Home > 2013年04月

2013年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

肉・肉・肉

パリのグルメ友達&ワイン屋推薦のレストラン。ここは自分ちの地下で肉を熟成しているとのことで、肉の味が素晴らしく良い。ガツンと肉を食べに行くにはパリでも珍しい所ではないかな??? 14区と、はずれにあるので、通が通う場所なのかも知れません。紹介者に敬意を表して場所は秘密・・・

日本ではタルタル (生肉) は食べれないんだっけ?
S-IMG_2666.jpg

超レアでも中身は暖かいの。
S-IMG_2668.jpg
S-IMG_2661.jpg

肉の塊はぎっしりと詰まった味。
S-IMG_2660.jpg

前菜の豚のひずめ部分、コラーゲンたっぷりのこってり味・・をカリカリに焼いてある部分もまたイイ。
S-IMG_2658.jpg

今しか食べれないアスパラの前菜、付け合せのポテトフライも良い。フレンチフライと言うでしょ。フランスは野菜が美味い。
S-IMG_2659.jpg


PARIS 14区

牡蠣の前菜

アミューズブッシュ(お通し)又はアントレ(前菜) に入ると思われるこれを作ってみた。
S-IMG_2333.jpg

生食牡蠣を売っていたのでこれが思いついた。スペインのエルブリ(ジ)・(今は閉店中) のように、スケールをつかってカットはしていないが、小さく4mm角程度にキュウリを切ってみる。同様、キウイ、パブリカ、オレンジをカットして塩と少量のオリーブオイルを混ぜてマリネしておく。食べる前に塩で洗った生牡蠣を小さく (1円玉位) にカットして混ぜるだけ。
S-IMG_2332.jpg

味はフルーツから出る酸味と塩だけ、これに牡蠣の旨みがいい具合にからみつく。食感もいい感じ。手間さえかければ誰でも作れそうだ。 キウイの代わりにイチゴでもいいかも・・ (でも作るひといないんだな)

ブログ

ビジネスでブログやFBの文を書いてるわけではないが、読んでくれる人が多いと嬉しいし、将来何かのビジネスをするときの味方も多くなる。ハングリーにコツコツとお金儲けには興味ない。

・・・・が、この記事面白い。FacebookやTwitterの次ぎに来るのはブログ。
●ブログごっこから、目的を持った本気ブログを書く時代へ●
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=6235

相変わらず永江氏の記事であるが、同感な部分多し。有名人が 「**食べました」や「+++なう」と日常のヒトコマを読むのは心地良くない。まして、有名でない人のを読まされるのは (私にとって) かなり苦痛になる。読まなきゃいいじゃんと言われてしまうが、せっかく書くからには面白い物、楽しい物、役に立つ物を書いて欲しいぞ。

本文より:
イケダノリユキ師はこれを「気分や感情、趣味や週末の行動だけでなく、「自分が持っている問題意識」を発信するのです。」と説明していらっしゃるが・・・
 ・・・
「訪問者が読みたいと思う内容を、開きたくなるタイトルで書け」

***
そうなのよ、書く人は読む人のことを考えて書いて欲しいんだな。とは言え、私のは読みたい奴だけが分かればいいやという立場だけどね。

Home > 2013年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。