Home > 2014年12月

2014年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

イタリア料理 まつばら   盛岡

イタリアには多くの料理学校があり、多くの日本人が修行している。日本人はサボらないし、仕事も丁寧で几帳面という総料理長であるシェフから見たらとても良い印象があるという。その中で彼は労働VISAも取ってイタリアには12年、そのうちピエモンテ州に8〜9年働いてイタリア料理を腕に染み込ませている。ピエモンテ州はフランスに近いこともあり前衛的で美的でそして美味しい料理が多い(と私は思う)。このエリアは東京やパリのような都市は除いて、イタリア内でも世界的にもミシュランの星付きレストランの人口密度?? も濃く、密集している感が大きい。ちなみにワインのバローロやバルバレスコはこの地域産。その中で 松原氏 は、この私が40回以上通うレストラン All'Enotecaという一つ星でスーシェフ (2番目シェフ)を務めていた。シェフの Davide が不在時には、店を任されて全部の皿の責任者をやっていたという実力。料理には作った人の味があらわれると言うが、彼の皿には彼の優しさと繊細さと力強さに満ちている。

そんな彼が帰国をして、地元である岩手県盛岡市内にこの夏レストランを出した。
12.jpg

2_20141226225124199.jpg

綺麗な塔が窓から見える
5.jpg

チャンスがなくてなかなか行けなかったが、12月も後半になりようやく行くことが出来た。ここへ行く前には心配も少々アリ。それは、日本では材料も違うし、日本人のいわゆるイタリアンに慣れてしまっている味に合わせてつまらない料理になっていたらどうしよう・・・と思っていたけど、一皿目を食べてみてそれは杞憂に終わったのを実感した。
2.jpg

ディナーのメニューは4800円のプリフィックスなのだが、希望を先に言えば多くしてくれたり、予算に合わせてくれる・・はず(要事前相談)。ちなみに、ランチは1300-1500円なので毎日食べる昼ごはんには高いかもしれないが、このレベルでこの味ならば安いと言わざるを得ない。

東京からわざわざ食べに来たので少しセットのメニューより高級にしてもらいこんな感じ。
プロセッコ (泡のワイン)にて乾杯
1_20141226225123c1d.jpg

鱈のソテーにキクイモのソース(私は きくえもんのソース とは何ですかと聞いてしまった)。一皿目のこれを食べた瞬間に、行ける! と確信した。そう、イタリアの高級レストランの味なのだ。
肉のカルパッチョは微妙に味が付いているし
4.jpg

トルテッリはジューシーなスープが口に広がり(小籠包みたいな感じ)
6.jpg

タヤリン(タリオリーニ:細いパスタ のピエモンテ方言がタヤリン)は、もちろん生パスタでラグー(ミートソースね)もいい味
7.jpg

メインの魚も肉も適切な火入れ具合で、ソースも◎
8.jpg

9.jpg

デザートのアップルパイとヨーグルトムースもよい味
10.jpg

量は日本人に合わせて懐石料理のように少しずつなので苦しい思いはしないでいい。あ、4800円では全部出てきませんよ・・・

ワインはピエモンテ産のがメインで色々とあるけど、赤のバルベーラを選択。コンテルノの方はいかにもモンフォルテという感じでしっかりしておりオススメ。
3.jpg


ワインも含めて、味ではイタリアの高級レストランへ食べに来たような気分になれる。久しぶりにフォークが回転(美味しいと自然に回してしまうの・・)。盛岡の人、岩手県の人、そして東北の人はわざわざ食べに行く価値があるレストラン。他の素晴らしいレストランは知らないけれど、味では東北で上位に入ると私は予想する。

ディナーがあまりにも美味しかったので、2日後のランチも予約をしてディナーメニュー +α を出してもらいまた満足。もちろん、パスタだけで満足でしょうけど、遥か東京から来たので少しでも沢山食べたいじゃない・・・
ホタテのソテー・アンチョビーバターソース (顔が溶ける・・)
4_201412262251274af.jpg

鴨の燻製(焼き林檎と甘いワインのジェルが美味)
5_201412262251296c4.jpg

かぼちゃのニョッキ(甘さが旨味になってる)
6_20141226225153073.jpg

アニョロッティー ダル プリン (凝縮の味、カメリエーレの彼は、この名前を一生懸命発音練習していました)
7_20141226225154f0c.jpg

頰肉のワインソース煮込み+ポレンタ (日本の肉だからかとても柔らかいのと、ポレンタの味がおまけではなくて存在を主張してて味が濃厚)
8_20141226225156a42.jpg

チーズケーキとヨーグルトムース
9_2014122622515754d.jpg


その日の材料によって内容も違うだろうし、今回は無理言って特別なのを頼んでしまったので同じにはならないだろうけど、数回通ったら一人1万円でやってくれとか団体でとかのリクエストも聞いてくれるでしょう。オープン直後なのでまだまだ底力が浸透していないのが残念なのだけど、松原シェフの実力はイタリアにいた頃は マエストロ と呼ばれていた位なので、ありがたく頂きましょ。


行き方:
盛岡駅からTAXIで1080円〜1160円  住所の 神明町2-3 では運転手さんが分からない場合があるので・・
1)神明町(しんめいちょう)の関口屋菓子舗の手前隣 と言う
2)岩手県民会館の前の道、川を渡って2個目の信号を左に曲がって2件目の白い建物
 これで行けるでしょう。信号で降りて歩いてもいいです。ちなみに、2回行ったTAXIではこの言葉を使いました。
3)バスでも行けそうだけど部外者には分からないです

名前:イタリア料理 まつばら
住所:岩手県盛岡市神明町2-3
電話:019-613-6861
休日:水曜日
時間:11:30~14:00 (L.O) 18:00~21:30 (L.O)

食べログ:http://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3007921/

まだ、飛び込みでも入れるかもしれないけれど、やはり海外風に10分前でもいいから予約をいれておくと自分もお店も安心。でも、ドタキャンはダメヨ。いい意味で、もう少ししたら予約が取れないレストランになってしまうのが予測できる。(今のうち)
11.jpg

FACEBOOKに同じ内容で書いてあります (ログインしなくても見ることが出来ます)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10205677297150650&type=1&l=e7713a8218

凝った手作り料理

凝った手作り料理 写真をいちいち載せるのは大変なので、FACEBOOKの写真をご参考ください。
写真ごとになにかコメントがかいてあることでしょう。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10205420394328240.1073741879.1201297706&type=1&l=fbb3c0f113

こんなのが載っています。
凝った料理

Home > 2014年12月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。