Home > スポンサー広告 > 究極のトランスフォメーションは死

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

おーぷんペンギン URL 2010-08-19 (木) 00:07

興味深い内容でおもしろかったです。
僕は身体から抜け出した魂は新たな身体に生まれ変わると信じています。
昔、テレビで島田紳助が言ってました(笑)

384miho URL 2010-08-18 (水) 23:19

いやぁ~、そう私も思っています!
魂は肉体を脱いだら、自由で軽くなるって。
確かに究極のトランスフォメーションといえますね!!
そして、それは睡眠中にも起こっていると思っています。
眠って起きると、スッキリして軽くなるように。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/405-6cc62b36
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > 究極のトランスフォメーションは死

Home > その他話題 > 究極のトランスフォメーションは死

究極のトランスフォメーションは死

サナギが蝶になる、おたまじゃくしがカエルになる。こんなのをトランスフォメーションと呼ぶ。変化とは少し違いもっと壮大な全然異なる物に豹変するようなイメージ。トランスフォーマーと言う映画もあったが、この言葉も最近耳にすることが増えた。

起床直前のアルファー波が脳を飛び交っている時、夢の中で新しいそして良いアイディアが浮かんでくる。ふと考えたアイディアが起床した後にも記憶に残っている場合には、紙に書くなりPCに打ち込むなりして覚えておくことにしている。この文章(タイトル)も目が覚める直前に全貌が見えた・・・



ここから先は少しオカルトチックで、精神世界に入ってしまう内容なので、興味が無い人やらこの世界を理解したくない人、理解できない人やら怖い人は読まなくていいかも。


 ***

人間生まれてから死ぬまでの間に、身体は成長し・老化する。そして、機能を果たさなくなった時に運動を停止する。たんぱく質を基本に色々な原子の集合体の化学変化と細胞分裂・解体を繰り返しながら、最後は各々の分子に分解され安定する(ほとんどがカルシウム≒骨ということだ)。簡単に書けば、身体は化学変化によって成長するバイオロボットのようなものだ。その制御に使われるのは、脳のシナプスに流れる微少な電圧(数十マイクロボルト)。この脳のニューロンは3次元の網の目をランダムにつなぎ合わせたようなもので、この構造は想像を絶するものに違いない。

今これを読んでいるあなたの目にある視神経は、この文字を電気信号に変換して脳に伝達する。この情報を受け取った脳は過去からの経験から何か ”考える” と呼ばれる行動をしている。 ”わからねぇなぁ” とか ”おもしれぇ” とか・・・書いている私の映像が浮かんだり、関係ない事を考えたり・・・個々の体験は様々。これらの体内の化学変化・電気変化を”考える”と表現出来る。この考える事に関して、年齢と共に経験も積まれて過去からの情報も豊富になり、どんどん複雑になってくる。

ところが・・・身体の終焉(死)と共にこの記憶やら考えることも身体と同時に終わりになってしまうという概念が一般的には常識になっている。そう、脳がその役割を果たしていると仮定するならば、電圧の変化やらメモリーは消えてしまうからね。

そして、一部の人は輪廻転生とか死んだら神様になるとか言って、魂は永遠というのを信じている。つまり死後の世界があるということを信じている。そうかもしれないし、そうでないかもしれない。何故なら自分は死んだ事が無いから自分では体験出来ないからだ。そして分かった時には通常この世界に連絡が出来なくなっている。そして、キリスト教でも仏教でも、天国へ行ったり仏様になったりすると言われているでしょ。あながちそれは全くのでたらめではないと私は思っている。

驚くことに、ほんの一部の人間は、死者からのメッセージを伝える事が出来る(イタコとかチャネラーとか、色々、TVにも登場しているよね)。
・・・ということは死んだ後にも魂は存在していて、適切な媒介を通せば会話が出来るということだ。これを信じるかどうかは別にして、こういうのがあると仮定した場合に、ようやく表題にたどりつく。


生きている間は、身体と俗に言う 魂 は一体化しているが(くっついているという意味ではなく、同時に存在するという意味)、身体が動かなくなった時に 魂 だけが単独で存在することになる。こう考えると、生きている時の脳は電圧制御、魂は脳とはまったく別の作用(何だか分からない)によって機能しているということになる。生きている時は3次元の物理的制御の世界、亡くなったら?次元の??世界に行く。これは人間が体験できる究極のトランスフォメーションではないか? ・・・と思うのだ。

亡くなった時、身体は動かなくなったり、灰になったりしている。しかし、魂のメッセージを聞くことが出来た例を多数目の前にしてしまうと、信じる信じないは別にしてこの現象は体験したという所(本当にあるかも)に落ち着く。この体験をしたことが無い人は、ひとつの考え方としてこんなのもあるかもね・・・程度でよいと思う。


最近知人が亡くなったが、本人(=魂)はトランスフォームして身体から分離しただけだなと思う。動きが悪くなって古くなってきた身体を手放しただけだな・・・とも思う。この3次元の世界を卒業して、次の次元での活躍をしているのではないか。

軽くなったね、良かったね◎




Comments:2

おーぷんペンギン URL 2010-08-19 (木) 00:07

興味深い内容でおもしろかったです。
僕は身体から抜け出した魂は新たな身体に生まれ変わると信じています。
昔、テレビで島田紳助が言ってました(笑)

384miho URL 2010-08-18 (水) 23:19

いやぁ~、そう私も思っています!
魂は肉体を脱いだら、自由で軽くなるって。
確かに究極のトランスフォメーションといえますね!!
そして、それは睡眠中にも起こっていると思っています。
眠って起きると、スッキリして軽くなるように。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/405-6cc62b36
Listed below are links to weblogs that reference
究極のトランスフォメーションは死 from 超一級グルメの旅

Home > その他話題 > 究極のトランスフォメーションは死

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。