Home > スポンサー広告 > 牡蠣 Day2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/467-b96b5df4
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > 牡蠣 Day2

Home > パリグルメ > 牡蠣 Day2

牡蠣 Day2

次の日は、魚介類(牡蠣)専門店で老舗の L'ecailler du bistro という所。Midonaise さんに紹介してもらった。ここはみな生の貝を食べているみたいだ。今回は慣れていないのと、面倒なので有名な 牡蠣+オマール+デザートのセットメニューにしてしまった。ブロンという最高級の牡蠣(ただしNo5と小ぶり)12個とオマールの半身と今回はリンゴのデザートで50ユーロ。あえて言えば、牡蠣をもう少し別のに変えてもらってもよかったかな? 後から聞いたら、牡蠣セットみたいのもあるみたいだ。選択の失敗はときどきやるが、次回からは上手くなるので失敗もまた有効。

2人でこの牡蠣24個。
IMG_7897.jpg

すくってしまえば小さい。
IMG_7898.jpg

IMG_7899.jpg


オマールは女性の方に大きい爪が行くのだな。昔、料理の鉄人で主宰 鹿賀丈史 は、オマールの右爪 とかそんな言葉を発していた。プリプリの肉はたべがいもあり◎ 甲殻類とクリームソースは一歩間違えると うっと くるほどくどいものだが、ここのは良い具合のバランス。
IMG_7900.jpg


フランスは意外にも農業国なので、ポテトがとても美味しい。オマールのソースにつけて食べるとまたまた美味い◎
IMG_7901.jpg

IMG_7902.jpg



デザートは意外に(失礼)良く出来ている。リンゴの焼いたものにキャラメルソース+アイスクリーム
IMG_7904.jpg


L'ecailler du bistro
住所: 22, Rue Paul Bert, 75011 Paris
TEL: 01 43 72 76 77
休みと営業時間は自分で調べてチョ。人気店なので当日予約はちと難しい場合あり。

良いサイト発見
http://www.lefigaro.fr/assets/pdf/classement_fruits_de_mer.pdf
パリの魚介類屋BEST10 みたいの。このお店は5位に入っていた。



追記:
twitter でフォローされたのでフォローしたした人は、なんとこの牡蠣屋の斜め前(20度位か?)でビオ(自然派)ワインのお店(ワインバー?)をやっている日本人だった。お店の前は通過したけど、気に留めなかったので次回は行きましょう。私はまだ行った事ないですが、気軽いお店らしいので是非皆さん行ってください。
http://twitter.com/#!/crusdecouvertes

Crus et Decouvertes
7, rue Paul Bert 75011 Paris
TEL: 01 43 71 56 79



Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/467-b96b5df4
Listed below are links to weblogs that reference
牡蠣 Day2 from 超一級グルメの旅

Home > パリグルメ > 牡蠣 Day2

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。