Home > スポンサー広告 > フィレンツェの"P "

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/270-dbc00896
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > フィレンツェの"P "

Home > イタリアグルメ > フィレンツェの"P "

フィレンツェの"P "

”P ”
以前登場のフィレンツェのトラットリア・ピッツェリアの”P"。まだ、日本の情報にはノーマークなので公開したくない。私は気前が良さそうで、実はそうでもない。

ここが日本人だらけになっては嬉しくない。ちなみにイタリア人以外をここで見たこと無いので、他の国の情報でもノーマークなのでしょう。だからある程度有名になるまでは”P”という事にしておきましょ。

ここのメリットは山の中にあるフィレンツェにおいても、魚介類が豊富でかつ新鮮ということ。スカンピ(アカザ海老)の生を食べれる所は海の町でさえあまり無い。あのトロトロの味は日本では食べたことはない。まあ、そういう場所へ行けば日本でも食べれるのだろうが、イタリアのスカンピは中々の味。その他、蛸やら海老やら魚やらカラスミや貝類も美味しい。

写真は魚介のパスタ。上にカラスミのスライスが乗っている。この海の味が断然旨い。そう、旨みが凝縮している感じ。あまりにも美味しいので次の日もここへ来て同じようなパスタを食べてしまった。
IMG_6159.jpg


これは次の日のフレスカ(フレッシュ=生)パスタ。同様魚介類が美味い。
IMG_6175.jpg


フィレンツェに来たらキアナ牛、これはどうだか分からないが赤身で硬いが味がしっかり付いている肉はステーキやらタリアータ(スライス)にて本領発揮。この美味い肉は他の地方では食べられない。
IMG_6160.jpg


魚の蒸したもの、プリプリ感がいい感じ。こんなしっかりしたのも作れる。
IMG_6197.jpg


ピッツアは、ナポリ風のモチモチ生地。
IMG_6196.jpg


生のスカンピ(アカザ海老)と、蟹のサラダ。こんなフレッシュなのを食べれるのは嬉しい。
IMG_6158.jpg


小エビのフライ。透明な味がシンプルながら飽きさせない。
IMG_6174.jpg



ここが更にいいのは格式ばっている硬いレストランではないので、ピッツアとビールだけでもOKだし、レストランのように前菜+パスタ+メイン+デザートというフルで食べてもいい。ビールから1万円近くのワインまで置いてある。安易に来れるという意味ではダントツ。

ここへは10回位は通ってるはず・・・お気に入りの1店です◎


これは前回書いた話題
http://takaossu.blog96.fc2.com/blog-entry-23.html





Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/270-dbc00896
Listed below are links to weblogs that reference
フィレンツェの"P " from 超一級グルメの旅

Home > イタリアグルメ > フィレンツェの"P "

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。