Home > 2014年07月

2014年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

鮎釜飯

常磐道 勿来 (なこそ) インターを出ると正面の看板がこんな感じ。
S-IMG_3933.jpg

よおく見ると、鮎 ヤナ の字が目に付く。
S-IMG_3935.jpg


もう、10年位前の話だけど、ここへ初めて行った時の看板はもっとぼろくて小さかった思い出があるが、美味しい物への嗅覚がするどい我々は見逃さなかった。行くと、ぼろい・・ しかしこういう所は美味しい物がありそうなのと、ヤナがあるなら魚は新鮮だろうという予測がつく。この時食べた鮎の釜飯が美味しくて、何度もリピートしている。最近は忙しくて行く機会が減ったけど、前回は久しぶりに伺えた。 (最近はヤナが無いけどね・・・)
S-IMG_3952.jpg


釜飯は20分位前から炊き込むので先に電話で予約する。常磐道の連続トンネルを終わった当たりでかけるのが調度良い。電話してから到着まで25分程かかった、毎回いいタイミングだ。消費税が8%になってもずっと1000円のままで味から比較した値段のCPはとても良い。植田に住んでいる人も多くの人が、知らないか知っていても行ったことが無い所。
S-IMG_3944.jpg

S-IMG_3943.jpg

こんな感じで釜飯!!  
S-IMG_3948.jpg


骨も柔らかく頭だけ残して全部食べちゃった・・ これぞ猫マタギ
S-IMG_3950.jpg






あきらめちゃダメだ

あきらめちゃダメだ

野球は見ないと言ったけど、TVがついていれば普通に見てしまう。勿来インター出口近くの鮎専門店? には冷房もなくそよそよと風が吹いていていい感じ。鮎釜飯を食べている間に、福島県・高校野球の決勝戦を右角にあるTVでやっていた。ちょうど9回裏 6:2 で負けている方の攻撃・・ 4点差ではまぁ最高に頑張っても2点ほど挽回して負けるのだろうな・・と思っているとヒットが出て塁に出る。次の人も塁に出る・・少し面白くなってくる。次の人がホームラン打てば一気に3点入って射程圏内にはいるじゃん・・と見てみると、あっという間に何点も入って 6:6 の同点となり延長線へ・・・ (自分でTVはつけないけど、ついてるとそれなりに面白いのヨ)

基本的に野球は (スポーツ観戦には) 興味ないので、お店のおばちゃんと感想を述べて結果は知らずに店を出る。あとからネットで調べたら11回まで延長して逆転勝ちしただと・・・すげぇな。


すげぇと思っていたら、先ほどのYAHOOニュースで 石川県大会で 0:8 だったのが9回で9点入れて逆転だと。更にスゲェ試合もあったものだ・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140728-00000013-ykf-spo

ニュースから:
ミラクル星稜、米紙も報道 0-8逆転「最もワイルドな9回」
夕刊フジ 7月28日(月)16時56分配信

27日の全国高校野球選手権大会石川大会決勝(石川県立野球場)で、0-8の9回に一挙9点を奪い、9-8で小松大谷を下して2年連続17度目の甲子園出場を決めた星稜。ミラクルな大逆転劇は、米全国紙「USA TODAY」(電子版)のブログでも報じられた。


ポイントは、あきらめちゃダメだ。

今は26歳になっている姪が小学生低学年の頃、隣に乗せて駐車場に停めようとしたけど狭かったので思わず 「ここは諦めよう」と言ったら、姪は 「あきらめちゃダメだよ」と返された・・・それから諦めない人生を送っている。

アナと雪の女王 ・・・考・・・

原題 : Frozen 日本語タイトル : アナと雪の女王

ここまで変えなくてもいいとは思うけど、直訳では人気がここまで伸びなかったかもしれません。先日DVDが発売されたことだし、少しこの映画について書いてみます。この映画が好きな人はこの先読まない方がいいかもしれません。予想できる範囲の内容は書いてありますが、ネタバレは書いていません。(私の) 辛口の評価と理由は書いてあります。(ですます調変更)

  ***

見たのは飛行機の中なので、大画面の3Dと比較したら見劣りするのは仕方がない・・・ 
調べてみたらアカデミー賞の長編アニメ賞を受賞しているのね。主題歌の Let it go もアカデミー賞の歌曲賞を受賞してる。ニュースによると我が国では歴代3位の売上高になるという (1位は 千と千尋の神隠し、2位は タイタニック)。歌も良くて、映像も綺麗でわかりやすいストーリーで人間愛にも触れて・・それならヒットするのは当たり前なのかもしれない。ディズニー映画というのは子供に夢を与えて希望と可能性に立たせる映画が多いと思う。これも例外にならずに、姉妹の仲が良い話から、愛まで広く・大きく描かれている。

人気があるのは分かる・・・しかし、しかし、面白くない。 (これは私の意見であってこの映画の絶対的評価を言ってるのではありません) 素晴らしいとか感動したとかいう声はよく聞くし、DVDの売上も高く、賞をいくつも取っているので客観的評価が高いのは理解できる。珍しく、"普通だった"・・という評価を書いている所の書き込みを読んでみると実はそういう感覚の人もいるのが分かって嬉しい。ある意味、世の中で評判になっているので興行的に成功していると言えるでしょう。

大昔、サタデーナイトフィーバー というディスコの映画がヒットした時に、「面白くない」と言う為にわざわざ見に行ったことがある。見てないのに面白くないとは言えないから見たのであるが・・やはり面白くない。アニメーションは嫌いではないが、ディズニーは苦手であるのは確か。これも期待せず (いや・・感動するのを期待して) 飛行機の中で見始めてみたが・・・あまりにも面白くないので寝てしまった。起きてからまた続きを見たが、これは時間の無駄だろうということで途中から 攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers にチャンネルを変えて、こっちはなんと面白いのかと満足してから、再びアナへ・・いい話も出てくるのでいい話であるが、評価はやはり・・ "面白くない" 。

何故私が面白くないと感じるかを考えてみた。大人も見られる子供向けがコンセプトにあってストーリーが単純な所、子供らしい子供 (妹) が私は嫌い (お姉さんは好き)、歌はいい曲と思うけど自分のPCにダウンロードするほど良いとも思わない、ミュージカルは嫌いではないけどこの手は嫌い (サウンド オブ ミュージックも好きではない映画です、ラ・ミゼラブルはまぁまぁ)、そして一番のポイントは他の人が評価していると予想する Let it go がしっくり来ないこと。

別の所でM田さんが書いているように、抑圧されて我慢して生きて行かないで自分らしく (ありのままで) 生きて行きましょう・・・というコンセプトが、そう生きている人には自由と可能性を感じさせられるので高い評価になっているのかも・・・と感じる部分もある。愛の所とリンクしていたりして・・だからいい話ですよ、ただそれ程までに私には良くないというだけなの。

  ***

英語のS先生より、Let it go は ありまのままで よりも 手放せ の意味があるとのこと。
そのスレッド? の持ち主O高氏より、日本では戦略でわざとそう訳したとのこと。

興行的に成功しているのはおめでたいし、見てない人は見てください。
内容に関してのコメントは歓迎ですが、私の考え方を議論する気はありません。

LINEには、PINコードを登録しましょう (乗っ取り防止策)

LINEを使っている人は人の為にも自分が乗っ取られないように、4桁のPINコードを入力して暗証番号を入れるようにしよう。誰かの所で発見したけど、もう誰だか忘れてしまったので自分の手柄にしてしまおう。

簡単な書き方:
パスワードを1回入れておけばOK。誰かがあなたの名前を他の機械で乗っ取っても暗証番号を入れないと使えない。

難しい書き方 (これが正しい):
いつも使ってるのと違う機械からあなたのアカウントに ログイン しようとしたらPINコードの入力を求められる。これはあなたの携帯に1回だけ設定すればその機械では今後要求されない。あなたが他の携帯から自分にログインする時に、4桁のPINコードの入力を要求される。他人はその4桁を知らないのでログイン出来ない。

但し、LINEのバージョンが 4.5.3 以上 になっていないとPINの入力欄がないので、先にVER UPする必要がある。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/07/18/line-pin_n_5598040.html


この通りにやってみたら簡単に出来た。人の為にもこれくらいのことはしておかないと、自動車の鍵をつけたまま盗まれて事故起こされた時の持ち主のように、責任は重い。


信じちゃダメだ!!!

信じちゃダメだ!! 

ニュースやマスコミが書いていることは真実のようで、そうでないかもしれない (間違えているとは言ってない) というナナメから見る脳力を付けて欲しい。頭が悪い人はすぐ信じちゃう。もしかしたら本当にこう言ったのかもしれないけど、本当なのかな? と疑問をもつ力が今の情報量の中から真実に近いDATAを吸いだす力になる。

坂本龍一のニュースからの抜粋
咽頭がんに効果があるとされる放射線治療については、反原発運動の先頭にたってきた立場から拒否する考えを主治医に伝えている。自らの命にかえても「反原発」だけは譲れないという不屈の精神で、世界の“教授”が闘病生活に入る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00000077-spnannex-ent





私の意見:原子力発電の反対は分かるけど、医療の放射線とはちと違うでしょ・・と思うのだが、本当に教授がそういう意図でそう言ったのならそうなのでしょうけど、そうは思わないんだなぁ。

オフィシャルページより抜粋:
必ずきちんと治して戻ってまいります。
http://www.commmons.com/whatsnew/artists/sakamotoryuichi/201407101307.html


・・・と下書きしている間に、ここを見つけた。やはり言ってないらしい。
http://www.oricon.co.jp/news/2039644/full/

この報道に対し坂本のマネージャーはツイッターで「なんて適当な記事…」と投稿。坂本自身もこれを引用して「読んでないけど。ああいう芸能記事を真に受ける人いるの?」と疑問符を投げかけた。




そして、↑ここも信じてはいけないし、私の文章も信じてはいけない。


同じ内容でFACEBOOKにも書いています。いいね! の人とコメントが見られます。



Home > 2014年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。