Home > 2012年04月

2012年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

リアル友達

mixi で知り合ったスイス ローザンヌの友達 (日本人)。なんと初めて生で会ったのは数年前の我が家。
うち・新橋・新宿と3回目のリアル会いとなりました。伊勢丹のフランス展でワイン試飲会の仕事で来日。ローザンヌ若手ショコラティエのチョコラ (チョコ) を頂きました。どうもありがとう◎
IMG_2892t.jpg



数日前には1年前にブログで知り合ったパリ在住の友達(日本人夫婦)とパリでお食事を一緒にしました。初めて会ったのはイタリアのレストラン。今では年に4回は必ず会う関係となりました。


車で10分走れば沢山友達もいるのだけど、年に1回も会わない人もいます。同じ方向を持っている人 (≒同じベクトルの人) は、TEXTの上でも友達になれるかどうかわかるものです。今のところ外れたこと無し。まだ生で会ったこと無いけど友だちになれそうなポテンシャルがまだ数人います。インターネットの世界もまた楽し。


Avril 2012 Paris 4月パリ

Facebook の写真集です。メンバーでなくても見れます。

パリの夕日や色々な写真16枚。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.3764388507202.171236.1201297706&type=3&l=fe87872efc

ボレロ Bejart Ballet Lausanne

”愛と哀しみのボレロ” という映画を初めて見たとき、バレーというのはこんなに美しいんだと思ったものだ。白鳥の湖を代表するクラシックなバレーをTVでしか見たことないので、つまらない物 (私にとって) と思っていたが、モーリス・ベジャール振り付けの斬新なバレーを見たときにこの概念が吹っ飛んだ。
今は亡くなってしまったが、ジョルジュ・ドンという天才的男性バレリーナの踊りを映画で見た時に、”美” を見たような気もした。

今回の出張のお楽しみの一つは、パリでモーリス・ベジャール振り付けの ”ボレロ” を見ること。これは半年以上前に公演を知って、NETでチケットを買って楽しみにしていた。他のチームで過去2回生で見たこともあるが、やはりこれは血が騒ぐ位にエキサイトする。音楽はモーリス・ラベルが作曲したのだが、当時は斬新すぎて世の中の評判が良くなかったそうである。とにかく、徐々に盛り上がる音楽に乗って、斬新でかつ前衛的振り付けのバレーを見られるのはとても嬉しい。今回は本家のローザンヌ モーリス・ベジャールバレー団がやるのでかなり嬉しい。

前から8列目といういい席を入手できた◎
Le Palais des Congrès de Paris という二つのオペラ座ではない広いホール。

この映像は、今回ではなくて映画 ”愛と哀しみのボレロ” での9分の映像。今は亡きジョルジュ・ドンの美を見てくれ。
ただし、映画の中では最後の方なのでこれから映画を観る人はそのつもりで。
http://www.youtube.com/watch?v=5_XdRa2oMR0

美しい・・・・

ミラノのレストラン

試しにやってみる。

写真をFC2にUPLOADするのは大変なので、Facebookの写真を見て下さい。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.3694580562047.169696.1201297706&type=1&l=02d97127d5

Home > 2012年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。