Home > スポンサー広告 > ポルトガルワイン−3 ポートワイン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/775-f7b48770
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > ポルトガルワイン−3 ポートワイン

Home > ワイン話題 > ポルトガルワイン−3 ポートワイン

ポルトガルワイン−3 ポートワイン

 なるほど、知らない事が沢山ある事が分かった。
ポートワインとポルト酒とは同じものなのか・・・ 
なるほど、甘いだけのワインではなくて、発酵途中でブランデーをぶち込んで発酵をとめてるのか・・・ 
アルコール濃度20度もあるのか・・・ 
知らない事だらけだ。

 ポルトガルワイン屋さんが甘いのも何か書いてくれるならこっちも送りますとの事だったので、送ってもらうことにする。まずかったらそのように書いていいそうだ。甘いワインはフランスのソーテルヌという貴腐ワインが有名であるが、ポルト酒はよく知らない。ドイツの長ったらしい名前のワインもフルーティーで甘い(昔は好きだった)。イタリアのモスカート (英語のマスカットね) も甘い。

 つまり、ポルトワインはそんな感じの甘いワインが来ると思っていた。到着後一口飲んだら甘ったるい・・・ げ〜濃い砂糖水を飲んでるみたいだ。第一印象は極端に悪い。だから、美味しかった赤ワインの評価と同時に書いてしまうと向こうをいくら褒めてもマイナスになってしまうと思いあえて分けての評価。
S-IMG_9680.jpg


 そうか、ポルトガルにはポルトという場所があるのだな。そこから船積みされるのか・・・生産してるのはここではないけどね。ポルトというのは港という意味だろうから安易なネーミングだな。そうか、世界遺産なのか・・・

 勉強してゆくうちに、ワインと思わないでくださいとの店主の言葉がようやく聞こえてくる。ワインと思わなければいいのか。初めて飲んだ時は食事と同時だったので、食後酒なのは知っていたが白ワイン風に飲んでしまい甘ったるさを感じてしまっていた。

・・・ 時間経過 ・・・

 数日後、思い出して夜遅くなってから飲んでみる。おおお、このタイミング・このシチュエーションだと美味しいのか。そうかそうか・・・とようやく理解できる。甘いけど、砂糖を溶かした下品な甘さではなく果実からにじみ出た上品な甘さ。これなら好きだ。

 ここのサイトを読んでいくと、栓をしておけば1ヶ月もつとのこと。
http://www.vinho.jp/?type=%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%EF%BC%91
普通のワインだったら酢になってしまう期間だけど酸化が止まるそうなので長持ちなのね。その他発見したのは、初回はワイングラスにいれて多く飲んでしまったのでくどかったが、ウィスキーのショットグラスのようにちょっとづつナメるようにして飲むと更にいいのを発見。頂いたのは10年もの3200円のだったけど、長持ちするからデザートとして常備してもいいかな。


ポルトガルワインの崖の上
http://www.vinho.jp/
社長:佐野さん

FACEBOOKではここ
https://www.facebook.com/gakenoue?ref=ts&fref=ts









Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/775-f7b48770
Listed below are links to weblogs that reference
ポルトガルワイン−3 ポートワイン from 超一級グルメの旅

Home > ワイン話題 > ポルトガルワイン−3 ポートワイン

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。