Home > スポンサー広告 > マッシュルームのパスタ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/742-aefc3629
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > マッシュルームのパスタ

Home > 料理自慢、レシピ > マッシュルームのパスタ

マッシュルームのパスタ

かつて何度も登場のパスタ。ホワイトマッシュルームとパセリを混ぜたクリームソース。この味は材料からは予想外なのだ。

1階の台所で作ったのでフードプロセッサーもなく、包丁の手切りとなるが問題ではない。

・ニンニクは細かく切って15分後に少し色が付くレベルまで超弱火でゆっくりオリーブオイルと共に火入れ。
・普段はパセリだけを使うのだが、今回は余っていたセロリ (葉っぱつき)とルッコラも入れてみじん切り。
・にんにくオイルに野菜を入れて、塩を少々。緑色が綺麗になる。火は超弱火→中火まで強化。
・緑野菜に火が通ったと感じたらお湯を少々いれてドロドロに。
・マッシュルームは細切りしてから、縦にざくっと切る。
・フードプロセッサーがあれば、緑野菜を細かく切ってから、マッシュルームを追加して大きく切る。
・塩漬けアンチョビーを半身細かく切ってペースト状にして追加。チューブでもいい。
・火を再度弱くしてから生クリームを入れる。この時、完成した時の濃さを考えて量をお湯と調整。
・生クリームが濃いと美味しいようだけど下品な味となってしまうので少なめに (料理は引き算)。
・生クリームは沸騰させたくない。
・パルメジャーノ・レッジャーノを剃って混ぜる。

これにてソースは完成。塩味が足りない場合は塩をいれてもいいけど、アンチョビーとパルメジャーノの塩分があるので本当に最後に入れる。

このソースの場合、普段パスタは、ネジ状になってるフジッリ (Fusilli) を使うけど、この日はConchigliette Piccole (コンキリエ ピッコーレ)  これは貝殻を意味するイタリア語、ピッコーレは小さいという意味。そう、このパスタは大豆や小豆位の大きさ程小さい。銀杏位の大きさのコンキリエは見たことあるかもしれないけど、こんなに小さいのは珍しい。ディチェコであったので買ってみたの。

IMG_3098t.jpg


普通のパスタはフォークで食べるけど、この場合はスプーンになる。人数が多いときや量が少ない時にはいいかも。
味は相変わらず美味しい◎

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/742-aefc3629
Listed below are links to weblogs that reference
マッシュルームのパスタ from 超一級グルメの旅

Home > 料理自慢、レシピ > マッシュルームのパスタ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。