Home > 2013年02月

2013年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ALFA

9日前の話題です。

 今回は列車でミラノからフィレンツェへ移動してここでレンタカーを借りる。早めに買えば19ユーロ (2300円) で1時間半のイタリア新幹線に乗れるのだ。車内では時速258キロと表示されていたので相当速いぞこの赤いやつ・・・
S-IMG_0895.jpg


 フィレンツェのレンタカーオフィスにて・・・ AVISレンタカーはプレファード会員になってるので少し優遇される。クラスDというカテゴリーなのだが、いい車が来る場合がある。好きな車 Fiat Bravo (ブラボー:日本には並行輸入以外入ってない) は無いの? と聞いたが、ここの女性は 何言っちゃってるの・・という感じで、「ジュリエッタをあげるわよ」 私「え?」 彼女「アルファ・ジュリエッタ」私:ああそうか (やったぁ)・・・「Ok Grazie」 アルファロメオを貸してくれるらしい。イタリアでは日本ほどこの車は特別扱いしてなくて、普通に良い車レベルのカテゴリーのようだ。
S-IMG_1145.jpg


 座ると固定されるようなシートの中、固いハンドルと、カチカチ入るギアと、重いクラッチと、低い車体でスポーツカーを感じさせる。過去に何回か借りてることもあるけど、やはり良い車だと嬉しい。ディーゼルエンジンながら快適な加速が心地良い。
S-IMG_1480.jpg


 イタリアの高速道路 アウトストラーダは最高速度130キロ。日本で言うオービスのスピード違反カメラは分かりやすい場所にあるので、そこだけは守ってあとは飛ばし放題でぶっ飛ばしてるポルシェやアウディーの中、130キロに設定したオートクルーズにしておけば右足も自由になる。これでバスドラのリズム練習も出来るというものだ (ケント、スルーしろ)
S-IMG_1473.jpg

S-IMG_1474.jpg


 日本での130キロは暴走に近い程白い目でみられるが、ここでは普通。120キロに落ちると遅く感じる。速度は絶対値ではなくて相対値なのだなと感じる。大きい声で言うと顰蹙かもしれないが、日本の100キロ制限は少し厳しすぎと私は思う。違反をするのは黙認して、偉い人が怒られないように決まりを作ってるのが感じられる。市街地の50キロも同様。哀しいかな、決まりと罰則を作らないと安全を守れない日本人には100キロが相応しいのかもしれない。



雪・雪・雪


 (私にとって) "気おつけて"ほど意味のない言葉はないと思っている。気おつけなかればならない状況なら自分で充分承知してるので、わざわざ言われなくても分かってるよ・・と言いたくなってしまう。同様 "大丈夫?" も。

 タイトルのように "雪" の場合、外に出るときはほとんどの人は服装や靴などに気おつけるだろうが、普通の格好で出ていくような無防備な人には"気をつけてね"の言葉は必要かもしれない。平和な国からイタリアの空港に降り立つと、スリに出会う確率が高くなるので無防備になっている場合があり、この時だけはリマインドで "気おつけよう" という言葉を発することにしている。
S-IMG_1493.jpg

  ***

 イタリアの北部では大雪になっている。ニュースでは日本も大雪のようだけど。一昨日いたヴェネト州も途中で大雪となり最高時速130キロまでOKなアウトストラーダ (高速道路) だったが、90キロに減速して冷や冷やの運転。レンタカーのタイヤは高速運転では力強い ピレリーP7 という昔なら超高級タイヤだが、スノータイヤではなくノーマルタイヤなのでかなり危険なのだ。でも山や谷がなければまっすぐ運転できるのは分かってるのでそのまま続行となる。その日は高速を降りて無事にホテルに到着。天気予想では雪は降らないのと借りたときはカンカン照りだったのでチェーンは無いのだった。
S-IMG_1551.jpg

 昨日はFidenzaという街にいたが、午後になると粉雪がチラチラしてくる。徐々に雪の粒も大きくなって道路はうっすらと白く染まってくる。仕事を終わって16:00に出発すると高速道路のテレパス (日本のETCと同じ) の入り口は開いてるのにチケットを取る所は赤信号で閉鎖されている。勿論レンタカーなのと外人なのでテレパスは持ってない。そうか、雪だから閉鎖されてしまったのか・・と思い、下の道を使って40キロ先にある次のインターチェンジに向かうことにしたが、その頃にはかなり積もってしまっている。経験上、ノーマルタイヤでもゆっくり行けばカーブもブレーキも大丈夫なのは知っているが、坂道の上りではスリップして登れず、下りではブレーキが効かなくなる可能性を秘めている・・・ま、行ってみるかとディサイシブ (決定的) にSS9号線を使って向かってみたが、5キロ位進んだ所で渋滞になっていて動かない。車から降りて先の方を見るとハザードランプをチカチカさせて車が道路の中央に停まってる。事故なら数時間は動かないので再び高速が開くのを待つことにしてUターンして戻ることにする。

 雪は更に深くなり、ロトンダ (英語ではラウンドアバウト・丸い交差点) で滑ったら壁に激突なのでゆっくりと回る。坂道で一度停まったら動かなくなる可能性もあるので、トルクをかけながら低回転で登ってゆく。(この雰囲気はやったことある人なら分かるでしょう・・・)。この時点で駐車場に停まったら埋もれてしまい、街のホテルにも行けない可能性も出てきたので、車の中で泊まることまで考えた。ガソリンと水と食料は大丈夫・・・

 目的地に辿り着けない場合のホテルの手配をする番号などをネットで調べて、18:00に再出発。今日はCanaleでディナーなので予定では16:00に出発して18:00に到着してのんびりと21:00頃に出かけるつもりだったのだが、今日はキャンセルかもしれないという覚悟を決めて高速に向かう・・ゲートは復活していて雪道の中を進むことにする。なかり長い間、前にも後ろにも誰もいないA1を時速50キロにてトロトロと進む。勿論道路は真っ白で普段は130キロで走る道の真ん中にあるワダチが頼り。街灯もないので、フォグランプと普段は使わないバックフォグもつけるが、視界は悪い。ハイビームにすると雪で目の前が真っ白になるので、勿論使えない。 日本だったら絶対に閉鎖だろうなと思いながらこの太っ腹さと責任は運転手にあるという立場 (あるのか?) を感じながたこんな道を進む。時々50キロに耐えられない車が抜かしてゆくが多くの車は私を先頭にゆっくりと進む。
S-IMG_1495.jpg

 Neve Piachenza Nord のような事を書かれていたので、ピアチェンザ北あたりで雪は終わるのを信じていたが、ASTIの方の道に行っても雪はやまずに状況は変わらず。アレッサンドリアを超えたあたりで降り始めのように道路の雪は減ってきて白の車線ペイントも見えてくる。徐々に平均速度はあがって最後は100キロ迄出せるようになったが雪は振り続けている。ASTI 西 で降りてCanaleへ向かう。途中レストランに電話して22:00頃になっちゃうヨと言っておいた。3時間40分後の21:40にホテル着、21:50に出発して22:00丁度レストランに滑りこみ・・・ イタリアでは遅いほうだけど許容範囲の到着時間。ああ疲れた。

 次の日はこんな景色・・・雪が眩しい。
S-IMG_1525.jpg

 この谷の向こうに見えるのはいつも泊まるホテル Villa Cornarea。今日のホテルはVilla Tiboldi。両方ともCanaleを代表するキャンティーナの一つがホテルも経営してる。
S-IMG_1544.jpg



2013年2月 Paris色々

 突然ですがパリに来ています。羽田発の夜間飛行は電池も安全なB777。到着時の温度はマイナス1度で寒いけど、東京とさほど変わらず。前回は初日から仕事と引き回しと忙しかったので、初日はリセットの意味でのんびり。ホテルにはまだ入れないので、荷物を預けて街へ。

 パリ内の移動はバスが快適。雨で水滴が付いていても、窓が曇っていても、床が濡れていても、外を見られるのは心地良い。ここぞの場所でシャッターを切り、瞬間を切り取る。良い絵がたくさんあるんだな。

 夜は時差で眠いだろうから初日からヘビーなランチをいつものレストラン Au bon Accueil で・・・32ユーロ( 4000円、円高前なら3200円) のセットメニューで3皿ついてるのはお得。1erのシャンパーニュも13ユーロなのもお買い得。

 時差ぼけで眠む眠むなので、17:30から寝ちゃう (引き回しの刑は無し) 0:00あたりに目が覚めて、2時間ほどメール売ったりやることして、また寝る。6:00頃起きてこれを書いてる。明日は丸一日仕事に精を出す。月曜からイタリアへ移動。


 機内で見た映画3本。
・アルゴ (Argo) うん面白い、ベン・アフレックかっこいいし、監督も光る、脚本もいいと思う CIAが出てくるのは好きなのだ。  
・96時間リベンジ (Taken2) こっちは娯楽映画だけど、かっこ良くて強い人がでてくるのは面白い。  
・アウトレイジ・ビヨンド 北野武監督のヤクザ映画だけど、これもまた面白い。裏工作大好き。良い脚本だなと思う。

写真30枚、色々。FACEBOOK メンバーでなくても見れます。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10200707092538641.204606.1201297706&type=1

Home > 2013年02月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。