Home > 2012年08月

2012年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

MAISON TREVIER

AVIGNON駅に到着したのは12:00頃、レンタカーを借りて出発できるようになったのが12:30頃。さて、何処に食べに行くか・・・ アビニオンには、私は行ったことないけどMさん推薦の素晴らしいレストランもあるが、まだ胃がそこまで対応してない。サンレミへ行けばお気に入りチョコ屋はあるけど食べ物屋の手頃なのはない。パンか何か買ってホテルで食べてもいいが、ちと寂しい。そうだ、カルパントラへ行けば美味しくて軽くて良いところがあるが、ちと遠いし遠回り。電話をして予約が取れたら行くことにしよう。

 Parlez-vous anglais? ぱるぶあんぐれ? 数少ないフランス語知識から 英語話しますか? と聞いてみる。駄目だった場合は、ジュブドレ リゼルべ・・と一応レストランの予約の言葉は覚えている。ここは以前、行ったことあるのでオーナーが出たら英語が通じるのは知っていたが、従業員が出てきて話せない場合もあるので一応フランス語も用意しておく。 My name is Takao ”ん?” という感じだったので、ジャポネと答えると、覚えてくれていた様子。 そうそう、Facebookでお友達だよ と教えてあげると、アンタのこと毎日見てるわよ と答えてくれた。

 ここは大地震の前の2月に泊まってお世話になった カルパントラ(Carpentras) にある、レストラン付きのホテルなのだ。ここには一日しか泊まらなかったが、私が風邪をひいてたのでハーブティーを作ってくれたり、トリュフづくしディナーを予約していたが身体にやさしい料理を作ってくれたりでお世話になった。その後地震が起きた時も、わざわざ大丈夫かどうかのメールをくれたりしているうちに、Facebookで友達となったというわけ。
S-IMG_5113.jpg

 ここの女主人でシェフのGINAさんは、フランス料理界でも自然派で有名でTVや雑誌にも時々登場する有名人でかつ、やさいい心遣いと気さくな性格で人気が高い ・・・と思うのだ。シェフの性格が料理に表れると私は思っている。超奇抜なテクニックを駆使する風ではなくて素材の味を100%に近いレベルまで持ち上げてくれるやさしい味を提供してくれる。もちろん今回も期待から外れず素晴らしい料理を作ってくれた。
S-IMG_5117.jpg


 少し離れているのにアビニオン駅から30分で到着。懐かしい建物の場所はすぐ思い出して少し改装したホテル内は更に綺麗になっていた。レストランへ行くともう二度と来ないなという所と、もう一度行くだろうなという所と二種類のカテゴリーに別れる。もちろんここはまた来るだろうなと思っていたので1年半後に来ることになった。坂角のえび煎餅をお土産に持ってきたのでこれを渡す。味の分かる人は日本のディープな食べ物でも美味しい物は美味しいと分かってくれた。
S-IMG_5096.jpg

ランチメニュー2人分。
前菜1:日本のわかめ、のり、あと何かを混ぜてムース状にしたもの。あれ?と思う味に仕上がってる、美味しい。
S-IMG_5080.jpg

前菜2:豆のスープ、いい味、優しい味、美味しい。
S-IMG_5077.jpg

メイン1:黒トリュフ入りのスクランブルエッグ。トリュフが入ってなくても素晴らしい味に仕上がっている。作ってる所を見ていたが、焼く時間は1分ほど・・・
S-IMG_5089.jpg

メイン2:黒米と野菜の蒸し焼き、見た目は単純なんだけど野菜の旨みと甘みが良く出ていて、固く仕上がってる黒米と絶妙もマッチング。
S-IMG_5090.jpg

S-IMG_5085.jpg


デザート:桃の焼いたのに甘いワインを混ぜて、上からアイスクリームが乗ってるもの。バターではなくオリーブオイルで焼いてるので、あっさりしててじっくりと味がでている。
S-IMG_5092.jpg

全部美味しい◎ 2度目来て、3度目もまた来るなというのが分かるのは相当気に入った証拠。アビニオン駅から30分で付くのもまたいい。
S-IMG_5120.jpg


これを見て行ったのではないけど、フィガロ ジャポンにも登場してる。
http://www.maisontrevier.com/pdf/figaromagazine-japon.pdf

MAISON TREVIER
http://www.maison-trevier.com/
36 place du Docteur Cavaillon 84200 CARPENTRAS
Tel : 04 90 51 99 98

ズッキーニのパスタ風

夜間には炭水化物を食べないようにしてるのでご飯やラーメンはもとよりパスタも禁止の時代があった。今は緩やかにしているが、やりだすとストイックにやらないと効果が出てこない。野菜や肉は食べてもいいので、冷蔵庫を捜してみたらズッキーニが1本。
じっと考えて2分、これでパスタ風にしてみようと考える。縦に細切りスライスすればパスタの形状に近くなる。ソースは、ニンニクとアンチョビーとオリーブオイルだけ。じっくりと火入れをしてからズッキーニを混ぜる。
S-IMG_4938.jpg

アンチョビーに含まれる塩味が微妙な味わいを見せる。これは温野菜になるのだろうが、パスタのようにフォークでクルクルして食べるとかなりの満足。
S-IMG_4939.jpg

Home > 2012年08月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。