Home > スポンサー広告 > 皆既日食2009

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/258-08aa25c4
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > 皆既日食2009

Home > その他話題 > 皆既日食2009

皆既日食2009

皆既日食とは太陽と月と地球がこの順番で一直線になり、地球上のその軸の上にいる人だけが見ることが出来るかなり稀な現象。偶然だか神様の仕業だか分からないが、地球上で見る月の大きさと太陽の大きさがほぼ同じなので、その時の月が地球に近い距離にあると皆既日食(全部かくれる日食)、月が地球から遠いと金環日食(太陽が輪ゴムのように淵だけになる)となる。中心軸からずれる場所にいると、部分日食となり月の満ち欠けのように太陽が欠けるのだが、光線が強くてほとんど分からない。

地球と月との距離によって、皆既時間が決まってくる。1991年ハワイ-メキシコ日食の時は、6分58秒という長い時間皆既状態を維持した。普通は2分とか3分なのだ。



人生で、かつて3回皆既日食を見に行った。これはかなりの病気である。一度かかってしまうと、また見たくなるという習慣性がある。 かなり治療できたので、今回は見に行かないですむ。

来週の7月22日、インドの方から中国、日本の南の島を通り南太平洋までの細い線上にて皆既日食が見られる。それ以外の所では部分日食となる。中心に近ければ三日月みたいに欠けた太陽となる。ちなみに、東京では9:55から欠け始め、11:12,58'が最高となり74.9%が隠れる。
TSE2009globe1a.jpg

この写真では青い線上にいると、皆既日食になりこれ以外だと部分日食だ。今回は丁度上海の市内を通るので、多くの中国人がこの光景を見ることだろう。奄美大島や屋久島でも見られるので、多くの日本人が南へ移動する。勿論もう飛行機は取れないし、ホテルも取れない。雨やらスモッグで太陽が見られない時は、残念ながら暗くなる昼間を体験するだけとなってしまう。


皆既状態の時、月が太陽を全部隠してしまうので、世の中が昼間でもまっ暗になってしまう。フランスのランスへ行った時は、皆既中バスはライトを点灯していた。

更に普段太陽光線が強くて普段見ることが出来ないコロナやプロミネンスを見ることができるのだ。このプロミネンスの深紅というか濃いピンクというかこの赤色は人生最大の美しい物として存在している。ほんとうに綺麗なのだ。太陽が再び顔を出す瞬間に見られるダイヤモンドリングも超美しい。この数分のために数十万円かけて海外まで出かけてしまうというのは、もったいないようで贅沢な使い方。それでも充分PAYできる価値がある。

私が見に行った皆既日食(ちなみに生きている間に日本の本州ではまだチャンスは無い)
1988年 3月18日 日本領域 小笠原沖300キロ海上
1991年 7月11日 メキシコ カリフォルニア半島の先端、カボサンルーカス
1999年 8月11日 フランス ランス

皆既時間に近づくと、夏にもかかわらずあたりはヒンヤリとしてくる。昼間なのに夕方のようにあたりは暗くなってくる。水平線や地平線が見られる場所だと、360度一周の夕焼けを体験できる。この異様な体験はなかなか出来るものではない。

ううううん、もう一度見たいぞ。国内ではあと2回、2009年7月22日屋久島で見ることが出来る、生きていたら2035年9月2日水戸と新潟を結ぶ線上でも見ることが出来る。私の人生で生きている間に本州で見ることが出来るのは1回だけだということだ。若い人なら2042年鳥島でも見られる。残念ながらこの歳生きていたとしても船に乗ってここまで行くのは少し難しそうだ。

宇宙の神秘は壮大なものだ。




Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/258-08aa25c4
Listed below are links to weblogs that reference
皆既日食2009 from 超一級グルメの旅

Home > その他話題 > 皆既日食2009

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。