Home > スポンサー広告 > 行動範囲が広いほど、多くの経験が身の回りに起こる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/697-c2f80929
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > 行動範囲が広いほど、多くの経験が身の回りに起こる

Home > 海外一般 > 行動範囲が広いほど、多くの経験が身の回りに起こる

行動範囲が広いほど、多くの経験が身の回りに起こる

イタリア語ではロトンダ、英語ではロータリーと呼ばれる信号不要の交差点がある。十字路は丸い円の道路になっていて、先に中心回転道路に入ってる方が優先となる。分からなければ難しいので分からなくていいが、土地さえあればかなり良いシステムと思う。日本では不都合もアリ。大きいのはパリの凱旋門だが、ここには信号もある。私は個人的に ”ぐるりんちょ” と呼んでいる。

親戚一家と一緒の海外旅行。ご存知、海外旅行にはゴロゴロさせるあの大きいスーツケースを持って行くのが常識レベルの日本人。それでは荷物入れが足りなくて、小さいゴロゴロを機内用に持って行く人も多いでしょう。5人の人間はレンタカーに乗れるのは分かるのだが、5人分のスーツケースを乗せられるかどうかは至難の業。出発前から荷物制限をして個数を減らして乗せられるように計画した。車も少し大きめをレンタルする。こんな荷物だから後ろも見えない。
IMG_4819S.jpg


ここは北イタリアの地方都市 ALBA。白トリュフの産地としてその業界の人には超有名な場所なので、10-11月には世界中からグルメがやってくる。”アルバの白トリュフ” といえば聞いただけでヨダレが出てくる人もいることでしょう。

さて今回もここを運転中、ぐるりんちょがあるので徐行をして左を見ながら車を円形道路に入れる。隣の道からクリーム色の自動車が出てくるのは見えていたが、同乗者が大きな声で ”危ない!”と叫ぶので、反射的に急ブレーキをかけてしまった。彼女はクリーム色が優先でこちらは止まるべきだと判断したらしい。私は先に円形道路に入っていたのでこっちが優先だと判断したが、止まってしまったのは仕方がない。キュっとタイヤの擦れる音と停止した反動の0.8秒後、ドン! とエンストしたような振動と音が車から聞こえる。

私:「何だよぅ。。。。急に言うから追突されちゃったじゃないかぁ~」 
そうである、私には後ろの車が私の車に追突したのがすぐ分かったが、同乗者は気がつかないレベル。

ちなみに、このレンタカー、MXP空港で借りた時から前後左右が傷だらけで、右面は大きく凹んでいるではないか・・・こんなのをレンタカー屋は貸すのかよと思ったし、知らない人が見たら私がぶつけたようでカッコ悪い。

ああ、海外で交通事故とはめんどくせーなと思いながら路肩に車を寄せて降りる。向こうの車は黒の小型車で、今回やったのかどうかわからんが大きくバンパーが割れている。こっちの傷はほぼ見えないし、多少あるが他の傷から比べると誤差に等しいレベルだ。右下のバンパー
IMG_5047S.jpg


外国では決して謝ってはいけないとう鉄則がある。自分が悪くなくても I'm sorry. と言ってしまうと自分の落ち度を認めたことになり、裁判でも警察でもこっちが悪いことにされてしまうからだ。日本人はすぐ謝る習慣があるから気おつけないとね。

向こうから若い男2人が降りてきて、初めから ミスクージ、 mr;oajoa orhhh22!  ミスクージ、ao;hao bhh3bnv o;h94u^3! と謝っている。ミスクージはごめんさいで、mrnoh3nit rehioheorは何を言っているか分からないイタリア語である。お前が急に止まるから悪いんだ とすごまれたら困ったなと思っていたら、好青年だったのでほっとした。こちらの傷はバレないと思うので、許してあげることにした。本当は警察を呼んで事故証拠の書類を出してもらって、レンタカー屋に連絡をするべきなのだが、この状況ではOKということにしよう。彼らは感謝しながら、握手をして別れた。

ミラノ中央駅で返却する時には少し緊張して (ばれないのは分かっていたが)、向こうのチェックする人を眺めていたが、”全てOK” にサインしろと言われほっとして すべて完了を体験した◎
事故現場↓
IMG_5027S.jpg


今回のイタリアでの移動距離 1427km,フランスでは803km運転した。一人で運転したわけではないが、合計2230キロの移動では色々な出来事が起きるのだ。過去にはスピード違反やら高速道路でパンクやら、レッカー移動されたとか、ガラスを割ったとか・・・車関係だけでも日本以上に出来事がある。そう、行動範囲が広いほど多くの経験が身の回りに起こる。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/697-c2f80929
Listed below are links to weblogs that reference
行動範囲が広いほど、多くの経験が身の回りに起こる from 超一級グルメの旅

Home > 海外一般 > 行動範囲が広いほど、多くの経験が身の回りに起こる

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。