Home > その他話題

その他話題 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

人生で一番美しい光景

日本で部分日食が見られるらしい。でも、部分日食を皆既日食と間違えている人はいないかな? 太陽の一部が月に隠されて欠ける減少は稀ではあるが、全部隠れてしまう皆既にはかなわない。私にとって ”人生で一番美しい光景” が皆既日食だ。過去に3回見たことあり → 小笠原、メキシコ、フランス・・・

誰かの写真、実際に見れるのに近いと思う。
eclipse-solar.jpg

肉眼ではここまで見えないけど、双眼鏡を使うとこんな感じになる。

■6月2日早朝、北海道や東北などで部分日食
(読売新聞 - 05月30日 19:02)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110530-OYT1T00870.htm


2009年の日記
http://takaossu.blog96.fc2.com/blog-entry-258.html
http://takaossu.blog96.fc2.com/blog-entry-260.html





地震  Earthquake  Terremoto  Tremblement de terre

我が家は被害もなく元気です。

We are OK. Noi siamo OK. Nous sommes OK. Kazz Takao

Ta Ka Ossu の年賀状

別件ですが、ツイッターでは takaossu、FC2ブログでは kaossu、ミクシーでは ossu と自分を呼んでいる。本名のみよじは高雄。元気良く電話に タカオッ(で)ス! と出るので、こんな名前になってしまった。最近は、FC2もミクシーもツイッターもリンクしているので日記もつぶやきも似たような内容となっている。

さて、紙の年賀状は行き渡ったことだしWEBのお付き合いの人にはTEXTの年賀状をネット上に登場させてみよう。これはウサギ年にちなんでウサギ肉を食べる文化にひっかかっている。




イタリア Canale の野ウサギ
うさぎ


フランス語では ラパン(Lapin)、イタリア語ではコニーリオ(Coniglio)、日本語ではウサギと言う。今年の干支になる可愛い動物であるが、時と場合によっては食べられる運命にある。
Davide.jpg
サッパリしていて濃い味は、実の所、とても美味しい。この肉はCanaleの友人シェフ Davide 作。本当に本当に美味しいのだ。
この味を知っていると人生満足。知らないより知っている方が絶対得をする。
Lapin.jpg


肉やら魚を食べている人が野蛮とかかわいそうだとか言う権利はないでしょ。物事の寸法はそれが入っている器によって大きさも異なって表れる。
別の言い方をすれば、親しんでいる文化によって同じものが善にも悪にもなる。文化の差はウランの半減期レベルで縮まない・・・が、
世界中の文化のギャップをお互い認識する文化を私は創りたい。


Twitter: http://twitter.com/#/takaossu
BLOG: http://takaossu.blog96.fc2.com/
MIXI: http://mixi.jp/show_profile.pl?id=1726074 キーワード→ オッス


ところが、こんな内容では相応しくない人や、ウサギを飼っている人にはソフトな無難写真年賀状も送った。

一言のコピーは相当考えてこれにした。

   豊かな時間を過ごす
IMG_6028.jpg

その他、3枚の写真にこの一言とA HAPPY NEW YEAR 2011 を書いてある。



宜しくしてくれなくていいが、(挨拶で)今年もよろしくお願いします。
m(_ _)m


高校ラグビー

高校ラグビー全国大会で引き分け両校優勝の片側、桐蔭学園は我が母校なのだ。それでかつ、中学の時には(似合わないが)ラグビー部にてフッカーをやっていた。スクラムの前の真ん中でボールをかき出す人。足は、相当長かったので(うそ)短いのによくあそこのポジションをもらえたものだ。

あんまりというか、全然スポーツ観戦に興味が無い私は今日の新聞を読むまで、我が校が活躍しているのは知らなかったが、普段は飛ばしてしまうスポーツ欄も読んで見た。監督の作戦はパスを多用して向こうの陣地に切り込むようだ。昔のフランスは、シャンパンラグビーと言って泡が立ち上るようにパスを連続しつつ攻撃していたそうな。

とにかく、知っている学校が優勝するのは嬉しい物だ。

更に似合わないが、お上品で綺麗好きだった私の転機はラグビーから。あんなに泥と汗にまみれてきれいごとは言えなくなった・・・

七草

なるほど、1月7日の朝にこれらを入れてお粥を作るのかぁ。
これは年末に売っていた七草が入っている植木。もちろん、食べてもいい。センスがよろしい◎ ダイコンもカブも入ってるのだ。
IMG_8749.jpg



芹(せり)

薺(なずな) ナズナ(ぺんぺん草)

御形(ごぎょう) ハハコグサ(母子草)

繁縷(はこべら) ハコベ(??)

仏の座(ほとけのざ) コオニタビラコ(小鬼田平子)

菘(すずな) カブ(蕪)

蘿蔔(すずしろ) ダイコン(大根)

名古屋

用あって名古屋滞在中。目的地の近くということと泊まっていれば駐車場を何回でも出し入れできるというメリットがあるので、東急ホテルに泊まることにする。あと、車の高さが1900mmあるルノーカングーが駐車できるのも条件。
IMG_8262.jpg

チェックインタイムは14:00、チェックアウトは12:00と日本のホテルにしては良心的(滞在可能時間が長いということ)。 350キロを5時間程、順調に走れて13:00頃に到着してしまう。ダメもとでチェックイン可能かどうか聞いてみると入れるとの事で早々に部屋に入ったら、禁煙ルームに関わらずタバコ臭い・・・× 前のお客が違反を承知で吸ったのが予想付く。部屋を交換してくれと頼んだら、レセプションの彼はかなり画面とにらめっこしながらバチバチKBDをたたいて悩んでいる。こちらが早く着いたのでまだクリーニングが済みの部屋が少ないのは予想が付く。「無ければ後でまた来ますけど・・・」とソフトに提案してみたのだが、少ししてカードキーを機械に入れてDATAを打ち込んでいる・・・ということは部屋があったということだ。
IMG_8279.jpg

IMG_8282.jpg

IMG_8261.jpg

「禁煙ルームが只今ふさがっておりまして、EXECTIVEの部屋をご用意いたしました」 これは、ラッキーアップグレード◎ 自慢だが、最低の価格で予約をしてあるので、正規料金の半分位の1部屋13500円で、正規料金2650円の朝食が2人分付属している・・・このレベルのホテルにしては破格値なのだが、更に部屋はエクゼクティブルームとなると更に値段は2倍位するはず、そしてエクゼクティブの中でも広い部屋だった・・・別に私はクレーマーではないし、控えめに部屋交換を依頼しただけなのに。

人生行いが良いとこういうこともあるということ。

自転車のルールを守る文化を創りたい

これは、どのようにしてでも守る文化を創りたいぞ。 小学生から基礎教育だ。50年後には文化も定着することだろう。左側通行、無灯火、一時停止、少なくとも事故に直結する内容から取り締まって欲しいな・・・
前にも書いたが、取締りを厳しくすれば守る日本人。文化が定着するまでは罰金取るようにしたら事故は減るはず。

自転車のルール、守ってますか?
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1289811231215.html

自転車の違反

フランスでは自転車も自動車と同じように道路標識を守らないと違反となり罰金を実際取られるらしい。日本でも交通違反はあるが、罰金というのはあまり聞いたこと無い。

無灯火、一時停止違反、右側通行、傘 せめてこれらだけは1万円ぐらいの罰金を取って欲しい。小学生でもだ・・・小学校の授業で厳しくしつける、罰金を取られるという同意を日本中に流布するなど・・・ これだけで交通事故はかなり減ると思うぞ。悲しいかな日本人は決まりがあっても守らないが、罰則があると守る傾向にある。


ちなみに・・・ (WEBで調べたら)

・酔っ払い運転 → 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
・夜間、無灯火で走行 → 5万円以下の罰金
・2人乗り運転 → 2万円以下の罰金又は科料
・傘を差しての片手運転 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・携帯電話、メールをしながらの運転 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・信号無視 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・並んで走る → 2万円以下の罰金又は科料
・歩行者妨害(歩行者への注意や徐行の怠り)→ 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・歩行者に衝突、逃走 → 1年以下の懲役、又は10万円以下の罰金
・一時停止違反 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・故障したまま乗る → 5万円以下の罰金
・右側通行運転 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・ベルをリンリン鳴らしながら歩道を走って、歩行者を退かそうとする → 2万円以下の罰金又は科料
・歩行者の横を猛スピードですり抜ける → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・徹夜や過労でフラフラになり、自転車に乗ってふらふら走る → 1年以下の懲役、又は30万円以下の罰金
・見通しのきかない交差点に徐行しないで突入 → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・前の自転車を追い抜く時、左から抜く → 3ヶ月以下の懲役、又は5万円以下の罰金
・ハンドサインを出さずに右折、左折、停止する → 5万円以下の罰金
・ブレーキが故障したまま走る → 5万円以下の罰金
・交差点で右側車線に入り、そのまま右折 → 2万円以下の罰金又は科料


自転車事故 子供が衝突し賠償
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20101107k0000e040012000c.html



究極のトランスフォメーションは死

サナギが蝶になる、おたまじゃくしがカエルになる。こんなのをトランスフォメーションと呼ぶ。変化とは少し違いもっと壮大な全然異なる物に豹変するようなイメージ。トランスフォーマーと言う映画もあったが、この言葉も最近耳にすることが増えた。

起床直前のアルファー波が脳を飛び交っている時、夢の中で新しいそして良いアイディアが浮かんでくる。ふと考えたアイディアが起床した後にも記憶に残っている場合には、紙に書くなりPCに打ち込むなりして覚えておくことにしている。この文章(タイトル)も目が覚める直前に全貌が見えた・・・



ここから先は少しオカルトチックで、精神世界に入ってしまう内容なので、興味が無い人やらこの世界を理解したくない人、理解できない人やら怖い人は読まなくていいかも。


 ***

人間生まれてから死ぬまでの間に、身体は成長し・老化する。そして、機能を果たさなくなった時に運動を停止する。たんぱく質を基本に色々な原子の集合体の化学変化と細胞分裂・解体を繰り返しながら、最後は各々の分子に分解され安定する(ほとんどがカルシウム≒骨ということだ)。簡単に書けば、身体は化学変化によって成長するバイオロボットのようなものだ。その制御に使われるのは、脳のシナプスに流れる微少な電圧(数十マイクロボルト)。この脳のニューロンは3次元の網の目をランダムにつなぎ合わせたようなもので、この構造は想像を絶するものに違いない。

今これを読んでいるあなたの目にある視神経は、この文字を電気信号に変換して脳に伝達する。この情報を受け取った脳は過去からの経験から何か ”考える” と呼ばれる行動をしている。 ”わからねぇなぁ” とか ”おもしれぇ” とか・・・書いている私の映像が浮かんだり、関係ない事を考えたり・・・個々の体験は様々。これらの体内の化学変化・電気変化を”考える”と表現出来る。この考える事に関して、年齢と共に経験も積まれて過去からの情報も豊富になり、どんどん複雑になってくる。

ところが・・・身体の終焉(死)と共にこの記憶やら考えることも身体と同時に終わりになってしまうという概念が一般的には常識になっている。そう、脳がその役割を果たしていると仮定するならば、電圧の変化やらメモリーは消えてしまうからね。

そして、一部の人は輪廻転生とか死んだら神様になるとか言って、魂は永遠というのを信じている。つまり死後の世界があるということを信じている。そうかもしれないし、そうでないかもしれない。何故なら自分は死んだ事が無いから自分では体験出来ないからだ。そして分かった時には通常この世界に連絡が出来なくなっている。そして、キリスト教でも仏教でも、天国へ行ったり仏様になったりすると言われているでしょ。あながちそれは全くのでたらめではないと私は思っている。

驚くことに、ほんの一部の人間は、死者からのメッセージを伝える事が出来る(イタコとかチャネラーとか、色々、TVにも登場しているよね)。
・・・ということは死んだ後にも魂は存在していて、適切な媒介を通せば会話が出来るということだ。これを信じるかどうかは別にして、こういうのがあると仮定した場合に、ようやく表題にたどりつく。


生きている間は、身体と俗に言う 魂 は一体化しているが(くっついているという意味ではなく、同時に存在するという意味)、身体が動かなくなった時に 魂 だけが単独で存在することになる。こう考えると、生きている時の脳は電圧制御、魂は脳とはまったく別の作用(何だか分からない)によって機能しているということになる。生きている時は3次元の物理的制御の世界、亡くなったら?次元の??世界に行く。これは人間が体験できる究極のトランスフォメーションではないか? ・・・と思うのだ。

亡くなった時、身体は動かなくなったり、灰になったりしている。しかし、魂のメッセージを聞くことが出来た例を多数目の前にしてしまうと、信じる信じないは別にしてこの現象は体験したという所(本当にあるかも)に落ち着く。この体験をしたことが無い人は、ひとつの考え方としてこんなのもあるかもね・・・程度でよいと思う。


最近知人が亡くなったが、本人(=魂)はトランスフォームして身体から分離しただけだなと思う。動きが悪くなって古くなってきた身体を手放しただけだな・・・とも思う。この3次元の世界を卒業して、次の次元での活躍をしているのではないか。

軽くなったね、良かったね◎




余裕 と Twitter

余裕がないと日記を書く暇をつくらないし(作れないわけではない)、書く気もしない。色々な人から火山の事を言われるので急いで火山話題は書いたけれども、7日延長して23日間もイタリア・フランスにいたので沢山の経験をしたのだが、書く余裕がない。

色々な人に世話になったり、ご馳走してもらったりしているけれども、そんなお礼のメールでさえ書いていない人がいる。時間にすれば5分で書けるわけであるが、コミットが無いのでスケジュールに入れることすらしない。

準備期間が終わったので少し余裕が出てきたので書き始めている所。


最近、TWITTERを登録しているメールに、フォローされましたのメールがよく届く。とは言っても、フォローされているは、まだ11人だけどね・・・これから、一生懸命かいてみるかな・・・
http://twitter.com/takaossu
でも、全然面白くない・・・・誰か面白い所まで連れてって。





グラミー賞

日本では昨日WOWOWで独占放送していたのだが、我が家にはケーブルテレビは入っていてもワウワウには加入していない。普段はこのチャンネル必要ないので加入はしていないのだが、2月だけは見たい番組がある。それは、このグラミー賞とアカデミー賞の授賞式なのだ。抜粋版を時々他のチャンネルでやる時もあるが、全部を見せてくれるのは日本ではWOWOWだけ。

毎月払うのはちょっと・・・だが、スタート割 というシステムだと初めの2ヶ月で945円払えばいいことになる。それ以降は2415円となる。グラミー賞もアカデミー賞も2月か3月に毎年開催されるので2月1日に加入するとお得なのだ。

・・・ということで、昨日の2月1日にネットから加入。B-CASナンバーやらクレジットナンバーをインプットすると15分程で開通する。便利な時代となったものだ。あ、ケーブルとかパラボラアンテナが付いてる人だけね。

http://join.wowow.co.jp/kanyu_html/

急遽、21:00~24:00までやっていたグラミー賞の再放送をHDDへ入れる。残念ながらこれ以降の再放送は計画されていないようだ。これを読んで、見たい人は来年まで待つしかないな。今年のアカデミー賞は3月8日だそうだ。それには間に合うね。


さすが、アメリカのパワーを感じる3時間。マイケルジャクソンの EARTH SONG には大物が歌い、現地では3Dで放送して映画とリンクした映像も流れる。エルトンジョンとレディーガガのYOUR SONG、ジェフベックがレスポールを弾いて泣きのギターも聞かせる。
ボンジョビも初めてグラミー賞へ来たし、日本では”ピー音”は鳴らなかったが言いたい放題だろうと予想されるエミネムを含めラップもいい。タランティーノ監督のプレゼンターも切れていて◎ 知らない新人もいるし、大昔から知っていた人もいるし・・・  それにしても・・・アメリカのパワーはすげぇな。


早くもYoutubeに登場。消されるまでは見られるでしょう。
しかし、自動的にクリックしてもエラーとなり、移動しない時は、
URLをコピーして貼り付けて下さい。

ジェフベックがレスポールを弾いてる所
http://www.youtube.com/watch?v=UdcUvhq_3do



これが、マイケルジャクソン追悼の場面 (こっちは是非見るべし)
http://www.youtube.com/watch?v=gxR9DSNVnY0&translated=1&fmt=18


ニアミス

ニアミス

タイトルを”すれ違い”とどちらにしようかと思ったがニアミスにしてみよう。インターネットでブログを書いていると知らない人が見に来ることが多い。たまたまその人の趣味や生き方が似ていると共感してしまう場合がある。そんな時は過去の日記を読んだり、ブックマークして更新を待つことも多い。

更に気に入った場合には、読むだけではなくて (自分の事を知ってもらいたくて・・・私の場合はね) コメントを書いてしまうこともある。そんなコメントは書いている人の心をくすぐり (私の場合はね) お互い共感する関係になる場合もある。MIXIでは、マイミクになってもらい日記の更新が分かるようにしてもらう風にもなる。そして、楽しい個人的なメールをしたりメッセージを送ったりするようになる。ここまでくればインターネット友達になったと言えるだろう。

自慢だが、私にはそんな関係の(美しい?)女性が海外に数人いる。まだ会ったことも無い人もいるし、機会を見つけて生で会った人もいる。


●”突然ですが”でパリに行った話をしたら、丁度同じ日にパリ15区でやっている サロン ド ショコラ に行っていた yu-ri さん。彼女はルクセンブルグでパティシエをやっている。その日は泊まらずに帰ったらしいが、知っていたら会えたかもしれない・・・


●パリのNATIONのホテルに泊まっていたが、こちらが出発した数日後にスイス ローザンヌに住んでいる Midonaise さんが近くに泊まるとのこと。お互いこれだけパリに行くのだから会えてもいいはずなのにいつもすれ違い・・・

彼女が東京に出張時に意識的に時間を作って初めて生で会いました。この件はいつか載せられるかも。


●スイス ジュネーブに住んでいる、YKNK さん。この人は私のブログにコメントを書いてくれたのでこちらの推薦するレストランを紹介したら、そこへ行ってくれる貴重な人。突然アルバのトリュフ市に来るとの連絡を受けていた。我が愛するレストランのALL'ENOTECAのランチの予約が取れたそうなのだが、丁度その日の夜にこちらの予約が入っていた。なんだ、昼と夜と同じ場所にいるのに、接点が無くて会えない。

更に、こっちが前日泊まっていたのは、チェーン店のトリノにあるホリデーイン。そして彼らが泊まるのが同じくホリデーイン、こっちはCANALEのホテル。どこかですれ違っているのだろうか・・・


●ふだんNYにいる ♪└(^o^)┐♪ さん。彼女が日本に帰ってくる時は、こっちが海外といつもすれ違い。今回はお互いに日本にいるのでチャンスはあるか?? 


・・・と見てみると、ブログを書いていると色々とお友達ができて楽しいな。何事も真剣に広がる方へリスクを取って関わってると経験値が増えると言うわけだ。狭まる方へ安全に暮らしていると何事もない代わりにつまらない人生となってしまう。



かたづけ士

最近注目を浴びている”かたづけ士”がいる。知る人ぞ知る彼の名前は小松易(こまつ やすし)。木曜の深夜にNHK登場なので、緊急連絡。

「ドキュメント20min(トゥエンティミニッツ)」~「参上!かたづけ士」
NHK総合11月5日(木)深夜24:10~24:30
    =11月6日(金)0:10~0:30
http://www.nhk.or.jp/20min/onair/20091106.html


少し前に”ガイヤの夜明け”に出ていたと思ったら、最近よくTVに登場する。
彼はかたづけてくれるわけではなく、かたづけのコーチをしてくれる人なのだ。

「仕事の間に探し物をしている時間は、1年間で50時間以上とも言われている」
                      ↑
これを聞いてしまった経営者としては、対策を立てたくなる・・・
なんと時代に合ったユニークな発送なのだろう。


彼のブログ
http://ameblo.jp/katadukeshi/day-20091104.html

友人でもあるので頑張ってもらいたいと応援していたがもう大丈夫◎




Comfortable

年に数日だけ、満足の気温、満足の湿度、満足の風速、そして満足の雰囲気という日がある。台風後の東京はそんな空気が漂う。今日の午後はタイトルどおり ”Comfortableな日” だ。日本語の ”心地よい日” だと微妙なこのニュアンスが伝わらないと感じる。

心なしか酸素の濃度も高い気もするし、呼吸までが楽に出来る気もする。この雰囲気の中、ヘッドフォンをつけて街を歩くと脳波のクロックが徐々に下がってきて目をあけていても、α波が時々出現する。リラックスしているということだ。

この心地よい雰囲気がずっと続いてくれれば嬉しいが、電話も鳴るし、車も通る、人々の声も多少聞こえる。世の中ストレスを受け取る方向に向かわせてくれる事象に囲まれている。

出来る事なら、1日1回でも週に1回でもいいから、リラックスする時を堪能しよう。そんな環境がなければ作ればいい。真っ暗で静かな部屋にいても良いし、iTunesを立ち上げて、ゆっくりめの曲をかけて、画面をフルスクリーンにしてビジュアライザーを眺めていても良い。

少なくともこのような環境が提供されている間はこれを享受しよう。いつでも元に戻れる事だし。


THE DARK SIDE OF THE MOON

THE DARK SIDE OF THE MOON

Pink_Floyd-Dark_Side_Of_The_Moon.jpg


人生で最高の映画と聞かれたら、”2001年宇宙の旅”をあげる。
人生で最高に美しい物は、”皆既日食”と答える。
人生で最高のコンサートは、代々木で見た ピンクフロイドと言う。
人生で最高のアルバムと聞かれたら、この ピンクフロイドの ”THE DARK SIDE OF THE MOON” を選択するだろう。そう、日本語のタイトルは ”狂気”

これを初めて知った中学生の頃は、月の暗い部分 という意味も分からなかった。この緻密な音と曲が繋がってる組曲(?)というのは、当時はかなり衝撃的だった。こんな音があったんだ・・・と

一番好きなのは・・Any colour you like. お好きな色を だって・・・わーサイケデリックぅ~ 時代が時代だったら、これを聞きながら旅行をしてしまったかもしれないな。

YOUTUBE http://www.youtube.com/watch?v=B0_-F18ztxg 3分26秒

ライブ(新鮮だ、US AND THEM から~) http://www.youtube.com/watch?v=9YO_uhqH4jY&feature=fvw 10分25秒 このライブを見てくれ!

バンクーバーライブ(もっと新鮮だ・動かない) http://www.youtube.com/watch?v=9awcAGMwPmk&NR=1

このアルバムをそれなりに説明している Wikipedia(狂気・ピンクフロイド) より...

本作はアメリカのビルボードチャート200位(The Billboard 200)以内に15年(741週間)に渡って、またビルボードのカタログチャートでは28年以上(1530週以上)に渡ってランクインするというロングセラーのギネス記録を打ち立てた歴史的なアルバムである。
    ・・・・
全世界での売上枚数は4000万枚とされている。

これだけ売れということよ。


そして、最後の・・・渋い声(この声は女性の好みにもなってしまいそうだ)

Gerry O'Driscollによる「There is no dark side of the moon really. Matter of fact it's all dark(本当は月の暗い側なんて存在しない。何故なら、すべてが闇そのものだから)」

うううん、素敵だ・・・



何故今頃この話題かと言うと、MIXIのピンクフロイド コミュニティーで、昨晩の23:17分読んでいる全員でこのアルバムをスタートさせて、0:00に終わらせようというイベントがあったから。気が付いたのが遅くて少し遅れての参加だったが、日本で(世界で)何百人が同時に”狂気”を聞くというのがなかなか新鮮だったので私も参加してしまった。 ↓メンバーだけです
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=46474917&comm_id=6772&page=all

これが終わっても2回目の視聴中。最高の一枚であることは不動だ。

本日は日食

   <リマインダー>   本日は日食です

★一秒以内で・・・
本日、日本時間11:00頃、太陽をサングラスを通して見るとかなり欠けているのを見られます。でもそれだけです。今晩のニュースを見ましょう。
★注意、注意 1秒ならいいけど長い間見てしまうと目がつぶれるので注意
日食グラスならば長い間見ても大丈夫です。
o0525070010200360566.jpg

この赤い線の内側にいる人は、皆既日食がみられます。いる人は知ってるでしょうけどね。地球規模で言うと、本当に細い線上で見られる自然現象。

皆既日食2009

皆既日食とは太陽と月と地球がこの順番で一直線になり、地球上のその軸の上にいる人だけが見ることが出来るかなり稀な現象。偶然だか神様の仕業だか分からないが、地球上で見る月の大きさと太陽の大きさがほぼ同じなので、その時の月が地球に近い距離にあると皆既日食(全部かくれる日食)、月が地球から遠いと金環日食(太陽が輪ゴムのように淵だけになる)となる。中心軸からずれる場所にいると、部分日食となり月の満ち欠けのように太陽が欠けるのだが、光線が強くてほとんど分からない。

地球と月との距離によって、皆既時間が決まってくる。1991年ハワイ-メキシコ日食の時は、6分58秒という長い時間皆既状態を維持した。普通は2分とか3分なのだ。



人生で、かつて3回皆既日食を見に行った。これはかなりの病気である。一度かかってしまうと、また見たくなるという習慣性がある。 かなり治療できたので、今回は見に行かないですむ。

来週の7月22日、インドの方から中国、日本の南の島を通り南太平洋までの細い線上にて皆既日食が見られる。それ以外の所では部分日食となる。中心に近ければ三日月みたいに欠けた太陽となる。ちなみに、東京では9:55から欠け始め、11:12,58'が最高となり74.9%が隠れる。
TSE2009globe1a.jpg

この写真では青い線上にいると、皆既日食になりこれ以外だと部分日食だ。今回は丁度上海の市内を通るので、多くの中国人がこの光景を見ることだろう。奄美大島や屋久島でも見られるので、多くの日本人が南へ移動する。勿論もう飛行機は取れないし、ホテルも取れない。雨やらスモッグで太陽が見られない時は、残念ながら暗くなる昼間を体験するだけとなってしまう。


皆既状態の時、月が太陽を全部隠してしまうので、世の中が昼間でもまっ暗になってしまう。フランスのランスへ行った時は、皆既中バスはライトを点灯していた。

更に普段太陽光線が強くて普段見ることが出来ないコロナやプロミネンスを見ることができるのだ。このプロミネンスの深紅というか濃いピンクというかこの赤色は人生最大の美しい物として存在している。ほんとうに綺麗なのだ。太陽が再び顔を出す瞬間に見られるダイヤモンドリングも超美しい。この数分のために数十万円かけて海外まで出かけてしまうというのは、もったいないようで贅沢な使い方。それでも充分PAYできる価値がある。

私が見に行った皆既日食(ちなみに生きている間に日本の本州ではまだチャンスは無い)
1988年 3月18日 日本領域 小笠原沖300キロ海上
1991年 7月11日 メキシコ カリフォルニア半島の先端、カボサンルーカス
1999年 8月11日 フランス ランス

皆既時間に近づくと、夏にもかかわらずあたりはヒンヤリとしてくる。昼間なのに夕方のようにあたりは暗くなってくる。水平線や地平線が見られる場所だと、360度一周の夕焼けを体験できる。この異様な体験はなかなか出来るものではない。

ううううん、もう一度見たいぞ。国内ではあと2回、2009年7月22日屋久島で見ることが出来る、生きていたら2035年9月2日水戸と新潟を結ぶ線上でも見ることが出来る。私の人生で生きている間に本州で見ることが出来るのは1回だけだということだ。若い人なら2042年鳥島でも見られる。残念ながらこの歳生きていたとしても船に乗ってここまで行くのは少し難しそうだ。

宇宙の神秘は壮大なものだ。




あらじぃ

Around じじぃ にはまだ程遠いが (もしかしたら訪れないかもしれない)、世間で言う所の年齢だけはあなたや赤ん坊さえも含めて1年1年着実に近づいている。私の誕生日から数日過ぎたあたりでサプライズ。わがチームメンバーから祝福を受ける。
200906032148000-1.jpg

細長いケーキが登場。確かにこれなら薄く切って皆で食べることが出来る。味もまた美味しい。
さすがに "ん本" のロウソクを立てて火をつけるわけにもいかないのでロウソクは無し。
「誰か写真とって・・・」とケーキの写真を撮ってもらうとしたら、”私を撮って”という風に伝わってしまったようで、周りにいた10人位チームメンバーが携帯を取り出す。一瞬スターになった気分である。

その他、美味しい日本酒もいただいて、ダブルで嬉しい。皆さんどうもありがと。
IMG_0022_convert_20090604223355.jpg
上喜元 これで ”じょうきげん” と読む (≒上機嫌)というわけだ 。

2009

昨年の経験値の増加量は過去最高値
毎年毎年増えてゆき、色々な事に首をつっこんで、
色々な所へ行き、色々な経験をし、
どんな状態であろうと、前進している・・・
さて、2009年 何をやらかすやら、どんな達成があるのやら・・・

秋の日差し

秋の微妙な空気は身体の新陳代謝を促進する。日向にいれば暖かく、日陰に入ると肌寒い。空気の温度というものを感じる瞬間。IMG_4083_convert_20081012075913.jpg
写真は秋のトスカーナ

Home > その他話題

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。