Home > 2013年03月

2013年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ほうれん草とベーコンのパスタ

頂いたほうれん草の第二弾、これを使ってパスタを作る。

ベーコンを2mm程に細くカットして、ニンニクも軽くスライスして、じっくりとフライパンで火入れ。始めは油を使わずにベーコンから出る油だけでじっくりと。ほうれん草の茎の部分を小さくカットして、少しオリーブオイルを足して弱火で炒める。今日のパスタは少し太めのスパゲティーニ。茹で上がりを見越して、ほうれん草の葉っぱの部分を3mm程にスライスして混ぜる。塩を入れて緑色を引き出たせる。
S-IMG_2320.jpg

フライパンにそのままパスタを入れてしまうと、焼きそばになってしまうのでフライパンに茹で汁 (またはお湯) を50cc~100cc 位入れて思い切りかき回す。落合シェフの乳化の原理だけど、まぁ無理しなくても乳化してるはず。そこへパスタをいれて汁が少し残る程度までかき回せ出汁を吸い込んで出来上がり。プロ以外でパスタを作る人、是非スープにお湯を入れるのをやって欲しい、世界が違うから。
S-IMG_2317_20130330180140.jpg

ベーコンと火入れニンニクとほうれん草の味が良い出汁となって美味しい◎


ネギチャーハン と ほうれん草雑炊

お友達のお父さんが自分の畑で作ったネギとほうれん草を頂いた。八百屋に売ってるのとはちと違いなんだが力強い。

昨日のランチは、ネギ入りのチャーハン。家にあった焼豚と人参を入れてみる。この日は卵が無かったので入れない。ネギを大量に入れたのでねっとりの食感になってしまったがこれはこういうモノとして美味しい。
S-IMG_2310.jpg

S-IMG_2306.jpg



次の日のランチは、ほうれん草と海老の雑炊。ご飯の在庫が無かったので冷凍の焼きおにぎりを入れちゃう。ここから人工的な味も出てくることだろう。桜海老も冷凍してあったものだが、1/3は細かく切ってのこりはそのままの大きさで混ぜる。ほうれん草は厚い葉っぱなのでしっかりした味が出そうな気配。これは1/5を細かくあとは大きく切って混ぜる。適当に出汁と塩を入れてシンプルな味にて完成。こちらも、蛋白な出汁としっかりしたほうれん草の味が出てかなり美味しい。
S-IMG_2314.jpg

S-IMG_2312.jpg



消費税

祝! 消費税
3月15日の確定申告は実は説明不足、正しくは所得税の確定申告なんだ。3月末までにもう一つの確定申告が待っている。それは消費税の確定申告。売上1000万円以上の事業主は多くもらった消費税を返還しなければならない。そう、普通の売上に5%を足して売ってるので、それを国にお返しするのだ。
S-IMG_2153.jpg

例えば1000万円の売上がある事業主は50万円余計にもらって1050万円の売上がある。その、50万円を返さなければならないのかというと実はそうではない。その売上を作るために自分でも仕入れや材料や人件費などに5%払っているので、その分を引いていいことになる。そうしないと、ダブルで国は消費税をもらってしまうことになる。これをみなし仕入率の控除というのだ。

卸売業は90%の控除 (材料費率が多いからでしょう)、小売業は80%、・・・サービス業は50%。つまり、うちのような小売業は、この例だと返すべき50万円のうち80%の40万円は返さないでいいので、確定申告で10万円払えばいいという事。

正確にはもう少し複雑な計算もあるがざっとこんな感じ。さらに、消費税を払っていない経費もあるのでそれを引いてから計算というのがある。土地の売買や税金の支払い等色々には消費税が含まれてないのでその分は計算から除外するの。PCのソフトを使えば簡単に分けてくれる、税理士使わなくても小規模なら自分でできる。(大規模になったらお願いします  m(__)m )

ちなみに、所得税は赤字だと払わなくてもいいけど、消費税は売上があったら払わなければならないという計算となる。以前ここに書いていたけどもう一度FB用に書いてみました。

Home > 2013年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。