Home > スポンサー広告 > アサリのリゾット 料理は実験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

高雄 URL 2013-11-26 (火) 03:55

違ったかぁ・・・
Buca Mario とか LA Spada とかと関係無いですか?

違っていたらごめんなさい。昔、イタリアメーリングリストでフィレンツェへ行くと書いたら、ここへ行けと言われて行ったのです。
行って、リュージに紹介されたと言ったら、ビスコッティーをご馳走してくれたので覚えてるのです。

ryuji_s1 URL 2013-11-25 (月) 13:28

高雄さん
たぶん違うとおもいますが

高雄 URL 2013-11-24 (日) 20:06

リュージさんって、大昔フィレンツェのステーキ屋を教えてくれた人ですよね・・・

ryuji_s1 URL 2013-11-24 (日) 19:03

あさりのリゾット
おいしそうです
素晴らしいレシピ
見事です

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/823-a039748f
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 超一級グルメの旅

Home > スポンサー広告 > アサリのリゾット 料理は実験

Home > 料理自慢、レシピ > アサリのリゾット 料理は実験

アサリのリゾット 料理は実験

S-IMG_3662.jpg

家族がいないとき "丑三つ時のおいた散歩" はしなけど、思い切り料理の実験は出来る。人に食べさせる時にはある程度の挑戦やらリスクは取っても失敗はできないもの。ハイリスクの実験は出来ないのだ。

冷蔵庫を開けるとアサリが一袋。・・・考える、考える。ボンゴレパスタを作るのは簡単だがこれは完成されているので実験ではない。 ・・・考える、考える。 そうだリゾットを作ってみよう。賢人が書いた書物にはブロードを温めておいてから少しずつ入れるとかのテクニックが書いてあるが、以前実験したときにはあまり関係がなかったので、簡単版を作ってみる。

このちょっと前に料理の弟子から電話があり、キノコのパスタが美味しく出来ないとのこと・・・そりゃそうでしょ、ちょっとやそっとでは難しいのよ。3回目に格好がつくというもの。それまでは失敗しなくてはならない。初めて作る料理で客人をもてなすのはハイリスクローリターンで賭ける価値は低い。しかしこの弟子は作り方をしっかり聞いて、しっかり作るので今ではかなりのレベルになってるとの噂。やってみなけりゃ分からない。どんどん挑戦しましょ。

米(日本のでいい)を 60g (実験は失敗する確率もあるので大量には作らないこと)。
バター15g (カルビスバターはあっさりしてていいのだが、今日はこってりの明治バターを使う・貰ったのがあった)
鍋に入れて火をかける、バターが溶けてこんがりしてくる。もちろん米は洗わずにそのまま使う。
口があいていたのがあったので赤ワインを少し入れて米に吸収させる。入れなくてもいいと思う。
ちなみに、デジタル秤は入れ物を入れた状態で0gにリセットが出来るので気軽く何g追加ができるんだ。
S-IMG_3654.jpg

S-IMG_3655.jpg





お湯でも水でもいいのだが少しだけ入れて炊き始める。減ってきたら足す。
この時、固形の (勿論液体でもいいですけど) ブイヨンとかコンソメとかそんなのを入れる。料理の味はこの味がボトルネックになるから美味しいのを使うべし。我が家ではフランスから買ってきた野菜のコンソメを使ってる (人工的な味がしないんだ)。
分量は完成したときの塩辛さを考慮して入れるように。あと、アンチョビーのチューブから2cm位追加。

水を追加しながら更に炊く。この辺で野菜の味を出すために、ズッキーニのスライスとシメジを1/4位入れて一緖に炊く。
最後の方にアサリをひとかたまり入れる。水を足して常に炊いてる状態をキープ。アサリを入れるタイミングは、出汁が米に吸収されるのと、火をかけすぎてボロボロになってまずくなるののバランスを考える。私は完成の75%位のタイミングで入れてみた。
S-IMG_3657.jpg


塩味が足りないようだったら足してもいいけど、先ほどコンソメで調整してるはずなので入れなくてもいい。米がリゾットの硬さになったら完成。わからない人は芯がある程度の固いレベルにするといいと思う。美味しい本物を食べないと美味しい物はつくれないけどね。
S-IMG_3658.jpg


自分が食べるのでなければ、アサリの殻も取りたいくらいだけど、食べやすさよりも見た目重視でそのままにしてある。小粒なので見た目はイマイチだけど、ま・いいでしょう。

味はその辺の高級イタリアンレストラン位? に美味しいのが出来た◎
S-IMG_3664.jpg


FBにも書いたからこっちにも反応を載せてみよう。

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10202643755794012.1073741837.1201297706&type=1&l=1cf58e0753





Comments:4

高雄 URL 2013-11-26 (火) 03:55

違ったかぁ・・・
Buca Mario とか LA Spada とかと関係無いですか?

違っていたらごめんなさい。昔、イタリアメーリングリストでフィレンツェへ行くと書いたら、ここへ行けと言われて行ったのです。
行って、リュージに紹介されたと言ったら、ビスコッティーをご馳走してくれたので覚えてるのです。

ryuji_s1 URL 2013-11-25 (月) 13:28

高雄さん
たぶん違うとおもいますが

高雄 URL 2013-11-24 (日) 20:06

リュージさんって、大昔フィレンツェのステーキ屋を教えてくれた人ですよね・・・

ryuji_s1 URL 2013-11-24 (日) 19:03

あさりのリゾット
おいしそうです
素晴らしいレシピ
見事です

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://takaossu.blog96.fc2.com/tb.php/823-a039748f
Listed below are links to weblogs that reference
アサリのリゾット 料理は実験 from 超一級グルメの旅

Home > 料理自慢、レシピ > アサリのリゾット 料理は実験

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。