Home > スポンサー広告 > JAL派、ANA派 航空会社の差

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/558-fa470c02
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > JAL派、ANA派 航空会社の差

Home > 海外一般 > JAL派、ANA派 航空会社の差

JAL派、ANA派 航空会社の差

日本にはJAL派とANA派がいるが、パリ、ミラノ、ローマ、上海、デンパサール、ニューヨーク : これらの地域をすべて網羅していたのでJALでマイレージを取得した。通常先にパリへ入り、フランスの仕事をしてから、EASYJET等の格安航空券でイタリアへ渡り、ミラノから帰国するスケジュールであった。・・・・のだが、ご存知JALはイタリアから撤退してしまったので、前回からパリ経由でイタリアへ入りイタリアの仕事をしてからフランスへ渡りパリから帰る。つまり以前はパリから入ってミラノから出るオープンジョーというチケットだったのだが、今はパリに入りパリから出るという単純往復となってしまった。フランスよりもイタリアの方が荷物が重くなるので、ミラノtoパリの飛行機は超過料金を払わなければならない。私の場合、成田-パリのJAL便は+20キロまで許容できる上級会員(グローバルカード)になっているので、荷物の重さは気にしなくていい。とにかく不便である。

パリまでのJAL便はAir Franceと共同運行しているので (コードシェア便という)、どちらの飛行機に乗っても料金は同じ。出発時間と好みで選べば良い。通常JL405という11時代のJAL機材で飛んでいたが、Twitterにも書いたようにエールフランスでは エアバスA380 という2階建ての大型飛行機を飛ばしているので、そっちに乗ってみたい。JALではボーイング777というご機嫌な飛行機であるのだが、新しいモノ好きなのでちょっと試してみる。こちらのほうが1時間半ほど遅く出発なので出かけるのはらくちん。


JALからのコードシェアではエールフランスのカウンターでチェックインしなければならない。心なし肩身が狭い気がするのは私だけだろうか。JALではお得意様待遇で黒いカーペットのグローバルカウンターでのチェックインだが (実際ビジネスクラスよりも良い待遇だと思う)、Air Franceだと外様大名の雰囲気だ。 (≒大名ではあるが、徳川家へ後から味方になった人たち) そんなのは気にせずに、チェックイン。

パリからミラノへは別にAir France のチケットを買ってある (こちらの方が安い) のだが、成田でパリtoミラノもチェックイン出来て、ミラノMXP (マルペンサ空港) まで荷物を一気に運んでくれる。心配はトランジットの時間が1時間半なので人間は移動できても荷物も移動できるかどうかだ。悪名高いCDG (シャルル ドゴール空港) なので、多少心配もある。

時々、どこどこの航空会社は荷物が無くなるとか、どこどこの航空会社の操縦は上手いとか書く人がいるが、実は会社での差はほとんど無い。

荷物:
空港の荷物のベルトコンベアの先は空港の管轄なので航空会社は関係ないのだ。アリタリア航空は荷物が無くなるとか有名ではあるが、理論としてはどこでも同じ。あえて言えば、職員のシールの張り方や印刷機の精度などが違うかもしれないが、無くなる確率は同じはず。あと、事件が起きた後の対応は大幅に違うので (JALの対応は素晴らしい、ロストバゲージは自分の責任ではないのに・・・・) 文句を言う人と文句の量が大幅に違うのだろう。まぁ悪く言えばもみ消しが上手い航空会社は荷物がなくなるという噂が立たない。

どこそこの空港は無くなる確率が高いというのなら分かる。職員の意識の高さとシステムの差は大きいと思う。まぁCDGやらMXPやらLHRなどのハブ空港ならば扱う荷物の量は膨大であるから、絶対数としては多いだろうが確率としては変わらないのではないかと私は個人的に思っている。

操縦:
各々の会社のパイロットの教育システムやら経験の差はあると思うのだが、操縦が上手いか下手かの差よりも、その日の天候やら機体の差での差の方が格段にパラメーターが大きい・・・・はず。かつてアエロフロート (ソ連)のパイロットは軍隊あがりだから操縦が上手いとかの噂があった。確かにそうかもしれないが、横風20m/sec時の上手いパイロットと無風時の下手なパイロットでは揺れかたは違うだろうし、最新鋭の飛行機と旧式の飛行機では技量に関係なく乗り心地は違う。つまり、どこそこの航空会社は良いとか良くないというのは、乗り心地とロストバゲージに関しては関係ないということ。 ・・・・という私の意見です。

・・・・というわけで、今回初めてA380に乗って無事パリまで着いたがその内容はまたあとで。



Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/558-fa470c02
Listed below are links to weblogs that reference
JAL派、ANA派 航空会社の差 from 超一級グルメの旅

Home > 海外一般 > JAL派、ANA派 航空会社の差

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。