Home > スポンサー広告 > 今回は会える、生で会える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/763-758b4107
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > 今回は会える、生で会える

Home > 海外一般 > 今回は会える、生で会える

今回は会える、生で会える

前回8月の時は海外でいつもは会える人に会えなかったのだが、今回の成績は優秀。いつもの人や、久々の人や、NET上で知っていてもまだ生で会った事がない人に今回は会えたり、また席が隣だったとかで新しく知り合った人もいる。


●引き回しの刑を執行したS氏、パリ在住の彼は初日の夜からディープに会った。旅の後半になるとアルコールも強くなるのだが、初日から一気に強くしてくれた。13日後・最終日に、かわいい奥様も一緒にもう一度会った、詳細は最後に・・・ 彼とは情報のやりとりの応酬が色々、最近負けてる方が多いし、頼ってしまう方が多い。また借りを作らされた。うん、楽しい時間だ◎ 本当は彼らと一緒にノルマンディーも行く予定だったけど向こうの緊急出張が入ってしまい今回はこっちだけ。


●今回35回目の訪問 All'Enoteca というイタリア ピエモンテ州の田舎のレストラン。Partyに呼ばれたりディナーの次の日のランチはカウントに入れてない。周りはぶどう畑ばかりでワインの産地としても有名な Canale d'Alba にある。10年近く 年に4回必ず行くように予定を立ててるレベルで気に入ってるのだが、前回8月の時は夏休みのタイミングが合わずにシェフのDavideとも会えなかった・・・
今回はしっかり会えてダビデ節も絶好調。その他サーブする姉のイバーナや、M や J とも古い付き合いとなる。白トリュフは実の所まだ時期が早くて良い出来具合ではなかったが、料理は毎回美味いし満足の嵐が吹く。これを書いてて分かったことだが、このレストランを中心に新しい人間関係が生まれてるんだなと実感する。ダビデ効果大◎


●このレストランでは日本人のお客は珍しいのだが (日本人シェフはよく働いてるけど・・) 、隣のテーブルは7年前にここへ来たことがあるという日本人の男性と美人奥様。茨城県でワインの輸入をしてるとのこと。意外と安くて美味いCANALEのワインを扱ってるのが発覚。料理が終わった後のDavideとのお話の時に一緒にお話をした。向こうはFACEBOOKをやっていて名前を見つけたが、友だち申請が出来ない設定になってるので、メールでお願いしようとしたら相手からリクエストが来たので友達関係になれた。彼とは以前会ったことは無いのだが、私のブログで私の事を知っているという。そうか、こんな所へ来るようなディープな人には私は有名なのね・・・7年ぶりにこのレストランへ来るので調査をしたら私が書いたのを見つけて情報を入手したとのこと。まさか書いた本人がいるとはと驚いた様子◎
S-IMG_8368.jpg
顔出しOKの許可をもらいました


●ブログを書いてると全く知らない人から時々コメントが来る場合がある。何処かでひかかって友好状態が生まれる場合もあり。引き回しの刑のS氏も同じパターンだったが、このWさんは私のブログを見てここ All'Enotecaに食べに来て はまった一人。仕事もあるけど九州からはるばるここまで食べに来てる・・・そんな彼とは時々メッセージやメールにてコミュニケーションしているのだが、予定を聞くと同じ時期にCanaleにいる事が分かった。向こうはランチだけどこっちはディナーなので、向こうのランチ中に会いに行くことにした。OFF回というのも参加したことあるけど、ネットでは知っていても生で会うというは勇気のいるものだ。変な奴かもしれないし、つまらない奴かもしれない・・・まぁFBのコメントやメールの対応から大丈夫な人だと確信は持てる・・・ ただ、ただひとつの躊躇は彼の写真を見るとヘアスタイルが奇抜、少し注意を要する。デザートあたりで電話をもらい会いに行く。この日は休暇でホテルでのんびりしてるので10分以内にレストランまで行けるのだ。
S-IMG_8401.jpg

昨晩初めて電話で話したので雰囲気は分かったが、会ってみると注意は杞憂に終わる。こちらも美人奥様同伴で楽しい話がとどめもなく出てくる。私が書いた海外携帯のSIMカードの話で私のブログに引っかかり、その他の記事を見てたら美味しい話が出てくるので夫婦で興味を持った模様。私のブログは面白い人には面白いがつまらない人にはつまらない (当たり前だ)。”方向が同じ” という表現が気に入ってるのだが、まさに同じ方向を向いている人とは馬が会うし楽しい。私のブログのタイトル ”超一級グルメの旅” から私のことを ”超一級 さん”と呼んでるとのこと・・・◎ SIMカードや、高度な飛行機乗りのテクニックや、レストランの事や、ワインの事で盛り上がる。彼も今回2回このレストランに来る程気に入ってる。回数では少ないのにここのソムリエやおねぇちゃんのイバーナとも仲良くやってる。コニュニケーションは努力も必要だし、飛び込む勇気も必要なんだなと実感する。


●Canaleには贔屓のホテルがあってよっぽどのことが無ければここに泊まることにしてる。ワイナリーが経営しててぶどう畑のてっぺんにホテルというか建物がある。ここの主人の I さんはいつも歓迎してくれる。火山噴火で1週間足止めを食った時も延長分は半額にしてくれたり、美味しい朝食やワインをごちそうしてくれたり待遇がいい。一緒に働いてる E や B も友達レベルになってる。ここはチェックインが済むと鍵を渡されて従業員は常駐しないので別荘にいる気分になれる。冬には他の客がいない場合もあり、建物貸切も楽しめる時もある。ここも前回来られず、4月以来の来訪、ちなみに2月は雪が深くて坂が登れずキャンセルとなった。
名前は Villa Cornarea。特別上等な所ではないのだが落ち着くのだ。ちなみに、ワインもガンベロロッソで2グラスを取っていた。(今は分からない)
http://www.villacornarea.com/
S-IMG_8396.jpg


●Canaleには美味しいチーズ屋があって買える時はここで買って帰るので、ここの店員とも友達状態。向こうは英語があまり話せないのでこっちのつたないイタリア語での対応となるが、向こうは通じてると信じているらしい。実のところ20−30%の理解力なんだけどね・・・
フランスの有名俳優 ジェラール・ドパルデュー がこのお店に来たときの写真が壁に貼ってある。私がここの奥さんと一緒に写った写真も同じ所に飾ってある (あの日本人は私です)。知らない人はどんな有名人なのかと思ってるに違いない。


●このチーズ屋に向かってる途中にDavideの奥さんとばったり会う。PARTYを開いてくれるときは会うけれども、普段レストランへ行く時には会わないので2月以来・・・最近FBで友達になったばかりだけど、子供たちの写真の話題をつたないイタリア語で話す。


●MIXIで友達になったMさん(日本人女性)。普段はスイス・ローザンヌに在住なのだが時々フランスや日本に出張してる。前回は珍しく東京に来た時にこっちがイタリアにいて会えなかった。その前会ったのは、新宿のフランス展のワイン売り場で一瞬会った (チョコをもらった・ありがとう)。その前も東京で試飲会に呼んでもらって会った。その前日が初対面でなんと我が家に呼んでのお食事。前に何処かで書いたけど、うちの玄関で”初めまして” の挨拶をするというレアな関係。この人のブログを見ると料理が格段に上手いのが分かる。対抗しなければならないので、パスマシーンを使ったり、イカスミを出したりしたものだ。
そんな彼女はこっちがPARISにいるときに、同時にPARISにいるという。但しこっちが美味しい物三昧の直後で胃がくたくたになってる時なので、お食事は出来るかどうか分からなかったが、今日は牡蠣を食べるという・・・牡蠣ならもたれないので例の牡蠣を食べに出かけて会った。
S-IMG_8547.jpg

前出の牡蠣は彼女夫婦と一緒に・・旦那は長身&イケメンのいい男(外人)。ワインの輸入をやってるのでワインのセレクトやら注文はお任せしちゃう。数あるリストの中から知らないで選択するのは困難が伴うが、知っていて選択するのは本当の選択ということで、こういうのは知ってる人に任せるのが理にかなっている。今回で会ったのは4回目で、トータル会った時間は6時間くらい? なのだけど、大昔から友達のようになってる。この人達もALL'ENOTECAに来週行く予定、多分3回目? ご主人は「あと2週間も先かぁ・・」と心待ちにしてる。


●再び初日から引き回しの刑のS氏、最終日も一緒にお食事。食べたところは秘密の ”A”  日本人にしっくりくるフレンチかつ、基本に忠実で繊細さもあり◎ リピートになるでしょう。ここで前回会えなかったS氏の可愛い奥様とも会えた。映画の話で少し盛り上がる。映画が分からないS氏は蚊帳の外。刑の罰だ。


●残念ながら狙っていた (会うのをです) Fちゃん (9月から1年パリに留学の社会人学生) とは会えず・・・電話は夜に繋がって少し話しした。次回2月には会いましょ。


●帰りのTAXIは贔屓のシャトルタクシーを使う。50ユーロの固定料金でCDG空港まで行ってくれる(逆も可)。流しを拾えば最高で10ユーロ位は安くなるかも知れないけど、高くなる確率もある。ここは小規模ながら安心出来るので友人にも勧めたし今回も使う。会うのは3回目で運転手とは友達ではないけど、日本に軍隊で来たこともあるいいやつで ”よぅ” って感じ◎
http://www.parisluckyshuttle.com/


★ こう見てみると、2週間で色々な人と会って、色々な事をしたなと実感。ブログを書いたり、FBで色々と書いてるのも追い風だが、やはりベクトルが同じ人≒方向が同じ人 とは気が合うし話もはずむ。世界中 (おおげさだな) 色々な所に住んでる人が、引き寄せられるように集まってくる。人間関係やら、コミュニケーションやら、繋がりは大変興味深い。
ガツガツ情報を入手しようと、下心丸出しで無理な人間関係を構築するより、気前よく情報を放出して少しだけ前向きに (前のめりに死ねという表現が好き 又は やらないで後悔するよりやって後悔したい も好き) 関係を作って、楽しくやりたい事をやっていれば自然に情報も入ってくる。うん、良い人生だ◎




Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/763-758b4107
Listed below are links to weblogs that reference
今回は会える、生で会える from 超一級グルメの旅

Home > 海外一般 > 今回は会える、生で会える

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。