Home > スポンサー広告 > === Twitter について===

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/596-57f662f9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > === Twitter について===

Home > PC話題 > === Twitter について===

=== Twitter について===

最近のツィッターではリツィート機能というのがあり他人のツィートを気軽く転送できるので、良い情報も、デマもどんどん回ってくる。Twitterはまだ新しいシステムなので、多くの人の利用は少ないが、電話が通じない事態でもネットがつながっていればかなり有効な連絡方法だったのは確か。
うまく利用できれば、緊急時にも対応出来る。今回の地震を機会にソフトを導入した人も多いだろう。

この中で有効な情報やら緊急の情報は、”拡散希望” と書いて広めてもらうことがある。この拡散は字のごとく拡散なのだが、これはどうもチェーンメールと似ていると思う。今のところ問題になっていないので、拡散したい人は拡散していいがもっと多くなったら拡散禁止条例 (?) ができるかもしれない。

ついでに書くと、リツィート機能には2種類あって、公式リツィートと非公式リツィートがある。だれかのツイートを良かったから自分のにも貼ろうという時、そのままリツィートをクリックすると、誰かが書いた原文のまま自分の所に表示される。それに対して誰かのツィートに自分で何かコメントを付加して自分の文章として書きたい場合は非公式リツィートといい、自分で他人の文章をコピーして貼りつけて作る。今、少し問題になっているのは非公式リツィートが多くなると正式な情報が埋もれてしまうというチェーンメールのような立場になっている事。どうも、これはやらないほうがいいみたいだ。公式リツィートはやっても問題ないみたいなので、良い文章を発見したら、公式リツィートをして人々に広めよう。

さらに、誰かの言葉に自分の言葉を混ぜてしまうと、伝言ゲームのように情報が独り立ちしてしまい、元の本人はその気が無くてもデマとなってしまう場合がある。ネチケットと言ってネットのエチケットは、Eメールを使う人にはある程度浸透していったが、携帯やらスマートフォンを使い始めている人にはエチケット (=あえて常識と呼びたい) を浸透させるのは困難がともなう。


Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/596-57f662f9
Listed below are links to weblogs that reference
=== Twitter について=== from 超一級グルメの旅

Home > PC話題 > === Twitter について===

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。