Home > 2015年01月

2015年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

グリーンサラダ

サラダ  FBより転送





年賀状 2015

大昔から正月は "おめでたい" とは思わない。新年の挨拶で仕方がない場合には言うけど基本的に言わない。言うのは、今年も宜しくお願いします・・と濁す。年賀状にも 謹賀新年 や 明けましておめでとうございます や HAPPY NEW YEAR も書かない。別に宗教でも信念でも喪中でもないけど、おめでたくないからあえて言わないだけ。(仕事関係のお客様にはソフト系の無難VER年賀状を書いたのでそれには謹賀新年を書いたけど・・・)

外国では復活祭 (英語でイースター、イタリアではパスクワ、フランスではパック という) があって、みんなお祝い気分であるが、日本人にとって (特に私は) 何も感じない。お店が閉まってしまって不便なだけだ。外国では正月休みというのは無くて、1月1日だけお休みが多いとの事。その代わりクリスマス休暇があるのだそうだ。結局、正月もクリスマスも地球と太陽の動きから特別な日を人間が勝手に意味を決めた日なので太陽や地球の方には意味はない。

ついでに書けば誕生日もおめでたいとは思わない。1年の区切りではあるし、1年生きて来たお礼の意味もあるけど、自分にとってはおめでたくないので、2014年からFACRBOOKで誕生日を知っていても書かないことにしたし、言われないように誕生日は非公開にした。直接会った場合には挨拶で言うけどね。

それではおめでたいのはどういう時か考えてみた。試験に受かった とか 子供が出来た とか 結婚した とか 就職した とかだな。卒業したとか退職したとか成人したとかも、正月や誕生日のようにあまりおめでたくない、なぜならあまり努力もしないで自然とその環境になれると思うから。もちろん、卒業ギリギリの人やらすげぇいい仕事をした人が辞めるとか20歳まで生きるのが大変だった人にはおめでたいだろうけど、普通は時期が来れば自然に手に入る。なーるほど、努力したり環境を変化させたり能動的な事をした人が私にはおめでたいと起きるんだ。反論もあるだろうけど、私はそう思う。

・・・というわけで、年賀状の原稿が12月31日に完成した。今年はなかなかハードな内容で地球の事を書いてある。うーん、よくできたぞ◎

年賀状の文化は悪習だからやめよう・・・という意見もあるのは分かる。お歳暮や旅行のお土産や義理のプレゼント等、是非やめてほしい無駄で意味のない文化もある中、年賀状は1年の自己表現として生きている証拠として私は毎年工夫して出すことにしている。出さない主義の人は出さなくていいけど、私は出したいから書く事にしてるのだが、多くの人は読むのが嫌になるような回りくどい表現が多くて、真意を把握してくれている人は少ないだろうと予測する(高雄節という)。

それではどんな内容で書くんだと聞かれてしまいそうだから今年はブログにてお見せしましょ。紙のハガキが届いた人もいるだろうけど、FBの友達にはこれを公開して、ブログ用に年末用とマージして投稿。

何かメッセージを伝えたい、読んだ人が新しい行動をとるきっかけになるとか、Beingに違いを作るとか・・をTEXTにて表現したいと常に思っている。ところがそれは小難しい表現となってしまう。これが高雄節、一部のファンには絶大な人気であるのだが、ほとんどの人にはスルーされてしまう。10%程シンクロしていただければ良い成績と思ってる。
フォントは手書き風の みかちゃん。読みにくいのでTEXTだけ下に書きましょう。ご自分の解釈でどうぞ。

 ***

考2015

望む方向とは異なる角度に加速して
しまっている地球上の出来事
絶対的規模のエネルギーを(地震・火山・台風・・等)
人間は制御出来ずに待つだけ

同様、人間である欲やら本能も人間には制御できない
本来制御できるはずであったこれらも制御不能になりつつある
(温暖化、政治、経済、原子力、事故、事件、資源、汚染・・等)

自分の信念やら欲望を満たすために争いをしている人がいる
個人レベルでも国レベルでも、それを正しいと自分が信じていたとしてもだ

考えろ2015年、不可能を可能にする可能性を発明するんだ

 ***

写真は、ベルギー GENT の Gent city museum STAM にいる羊


羊

Home > 2015年01月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。