Home > スポンサー広告 > あじ蔵 CARO CARO (あじくら かろかろ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/204-d5e65254
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > あじ蔵 CARO CARO (あじくら かろかろ)

Home > 国内グルメ > あじ蔵 CARO CARO (あじくら かろかろ)

あじ蔵 CARO CARO (あじくら かろかろ)

旅に出るときは、美味しいものを食べられる場所を検索する。同じ条件なら美味しいほうがそうでないより何百倍もいい。これにこだわらない人ならば、出された物を美味しくいただくか文句をいいながらいただくことになるのだろう。安い方が良いという人の意見も尊重する。しかしながら、私としては同じ場所へ行くならば美味しいほうが良いし、わざわざ遠くまでいく価値があるかどうかの付加価値を望む。


名古屋まで出張するからには、伊勢神宮の空気に触れたい。伊勢神宮にいくからには、素晴らしい旅館に泊まって美味しいものを食べたい。

ここは、目の前が三重県唯一の牡蠣の養殖場であるという。オイスターバーを兼ね備えた旅館というより、デザインホテルのような雰囲気。WEBの写真を見る限りかなりよろしい雰囲気。時々、WEB負けしていて実際に行くと後悔する場所もある。

・・・が、ここはWEBの写真以上に満足であるし、料理の味は写真では分からないレベルで高度であった。まあ、値段が値段だから超上級というわけではないが、コストパフォーマンスはかなり良い。今回は、なんとかプランを駆使したのと3人で同じ部屋に泊まったので一人あたり15000円であった。あの料理とあの温泉とあの朝食とあの部屋とあのホスピタリティーなら満足の条件を満たす。また行こうという気にさせる場所。(ちと褒めすぎか・・・)

窓からの景色(夜)
IMG_7960_convert_20090329163904.jpg


窓からの景色(昼)ちなみに赤い車が私のルノーカングー 確かに漁港の目の前
IMG_8003_convert_20090329164509.jpg

IMG_8016_convert_20090329164619.jpg



出ました、牡蠣三昧
IMG_7964_convert_20090329164023.jpg


一つはかなり大きい
IMG_7972_convert_20090329164148.jpg


これは、この地方特産? 大アサリ (蛤ではありません)
IMG_7981_convert_20090329164208.jpg


船盛りは、3人で伊勢海老2匹、その他色々
IMG_7965_convert_20090329164046.jpg


焼き牡蠣。味が濃いのは加熱用の牡蠣だからね。
IMG_7966_convert_20090329164106.jpg


伊勢地方の地ビールもある (地ビール特有の濃い味) あえて言えば、少しお酒の種類が少なめ。白ワインと日本酒をもっと豊富にしたらいいのに。
IMG_7983_convert_20090329164232.jpg


ご飯は自慢の釜戸炊き (あえていえば自慢の割には白ご飯は普通のハイレベル、他が良すぎるからね・・)
IMG_7993_convert_20090329164436.jpg



ご飯は白ご飯も選べるし、牡蠣ご飯も選べるし、焼きおにぎりをお茶漬けにしたのも選べる。どれも美味しい。ここまで来るとおなか一杯。
IMG_7989_convert_20090329164355.jpg

IMG_7992_convert_20090329164414.jpg


牡蠣フライ。メニューには載っていなかったのだがどうしても食べたいので他のを減らしていいから牡蠣フライを入れてくれと事前に頼んだら出してくれた。この赤と緑のソースが◎ 普通のとんかつソースとはえらい違い。もちろん、味もよろしい。
IMG_7986_convert_20090329164332.jpg


何を減らしたのか分からないが、我々だけの為に書いてくれたお品書き。この通りになるかどうか分かりらないけどこんな感じに出るのでかなり満足。
IMG_7985_convert_20090329164310.jpg
写真は無いが、これに、牡蠣の鍋やらサラダやら肉の軽いおつまみやらも登場して、満足を提供されたという気分にさせられる。


そして、小さいながら温泉も出る。2部屋だけだけど、プライベート感抜群。1時間の予約制でかち合う事もない。屋根はあるけど、庭もあって半露天風呂で外の風が心地よい。
IMG_8009t_convert_20090329164535.jpg


朝食もまたGOOD。しょぼい旅館の鮭と海苔だけのご飯とえらい違い。この鯵の味がまた◎ 油が乗っていてとても味が濃い。
IMGP2102_convert_20090329222812.jpg


総評:ここまで気に入る旅館は久しぶり。満足の一点。あえていえばインターネットが繋がらないのと、クレジットカードが使えない、上にも書いたがお酒の種類をもう少し増えたら文句のつけどころがない。また来ます。


http://www.carocaro.com/
あじ蔵 Caro Caro
TEL 0599-32-1515  FAX 0599-32-6666
住所:〒517-0025 三重県鳥羽市本浦町今浦222
料金:平日1泊2食1万6800円~、休前日1万8900円~
交通:電車/近鉄鳥羽線「鳥羽」駅から送迎バス(要予約)で約15分
車/伊勢二見鳥羽ライン・二見JCTから約30分   ・・・はかからないと思う。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/204-d5e65254
Listed below are links to weblogs that reference
あじ蔵 CARO CARO (あじくら かろかろ) from 超一級グルメの旅

Home > 国内グルメ > あじ蔵 CARO CARO (あじくら かろかろ)

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。