理解していたが、野菜のどろどろスープのことをポタージュというのだそうだ。


今回上手く出来たのでいつも自慢ばかりしていて食べさせてない世話になってる (でもかなり世話してるけど・・) 我チームの有志におすそ分けする意図で魔法瓶(500ccのポット)に入れて外出。

タカオさんの料理は貸しを作るか親戚にならないと食べられない  ・・タカオ。

この先はGood idea なので、真似なくてもいいけど豪華さを演出するために、鯛の刺身を買ってきて薄くスライスしておく。そう、スープを入れる前にカルパッチョ状態の鯛をいれておいて、スープの熱だけで加熱したしゃぶしゃぶ状態の中身が小サプライズ。環境が環境なので、紙コップにいれてのサーブだったけど、かなり満足を提供できたと思う◎

DSC_0047.jpg

野菜の優しい味がしみでていて、さっぱりこってり。これなら作ったかいもあるというもの。ミシュラン星付きレストランでこれが出てきても満足だろうと思う。どうせ作るならそのへんのレベルだと私が満足しないの。





地ビール 伊豆屋商店

Facebookの凄い所は、本名を知っていればかなりの確率で相手を探すことが出来るということ。まだまだ全員がやるほどのレベルではないが、名前を入れて検索キーを押せば出てくることも多い。

逆に私は小学校の友達に探しだされてFBで友だちになった。30年以上会っていないのにこんな所で繋がるとは思ってもいなかった。地元なので何処に住んでいて何をしているかは知ってる人もそれなりに多いけれど、まさかPCのディスプレーに現れるとは思わなかった。

彼は隣の駅 (荏原町)で酒屋をやっていたのだが、いつのまにかコンビニになり、その後は何かのお店になっていてお酒関係の店は辞めてしまったのだと思っていた。調べてみると何かのお店の裏で酒屋と立ち飲み一杯飲み屋をやっているのが分かった。


立ち飲みの思い出は、夕方になると酒屋の店先でコップに並々と注がれた日本酒を飲んでいる人だったが、最近はそんな光景は目に入らない。サラリーマン時代、設計で酒好きの連中と安く上げるためにまずは立ちのみ屋で飲んでから何処かへ向かうということをしていたことがある。お店に売っている缶詰やピンク色した魚肉ソーセージをつまみに立って飲むのである。確かに安い。500円とか800円で済んでしまった思い出がある。短期間で飲むので回りも早く、道路が船から降りた時のように歪んでいた。

彼の店の場所は知っていたが、少し入りづらい。店の構造がどうのこうのではなく、面接のドアを開ける瞬間、又はオフ会で知らない人に会う時のようだ。だから先にFBで、今日行くかも・・・と書いておいた。これなら後戻りは出来ない。
DSC_0016yy.jpg

入ると先客が2人、彼と奥さんがカウンターの中にいる。もう既に先客には私が来ることを話してあったらしく、小学校の友達ということで紹介してくれた。どうもここへ来る人はお客同士で友達になってしまうようだ。いい雰囲気だなぁ。

今日開いている生ビールは二種類だったので、軽いのから飲んで次に重いのにしようとしていたので彼に順番を決めてもらう。そう、ここは地ビールの生が飲めるのだ。

FACEBOOKでは↓
http://www.facebook.com/pages/%E5%9C%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB-%E4%BC%8A%E8%B1%86%E5%B1%8B%E5%95%86%E5%BA%97/247264295284665

本日の樽生は (1/17)
■サンクトガーレンさん アンバーエール
■ネストビールさん ホワイトエール


ホワイトビールはフルーティーでベルギーの味。昔バリで飲んだ HOEGAADEN に似てる。う~ん美味い◎ ここはアメリカ式に先払いなのだ、1杯600円でこれが飲めれば安いもの。
次は茶色いアンバー、飲むとコーヒーの香りがする。ホップを焦がしてから作ってるそうだ。なるほど、こっちも濃くていい感じ。
DSC_0015tt.jpg


他のお客は日本酒を飲んでいる。ここは地ビールと日本酒に特化しているのだ。ワインやら焼酎まで手を出すとコストも場所もかかり手が回らないそうだ。地ビールの生は斬新でいいと思う。お腹は空いていなかったので何も食べなかったけど、お店にある乾き物や突き出しやらすいとんのような汁物は出てくるみたい。

彼は車もバイクも好きで、一緒に男のドライブしたこともあった (忘れてた!!)小学校以来じゃないじゃないかぁ・・・FIAT X-19 をレンタルで借りて伊豆まで行った。当時から2シーターOPENが好きだったらしい、まぁいいや。バイクの事や仕事のことなど、いくらでも話題は出てくる。1時間半ほど立って話してお暇した。決して洒落た場所ではないけれど、美味しくて珍しいお酒を格安で飲める所。また行きます。

伊豆屋 ブログ
http://ameblo.jp/s-izuya/


Google MAP 大井町線 荏原町駅から1分
http://tinyurl.com/864c4d5

地ビール 伊豆屋酒店
〒142-0053 東京都品川区 東京都品川区中延5丁目3-8
TEL:03-5749-1545 ‎


Ribot ミラノのレストラン

超一級グルメ・・などという名前のブログなのにあまり料理が登場しなくなってきた。書くネタはたくさんあるのに、文章を書くのと写真をUPLOADするのが面倒くさい。10月の写真を探したらミラノの新しいレストランがあったのでこれについて書いてみる。

サッカーファンならミラノのサンシーロスタジアムと言えば知らない人はいないだろう。私は当然知らなかったけど。。。場所を調べたら北西にあるPiazza Firenzeの少し先なのね。外から眺めたけどでかいな~。
IMG_7578.jpg

この時行ったのは、ミラノの友人が教えてくれた RIBOT というレストラン。サンシーロ競技場のすぐ裏だ。ここは肉料理が有名のようだ。全然知らないで行ったけど、競馬の馬 (もっと洒落た言葉はないのかね)の名前らしい。店内は赤色チェックの壁、壁には馬の写真が沢山飾ってある。こっちは、フィレンツェから来たから美味しい肉は食べてきたけど、また別の楽しみもある。
IMG_7606.jpg


前菜盛り合わせ
IMG_7582.jpg

トラディショナルなミラノ風カツレツ+サフランリゾット
IMG_7597.jpg

タリアータ(スライス)+サフランリゾット
IMG_7595.jpg

この季節しか食べられないであろう、生のカルチョーフィ(ア-ティーチョーク)サラダ。
IMG_7585.jpg

ポルチーニのタリアテーレ
IMG_7592.jpg

太いパスタ、何と言うか忘れた
IMG_7594.jpg

外にはステーキ肉が飾ってある
IMG_7607.jpg

エクセレントではないけど、Very good の味。基本はきっちり押さえている。


RIBOT
http://www.ristoranteribotmilano.it/

Via Cremosano, 41 Milano 20148 TEL:02 33001646

スタジアムより競馬場の裏のようだ by google MAP
http://g.co/maps/dzzkp


いつからか電話はSKYPE経由になったのね ↑


スマホと携帯

2005年12月 (6年前!) に買った携帯電話を開いたまま床に落としてしまい、ヒンジの部分が機械的に割れてしまった。電源とDATA供給側が無事だったので片持ちでも一応使えるが、首の皮一枚残してガタガタなので輪ゴムで固定しながらだましだまし使っていた。
IMG_9933t.jpg


FOMAコネクターも破損していたり、液晶も1色抜けてるので ”画期的な色になり” (この表現は 氷の世界 のパクリ) ほんとにボロボロだった。新しい携帯なら修理という手もあるが、これは部品も残っていないし、世の中の動向はスマホなのでスマホを検討してみる。
IMG_9922t.jpg


iPhoneも検討してみたけど、ドコモを10年以上使ってるので特典もありsoftbankに変えるメリットがあまりない。iTunesやMacbook Airとの連携も良さそうだが、やはり携帯はドコモで行くことにする。私は通勤も無いしネットに繋がる所への移動が多いので、PCの方がネットを使うには便利なのは明確。スマホを使うのは普段行かない所へ行く時やネットの繋がらない所や外国で使うのだろな・・・だから、私は持ち歩くならなるべくコンパクトにしたい。本当は携帯だけでもいいのだが、値段もさほど変わらず、大きさも小さいのがあるので一応機能が多いほうが自由度も高い。大きい画面のやつはポケット内では体裁が悪いのでかなり好きでない。あ、中途半端なカメラも本来不要だけど。

富士通のF-12Cはなかなかいい感じなので候補。パナソニックのP-01D もいい感じ。しかしもっと小さいソニー・エリクソンの XPERIA RAY (SO-03C) が一番気に入ってしまった。これは、今の携帯と大きさもさほど変わらず、重さも100gなので私の需要にぴったり。
IMG_9962t.jpg


価格.com のレビューやらコメントでは高評価なのと、電池の持ちがいいらしい。ワンセグはもとより地上デジタルは見ないのでTVは不要でいい。赤外線が無いのがちと不便だが年に一度使うかどうかだから無くてもいいことにする。Bluetoothは是非欲しい機能。これでいちいち電話を出さないでよくなりそうだ。
IMG_9961t.jpg

IMG_9959t.jpg
黒が無いのでしかたなく白にしたが、これは自分で選択したわけではなく条件やら環境が決めてくれた決断というやつだ。でも、こいつは気に入りそう◎



高雄さんの年賀状 と 個人的意見

あまりに遅いと白けるからやっぱり今日公開。これが私の年賀状。本物は住所とかメインアドレスが書いてある。WORDをPDFにしてJPEGにすれば、ブログでも公開出来るのね。さすがに、リンクはリンクしないけど、見たい人は手打ちして下さい。便利な時代になったものだ。

基本的に、明けましておめでとう とか Happy new year とかは書かない主義なのと、少しだけメッセージも含まれている。紙の年賀状では、一年で一度も会わない人なのに「今年も宜しくお願いします」とか「昨年はお世話になりました」などと白々しいことは書かない。

どうしても頑張って欲しい人には、「突っ走れ」とか「その勢いで行け」とかの一言書く時もあるが、私のように文章やら写真の内容が豊富の場合には基本的に手書きを添えないでいいと思っている主義。謹賀新年 だけや 明けまして・・ のみの人は何か書いてくれないと、”一応送りました” とか ”生きていますよ” という最低のコミュニケーションとして受け取ることにする。私のは、文章の内容が分かりにくい場合も多いので、最後まで読むのを断念する人がいるのを聞いているが、それでもいいと思っている。

あと・・くれた人には申し訳ないが、子供の写真や家族の集合写真のみだと、1年間の成長日記を見せられている気分であんまり嬉しくない。初めて子供が生まれたとか、結婚したとかなら初回だけはお披露目の意味でいいかもしれない。奥さんはどんな人だろうとか、男の子か女の子かとか・・・

とはいえ、年賀状の季節になってから過去一年の写真を引っ張り出してきて、”これでいいや” とやってる人もいるだろう。私は、常にこれ年賀状で使えるかな? と考えながら日頃の写真を撮影している。

そうだ、(自分のことは置いといて)、自分の見せたいものを見せるのではなく、もらった人がどう感じるか、どう受け取れるかを考えたコミュニケーションは配慮があって好きだなぁ・・・と思う。

何枚か集まる年賀状。つまらないのからスゲェ凝っていて考えてあるのもある。私は、もらった人の中でトップレベルを目指ししているのである。


2112年賀状WebPJ t


我が家のお節料理 2012

決まりきった物だけど、口に合わないのは食べたくない。食べるからには美味しい物がたべたい。でも正月だから正月らしいものも食べるべきで、ギリギリの攻防戦の上 A∩B の世界が繰り広げられる。
IMG_9834t.jpg


昔、高雄家では鯛を一人一匹食べるのが習慣だったが、いつのまにか無くなってしまい寂しい思いをしていたのだが、今年は復活。焼いてあるのだと、最低の塩がかかっていたり、ウェルダンになっていたりであまり嬉しくないので、自分たちで焼くことにしたのだが、家族5人分を焼くのは至難の業。そこで、ガスオーブンで焼くことに・・・ もっと高温にして短時間が表面カリカリ中はしっとりにするべきなのを発見。220度で30分だと、乾燥してしまいイマイチ・・・来年から少し変えてみる。今回私はあまり活躍してない。


5匹並んでいるとかわいい
IMG_9822t.jpg

お刺身色々
IMG_9827t.jpg

茶碗蒸し
IMG_9837t.jpg

親戚が作ってくれた自家製揚げ物、中身は自然食
IMG_9839t.jpg

ハマチを海苔に挟んでみる
IMG_9841t.jpg

大根ベースのお雑煮
IMG_9848t.jpg

ぷっくり (70歳代の親戚がついた (漢字わからん) お餅)
IMG_9850t.jpg

落花生の煮豆 (これは親戚でないと食べられないよ・・)
IMG_9849t.jpg

・・・という訳で正月は平和にやってきた。




田井えみ TVに登場

正月のTV番組はほとんど、消費した時間よりも見た価値の方が低いと私に表れる番組が多い中、テレビ局の威信をかけたいい番組に出会える時も時々ある。そんな情報は事前に入手してあるものだが、今年は無いので少し不安になる。何かいい番組を見逃していないかどうか・・・

そんな中、学生で映像作家でかつ私の親戚である、田井えみ が正月の番組に登場する。今回は ポッキー という商品をいかに表現するかの勝負のようだ。彼女なりの映像が見られることだろう。

1月3日 2012年 15:00~16:30 東京:TBS

・・・「さらに将来有望な(!?)現役女子学生・映像クリエイターたちによるCMコンテストも開催!」・・・

残念ながら調べたところ名古屋・大阪ではやらないみたい・・

http://www.tbs.co.jp/cm_nadeshiko/

Home > 2012年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。